雨戸(窓シャッター)リフォーム・取り付け・交換のリフォーム情報

雨戸(窓シャッター)リフォーム・取り付け・交換

台風の時などの強風・強雨から窓を守るためには雨戸や窓シャッターが有効です。
雨戸や窓シャッターは窓ガラスの破損を防ぐ役割はもちろん、プライバシー保護などの役割を果たすものもあります。
また、古い住宅などに多い木製の雨戸は劣化が進んでいる場合が多いため、早めに雨戸の修理を行うか安全性を考え耐久性の高いタイプの雨戸に交換すると良いでしょう。
窓シャッターの場合も、劣化によって開閉がしづらくなるなどの症状だけでなく破損し防犯面や大雨の際の安全面で支障が出る場合があるため早めに窓シャッターの修理をしましょう。

特に古い木製雨戸は、一度雨戸を取り外してアルミ製の雨戸に取り替えするという工事が人気です。
アルミ製雨戸はメンテナンスが簡単で劣化しづらいといった特長があります。

雨戸や窓シャッターは電動タイプや採風にこだわったタイプなど様々な種類があるため、生活スタイルなどによって設置する雨戸や窓シャッターをを選択します。
保証やアフターメンテナンスサービスの有無を確認したうえで、窓まわりの専門のリフォーム業者さんに雨戸工事や窓シャッター工事を依頼すると安心です。

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

横引き雨戸と窓シャッター それぞれのメリットデメリット

窓を雨風から守ったり防犯目的として使用したりするアイテムには、大きく分けて横引きタイプの雨戸と縦開閉タイプの窓シャッターがあります。\r\n
強度や開閉の簡単さなど、それぞれにメリットがあるため地域や生活スタイルに合わせて選択することが大切です。

image

防犯目的や、強風時の窓ガラス保護目的、飛来物からの保護目的などで窓に雨戸や窓シャッターを取り付ける際には、大きく分けて二種類のタイプから選択します。

一つは昔ながらの横引きタイプの「雨戸」、もう一つは縦に開閉する「窓シャッター」です。

雨戸は窓シャッターと比べて安価ですが、開閉時にサッシを開けて開閉する必要があるため虫や雨が室内に入ってきてしまうことがあります。

また、窓を開けなければいけないため外気が室内に侵入してしまい、室温が変化してしまうというデメリットがあります。

窓シャッターにも電動タイプと手動タイプがありますが、開閉が簡単な電動タイプの窓シャッターが人気です。

電動タイプの場合には室内からリモコンで開閉することができるため雨や虫の侵入の心配がなく、室温の変動もありません。

毎日開閉する雨戸や窓シャッターは、開閉が手軽であることは選択の際に重視した方が良いでしょう。

ただし、ロールタイプの窓シャッターは強い台風などの際に変形してしまったという例もあるため、製品の耐風圧性能などを比較して製品選びをしましょう。

子どもがいる家は要チェック!電動窓シャッターの安全機能とは?

開閉が手軽で簡単なため近年では主流となっている電動窓シャッターですが、子どもがいる家では挟まれ事故などに注意する必要があります

image

電動窓シャッターは開閉が手軽で便利ですが、小さな子どもなどがいる場合には安全性に注意する必要があります。

例えば降りてくる窓シャッターに挟まってしまうなどの事故などには特に気を付けなければなりません。

小さな子どもがいる家では、「障害物検知装置」つきの窓シャッターを選択するようにしましょう。

障害物検知装置は安全装置とも言われているもので、障害物に当たるとすぐに羽根の下降が停止するようになっています。

もしも子どもに羽根が当たってしまってもすぐに停止するため、怪我などの事故に繋がってしまう可能性が低くなります。

防音や断熱目的なら発泡ウレタン充填タイプの断熱雨戸を選択

防音や断熱などを目的として雨戸を取り付ける場合、通常の雨戸ではあまり効果が感じられない場合もあります。
そのような場合、発泡ウレタンを使用したタイプの雨戸がおすすめです。

image

冷暖房効率を上げたくて雨戸を取り付けたけれどあまり効果が感じられなかった、という例もあります。

防音効果や断熱効果を期待して雨戸を取り付けたい場合、発泡ウレタンを内部に充填した「断熱雨戸」がおすすめです。

断熱雨戸はその名のとおり断熱性に優れており、通常の雨戸よりも防音性も高いことも特長です。

通常の雨戸は強風でのガラス破損防止や防犯性の向上に力を入れて作られているため、断熱などの特殊な目的で使用したい場合は断熱や防音に特化したタイプの雨戸や窓シャッターを選択することが大切となります。

もっと知りたい!雨戸(窓シャッター)リフォーム・取り付け・交換のポイント

雨戸(窓シャッター)リフォーム・取り付け・交換の価格相場

雨戸(窓シャッター)リフォーム・取り付け・交換では、幅広く10万円~25万円の価格帯での工事が多くみられます。
具体的には、窓へのシャッター取り付けやシャッター雨戸の取り付け、雨戸の交換などの工事内容が多く見られます。
一方、15万円以下となってくると、雨戸(窓シャッター)リフォーム・取り付け・交換の中でもシャッターの後付や取り替えが、25万円以上となると雨戸の設置・取り付けなどの工事が多くなります。

雨戸(窓シャッター)リフォーム・取り付け・交換に対応可能な業者さん 566社

みんなの口コミ・評判ランキング

1位

リズナ

口コミ数:795   みんなのおすすめ率:84% 登録日: 2015/03/16
40代 男性 

返信コメントで伝えました

30代 女性 

連絡が早かったです。

40代 男性 

安くて工期が短い

もっと見る 
2位

MADOショップ 保谷栄町店

口コミ数:96   みんなのおすすめ率:96% 登録日: 2010/09/14
40代 女性  雨戸(窓シャッター)リフォーム・取り付け・交換を依頼

説明もわかりやすく、工事も丁寧にしていただきました。

30代 女性  雨戸(窓シャッター)リフォーム・取り付け・交換を依頼

丁寧なのに、安い。
仕上がりに満足しています。

60代 女性  雨戸(窓シャッター)リフォーム・取り付け・交換を依頼

台風への備えのために、2階の掃き出し窓と腰窓の窓シャッター設置と、出窓のガラスを防犯ガラスに取り換えるのを依頼しました。
見積りが丁寧で早く、私の質問にも気の利いた提案をして下さいました。また価格も良心的でした。
2階の腰窓の窓シャッターは足場を組まないと出来ないという業者がほとんどでしたが、こちらは難なく出来て本当に良かったです。
担当さん、職人さんの人柄もよく、仕事も丁寧でした。担当さん、職人さんはウチにいる猫の脱走にも気を遣って下さって有難かったです。施工当日は特に懸念していたので。
依頼して本当によかったです。

もっと見る 
3位

備中屋

口コミ数:338   みんなのおすすめ率:90% 登録日: 2013/01/28
40代 女性 

作業が早く、他社の半額で半分の時間でやっていただけたので助かりました。

30代 男性 

壁穴の修理でとても丁寧な仕上がりでした。

50代 男性 

下見も無料で実施いただき、違和感なく綺麗に修繕して頂きました。

もっと見る 

おすすめプラン紹介業者

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

雨戸(窓シャッター)リフォーム・取り付け・交換見積もり価格差ランキング

家仲間コムのリフォーム見積り依頼では、以下のような割安な見積りも提示されています。

1位
価格差:
90,000円
(35%安)
3位
価格差:
76,000円
(35%安)

依頼を検索

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

雨戸(窓シャッター)リフォーム・取り付け・交換の施工事例

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介