住宅・一戸建てリフォームのリフォーム情報

住宅・一戸建てリフォーム

一軒家の住宅リフォームには、中古住宅を購入した際のリフォームや老朽化などが進み改修という意味でのリフォーム、より快適に住むためのリフォームなどがあります。
複数個所のリフォームを一度に行うことで工事費用の割引などを行っている業者さんも多いため、一戸建てのリフォームの際には複数個所をまとめて行う人も多いです。

戸建てはマンションとは違い床材などに指定がありません。そのため好みに応じて材料やリフォーム方法を選びやすいのが戸建住宅リフォームの特徴でもあります。
保証の有無や耐久性などにも注意してリフォーム材料や方法の選択をすることが大切です。
複数の業者さんからの見積もりや提案を参考に、信頼できる業者さんを選択することがとても重要となってきます。

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

住宅・一戸建てリフォームのリフォーム情報をさらに細かく見る

防水工事にはウレタン防水、シート防水、FRP防水、アスファルト防水などがあります。 工法にもよりますが、一般的に10年~15年に一度防水修理や防水工事を行います。

最近では地震に強い耐震住宅という家が人気です。 耐震に問題のある家もまだ多いため、そのような場合耐震工事を行い地震時の安全性を高めることが大切となります。

一戸建てのリノベーションは間取りや床材、設備などの自由度が高いことが魅力です。 中古一戸建てのリノベーションの場合は構造面の工事が必要な場合もあるため、事前にしっかりとプランを立てることが大切となります。

戸建て住宅の工法によるリフォームの自由度とは?

戸建て住宅には4種類の工法があり、リフォームの自由度に差があります。
特に中古住宅を購入してのリフォームを検討している場合には、建築工法によるリフォームの自由度に注意が必要です。

image

戸建て住宅には、在来工法と呼ばれる木造軸組工法鉄骨系プレハブ工法木質系及びコンクリート系プレハブ工法2✕4(ツーバイフォー)工法の4種類の工法があります。

中古の一戸建て住宅を購入してのリフォームを検討している場合、工法によって間取り変更などのリフォームの自由度に違いがあります。

木造軸組工法や鉄骨系プレハブ工法では、リフォームの自由度が高く間取り変更なども比較的自由に行いやすいのが特徴です。

しかし、木質系及びコンクリート系プレハブ工法や2✕4工法では間取り変更は難しいことが多いため、間取りが細切れになっているタイプの中古住宅を購入し広いリビングを設けるリフォームをしたいと考えている場合などには工法に注意する必要があります。

戸建て住宅でも制限が!防火地域や準防火地域での部材の制限とは?

地域の土地の利用用途や建物密集度などを考慮し、防火地域や準防火地域に指定されている地域があります。
防火地域や準防火地域では、窓や玄関ドアなどをリフォームする際にも制限があります。

image

防火地域や準防火地域に指定されているところに建つ住宅では、リフォームの際に使用する部材にも制限があるため注意が必要です。

玄関ドアは一定の厚みのある鉄製ドアもしくは防火認定を取得したアルミ製ドアを使用する必要が、延焼の恐れがある窓にはスチール製サッシもしくはアルミサッシで網入りガラスを使用する必要があります。

また、外壁にも鉄網モルタルや鉄網モルタルタイル張り、防火認定を取得した窯業系サイディングや金属板サイディングを、屋根には桟瓦やスレート、金属板を使用することが定められています。

このように、リフォームに使用する部材などに制限が定められているため、事前に十分な確認を行うことが大切となります。

水まわりの移動は排水経路などに要注意!

マンションと比較して、戸建て住宅は水まわりの移動の自由度も高いのが特徴です。
水まわりを移動したい場合、排水経路や給水経路、換気経路の確保が必要です。

image

水まわりを移動は、戸建て住宅の場合比較的自由に行えます。
浴室やトイレ、キッチンなどを移動したい場合には排水経路や給水経路、換気経路を考慮する必要があるため、移動可能な範囲の制限があります。

中古住宅を購入して水まわりを移動したい場合、希望の位置に移動することができるかどうか事前に確認しておきましょう。

また、排水マスの移動が伴う場合など、移動方向によってリフォーム価格が高額になってしまうケースもあります。

2階部分にトイレを増設するリフォームはよく行われますが、トイレを上階に増設する場合には1階部分のトイレや水まわりの上部分に増設すると配管面などからリフォームしやすいため、水まわりの位置などを考慮して間取りを決定すると良いでしょう。

もっと知りたい!住宅・一戸建てリフォームのポイント

住宅・一戸建てリフォームの価格相場

住宅・一戸建てリフォームでは、数十万円~数百万円の範囲での工事が多くなっています。
90万円以下の住宅・一戸建てリフォームの工事例としては、外壁塗装やカーテンレール・網戸の交換、地盤改良などがあります。
次に多い90万円~180万円では一部屋増築などがあり、さらにもっとも高額な810万円以上の工事としては、はなれの増築や家の前庭的なリフォームが住宅・一戸建てリフォームでは多いです。

住宅・一戸建てリフォームに対応可能な業者さん 1048社

みんなの口コミ・評判ランキング

1位

(株)日本住設

口コミ数:95   みんなのおすすめ率:95% 登録日: 2007/05/30
50代 男性 

価格的に合理的な提案をいただいたところ。
工事中になぜかブレーカが落ちましたが、丁寧に説明いただいたところ。

40代 男性 

迅速でした。価格も相応でした。

40代 男性 

代替え案をご提案頂き、お客様にも喜んでいただきました。

もっと見る 
2位

備中屋

口コミ数:461   みんなのおすすめ率:89% 登録日: 2013/01/28
30代 女性 

とても親切に対応してくださり、連絡も早く、また料金も1番安かった。
そして扉と床はとても綺麗になおり、主人も大満足しておりました。

40代 男性 

仕事が早く丁寧でした

40代 女性 

早急に対応してくれて他の補習箇所も見てくださった

もっと見る 
3位

マクスロムインテリアデザイン

口コミ数:585   みんなのおすすめ率:98% 登録日: 2011/01/21
50代 男性  住宅・一戸建てリフォームを依頼

大変親切に現地調査いただき原因はほぼ確定しました。しかし、今後新たに専門業者を見つけ再度見積依頼をおこなわなければならないのでどうするか検討中。

50代 女性 

メールのやり取りだけでわからないこともあり現地調査にもきてくれ
とても丁寧に施工していただきました。

30代 女性 

見積もりが本体価格+作業費で明確に提示して貰えた。
見積もり額が数社の中で最安値だった。
最短の着工日で対応してもらえた。
作業時間が短く、仕上がりも綺麗だった。
ついでに家の気になる箇所についても相談にのってもらえた。
クレジットカード払いに対応している。

もっと見る 
困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

住宅・一戸建てリフォーム見積もり価格差ランキング

家仲間コムのリフォーム見積り依頼では、以下のような割安な見積りも提示されています。

1位
価格差:
700,000円
(35%安)
2位
価格差:
3,800,000円
(35%安)
3位
価格差:
400,000円
(33%安)

依頼を検索

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

住宅・一戸建てリフォームの施工事例

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介