雨戸リフォーム/雨戸の後付けリフォームで防犯対策をしましょう!

image

雨戸がもともとついていない住宅に雨戸を取り付けることはできるのでしょうか?答えはYESです。雨戸の後付けは簡単に出来ますよ!寒くなる前に雨戸を取り付けて寒さ対策をしたり、防犯対策としても有効です。また、お子様の落下防止にもなりますので、雨戸がついていないご家庭の方は、ぜひ雨戸の取り付けをご検討ください。

雨戸とは?

雨戸の基本的な役割は、住宅を雨風から守ることが挙げられますが、その他にも、防寒対策が出来たり、夏場は外からの熱を遮ることもできるため、暑さ対策にもなります。

また、雨戸を閉めることで、窓からの侵入を防ぎ、防犯対策としても有効です。

image

雨戸を閉めると室内が暗くなると思われますが、近年の雨戸は、戸板に羽がついていて可動式になっており、雨戸を閉めながら採光・採風ができるようになっていますので、雨戸を閉めていても室内は明るいまま過ごせます。

雨戸って後付けできるの?

雨戸は、上記の通り、あるととても役に立つので、ぜひ取り入れていただきたい建具のひとつなのですが、もともと雨戸がついていないご家庭もあるかと思います。最近の雨戸は軽量化されていて、なおかつ収納スペースを必要としないので、雨戸がついていない住宅でも簡単に後付けができます。

雨戸の後付けをご検討された理由

では、実際に雨戸の後付けをされた方は、どういう理由から後付けをご検討されたのでしょうか。雨戸リフォーム業者さんのアンケートによるお客様のお声を見てみましょう。

image

防犯の不安と強風でガラスが破損する心配があったため
結露がひどかったため
悪天候や防犯面での不安があったため
人目が気になっていたため
防犯上窓を開けられず、湿気が籠っていたので
通風のため窓を開けたいが防犯面で心配だったので
子供の落下防止のため
部屋が暑く、夜は室内が丸見えだったので
防犯対策と、子供の落下防止のため

主に、防犯上の理由から雨戸の後付けをご検討された、というお声が多くありました。お部屋だけでなく、浴室にも雨戸を取り付けることで安心してお風呂に入ることが出来ます。

また、2階以上のお部屋では、小さなお子様がいらっしゃると落下が心配になります。そういう場合にも、採光・採風のできる雨戸を取り付けて閉めておくことで、明かりを取り入れながら、落下防止もできて安心です。

雨戸の後付けの方法

雨戸を後付けするためには、雨戸を収納するスペースを確保します。雨戸の収納スペースといっても、先ほども述べた通り、近年の雨戸は少しのスペースがあれば収納することができるので、窓がついている住宅であれば、ご心配には及びません。

雨戸を後付けする方法は、既存の窓の外枠に取り付ける方法が一般的です。お好みの雨戸の種類を選び、外壁の色や住宅のイメージに合わせた色、素材を選ぶだけで、簡単に雨戸の後付けが出来ます。

image

雨戸の後付け手順
1.既存の窓枠に下地を取り付ける
2.雨戸の枠を取り付ける
3.防水材で補強する
4.雨戸パネルを取り付ける

後付けリフォームに人気の雨戸

雨戸には「引き戸タイプ」「折れ戸タイプ」「シャッタータイプ」の3種類がありますが、雨戸の後付けリフォームをされる方に人気がある雨戸の種類は、開閉が楽な「シャッタータイプ」が多いようです。

シャッタータイプ雨戸は、使わない時には窓の上に収納でき、スペースをとらないため、雨戸の後付けリフォーム時に最適です。また、電動シャッタータイプ雨戸であれば、窓を閉めたまま室内から雨戸を閉めることができるため、寒い冬でも冷たい外気を入れずにすみます。

image

■LIXIL リフォームシャッター
●価格目安:88,600円~
・必要壁スペースが70mmあれば取付け可能
・サッシ上部にスペースが少ない場合でも、ボックス部を下げて収納可能
・無線リモコンのため、スイッチの配線工事は不要

image

■YKK AP 雨戸枠9AF
●価格目安:103,070円~
・外壁工事なしで短時間で取り付け
・様々な取り付け面に柔軟に対応

image

■三協アルミ 雨戸枠DA型(壁付用)
●価格目安:92,160円~
・新築のように美しい仕上りが短時間の工事でできる
・雨戸上部にひさしがあっても取り付け可能
・雨戸下枠の取り付けスペースは75mmでOK

image

上記の価格目安は、メーカー希望価格ですので、後付けを依頼する業者さんによって大幅割引がある場合もありますので、数社から見積もりをとるのがおすすめです。

雨戸本体の価格目安

雨戸の価格目安は、下記の通りで、シャッタータイプ電動雨戸が最も価格が高くなりますが、その分、小スペースの場所にも取り付けられますし、毎日の開閉がとても楽です。

引き戸タイプ雨戸・・・"2万円~6万円"
折れ戸タイプ雨戸・・・"9万円~15万円"
シャッタータイプ手動雨戸・・・"8万円~15万円"
シャッタータイプ電動雨戸・・・"12万円~30万円"

雨戸の後付け費用の目安

雨戸を後付けする場合は、外壁などのリフォームと同タイミングで依頼されることをおすすめします。取り付け場所が2階以上の場合は足場を組む必要があり、この足場の費用が、おおよそ15万円程度かかりますので、足場代+雨戸本体費用+雨戸の取り付け費用がかかることになるからです。

image

雨戸の取り付け費用は、取り付け場所、雨戸の種類によって変わってきますが、2万円程度から施工してくれます。雨戸本体価格や足場設置の必要性など、複数の業者さんに相談してみましょう。

雨戸を後付けする際の注意点

雨戸の後付けは、既存の窓の外に簡単に取り付けできますが、注意点があります。それは、既存の窓の周辺に、他の設備がある場合です。例えば、電気ボックスや、雨どいが窓枠のすぐそばにある、などです。

image

何度も小規模リフォームを繰り返していると、無理やり配線を引いたり、設備を取り付けたりしていることがありますので、こういった事例が時々発生します。

基本的には、既存の窓枠から5㎝程度の隙間があれば、雨戸を後付けすることが出来るのですが、既存の窓枠にぴったりと他の設備がある場合は、それらを移動させる必要があります。

image

電気ボックスを移動させるとなると、電気の配線を触りますので電気工事士の資格を持った業者さんに依頼することになります。もちろん、費用は別料金になりますので、雨戸の後付けリフォームに加算され、費用が上がります。

image

雨戸リフォーム業者を一括見積り!

image

雨戸リフォーム業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。