水回りリフォーム・修理のリフォーム情報

水回りリフォーム・修理

水回りは毎日使用する場所なので清潔で使い勝手のよいスペースにしておきたいものです。
しかし、使用頻度の高さから劣化もしやすい場所なので、水回りは修繕などの水回り工事が定期的に必要となります。
水回りの改装を行う際は、使いやすいことはもちろん、耐久性も考慮して製品や材料を選ぶ必要があります。

水回り修理・改装など水回りリフォームを行う際には、水まわりの施工経験の豊富な専門業者さんに依頼することが大切です。
水廻り専門業者さんでは適した製品の提案もしてもらうことができるほか、保証やアフターメンテナンスが充実していることが多いです。

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

水回りリフォーム・修理のリフォーム情報をさらに細かく見る

キッチンは毎日使う場所なので清潔で使い勝手が良いことが大切です。 システムキッチンのデザインや使い勝手、生活動線なども考慮したうえでキッチンリフォームを行いましょう。

洗面所リフォームの際は、家族構成や生活スタイル、また洗面台のお手入れのしやすさなども考慮します。 洗面台収納力、床材の腐食しづらさなども考え洗面所リフォームを行うことが大切となります。

バスルームのリフォームの際には、快適性やお手入れのしやすさを重視します。 特に在来型浴室の場合は機能面で優れたユニットバスへのリフォームを行うのも人気です。

トイレの改装の際には快適性やお手入れのしやすさを考慮して行いましょう。 また、便器交換と床張替えなど複数のトイレリフォームを同時に行うとお得な場合もあります。

給湯器は8年~15年程度で寿命を迎えます。 給湯器設置から8年程度経ったら定期的に点検をしてもらい、劣化が認められた場合早めに給湯器交換を視野に入れましょう。

見た目だけではわからない!水まわりの劣化とリフォームのタイミング

水まわりは15年~20年程度使用したらリフォームを行うのが一般的です。
しかし、下地部分の腐食などが進行し、気付かないうちに水まわりから家全体の寿命を縮めてしまっている可能性があるため注意が必要です。

image

水まわりは見た目ではわからないところで劣化が進んでいる可能性があります。
特に在来工法の浴室は、15年程度経つと土台となる部分の腐食や水漏れ、ひび割れなどが起こりシロアリの発生原因となってしまっているケースもあるのです。

浴室と隣接した脱衣所の床に違和感を覚えたら浴室部分の土台腐食も進行している可能性が高いため、浴室の劣化が感じられなくてもリフォームや修理工事を行うようにしましょう。

また、シンクの汚れやタイルの汚れが取れにくくなったと感じたときなどもリフォームのタイミングです。

完全に故障してからではなく、15年程度経ったら水まわりリフォームや修理工事の計画を立て始めると良いでしょう。

マンションでの水まわり移動 配管移動の自由度とは?

マンションではPSと呼ばれる配管スペースがあり、PSは共有部分であるため移動することができません。
キッチンや浴室などを移動する場合、PSの横管への傾斜をつける必要があります。

image

マンションでは、水まわりを移動するリフォームに制約があります。
PSと呼ばれる配管スペース部分は移動することができないこと、また、配管スペースまでの横管に傾斜が必要であるという点です。

傾斜が必要な理由としては、傾斜がないと水が逆流してしまったり流れなかったりという現象が起こってしまうためです。

例えばキッチンを移動して排水口を新設する場合、横管には1/50(1mにつき2cm)の勾配が必要となりますが、柱などの障害物があり配管距離が長くなってしまう場合には床の高さを上げる必要も出てきます。

床の高さが上がってしまうと他の場所との間に段差ができてしまったり、かかる費用が大幅に増えてしまったりする可能性があるため、マンションでの水まわり移動リフォームの際には配管に注意してプランを立てる必要があります。

水まわりリフォームの際にはバリアフリーに配慮を

トイレや浴室などのリフォームをする際には、同時にバリアフリーに配慮した工事を行うと良いでしょう。
バスルームの段差解消や内開きドアリフォームなどを検討します。

image

水まわりのリフォームを一度行ったら15年~20年程度は同じものを使い続けることが一般的です。

そのため、水まわりリフォームの際にはバリアフリーの観点にも焦点を当ててプランを立てるようにしましょう。

特に40代以降で水まわりリフォームを行う際には、バリアフリーを考慮し15年後や20年後にも使用することを想定したリフォームを行うことが大切です。

浴室入口の段差ができるだけ少ないユニットバスにリフォームをする、トイレなどに手すり用の下地を入れておく、内開きの浴室ドアを引き戸や外開きドアに変更しておくなどの工事を同時に検討します。

水まわりリフォームの際に同時に行っておくことで、費用や手間を余計に掛かることを防げるほか、バリアフリーが必要となった時にスムーズに使用できるというメリットがあります。

もっと知りたい!水回りリフォーム・修理のポイント

水回りリフォーム・修理の価格相場

水回りリフォーム・修理の価格相場は数千円から100万円程度まで非常に幅広いです。
7万円未満の水回りリフォーム・修理は浴室やトイレの換気扇交換やレンジフード交換、浴室のドア交換など部分的な水回りリフォーム・修理が多いです。
14万円未満では給湯器交換が多く、21万円前後ではトイレリフォームが多くなります。56万円以上ではキッチンリフォームや浴室リフォームが多くなります。
水回りリフォーム・修理では部分的なリフォームや修理の件数が多いので7万円未満の比較的低額なリフォームに相場が集中しています。

水回りリフォーム・修理に対応可能な業者さん 585社

みんなの口コミ・評判ランキング

1位

平峰木工所

口コミ数:175   みんなのおすすめ率:97% 登録日: 2011/04/19
40代 女性  水回りリフォーム・修理を依頼

他でも見積もり依頼をしましたが、こちらでそちらよりもお安くできました。また機会があればお願いしたいと思います。

30代 男性  水回りリフォーム・修理を依頼

迅速な対応ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

50代 男性  水回りリフォーム・修理を依頼

有難うございました。

もっと見る 
2位

マクスロムインテリアデザイン

口コミ数:394   みんなのおすすめ率:99% 登録日: 2011/01/21
30代 男性  水回りリフォーム・修理を依頼

事前に頂いた情報ですべて満足のいく工事を施工していただいた。

40代 男性  水回りリフォーム・修理を依頼

とにかくこちらの質問などに対するお返事が早く、掲載からわずか4日で依頼にこぎ着けました。料金もこちらの希望を上回るほどの安さで、大変満足致しました。事業所がご近所でもあるので、今後もお願いしたいと思っています。

50代 男性  水回りリフォーム・修理を依頼

自分ではとてもできない作業でした。
うまいことやってくれました。

もっと見る 
3位

有限会社ジーニー

口コミ数:131   みんなのおすすめ率:99% 登録日: 2013/10/23
40代 男性  水回りリフォーム・修理を依頼

とても丁寧に対応いただきました。
価格、スピードとも満足しています。

30代 男性  水回りリフォーム・修理を依頼

詳細に且つ丁寧に説明にご提案、そして工事いただき大変助かりました。
やはりご提案の内容がメーカー別や機種別に説明いただけた点が決め手になりました。
金額だけの提案よりも検討する上で参考になりました。

30代 男性  水回りリフォーム・修理を依頼

丁寧に対応頂きありがとうございました。

もっと見る 

おすすめプラン紹介業者

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

水回りリフォーム・修理見積もり価格差ランキング

家仲間コムのリフォーム見積り依頼では、以下のような割安な見積りも提示されています。

1位
価格差:
70,000円
(35%安)
2位
価格差:
90,000円
(35%安)
3位
価格差:
200,000円
(33%安)

依頼を検索

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

水回りリフォーム・修理の施工事例

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介