24時間換気システムを交換するなら「第一種換気」がおすすめ

24時間換気システムのあるリビング

24時間換気システムは、気密性が高くなった最近の住宅への取り付けが義務化されていますが、住宅設備なので経年劣化と共に故障することもあります。
今回は24時間換気システムの故障が疑われる症状について、また24時間換気システムの種類や交換にかかる費用目安なども解説していきます。

24時間換気システムの役割

24時間換気システムは各居室に取り付けられた給気口から外気を取り込み、部屋の空気を綺麗にしてトイレや洗面所の排気口から外へ排出することによって、室内の空気を循環させています。

2003年に改正された建築基準法で、新築住宅には24時間換気システムの設置が義務付けられました。
参照:シックハウス症候群やカビの抑制に大活躍!24時間換気の必要性やかかる電気代は?

1. 気密性の高さから換気が必要

新築住宅

なぜ24時間換気システムの設置が義務付けられたかというと、ひとつには住宅の気密性の高さが関係しています。

昔は自然に呼吸をする木材を使用して住宅が造られていましたが、近年の住宅は建材そのものの気密性が高くなったので常時換気をする仕組みが必要になりました。

2. シックハウス症候群やハウスダストの防止

窓際にいる子供達

気密性が高くなったということは建材から発生する化学物質や住宅内のハウスダストの逃げ場がなくなり、室内に滞留することになります。

24時間換気システムは、住宅内の空気を循環させることによってこれらの原因となる物質を外へ排出するので、シックハウス症候群やハウスダストアレルギーの防止につながります。

3. 結露の防止

結露

住宅の気密性が高いと、外気温と室温との温度差が大きくなります。
結露はこの温度差が大きくなるほど発生しやすくなるので、換気をして通気性を良くしておくことで結露の発生を防いでくれます。

特に断熱性能の低い窓が取り付けられている住宅では結露には十分注意が必要です。
参照:マンションの結露がひどい場合は「換気」と「除湿」で解決!

24時間換気システムが故障した場合の症状

24時間換気システムは耐用年数が約10年で、下記のような症状が発生したら故障の可能性が高いので交換が必要になってきます。

・空気の流れが感じられない(換気をしていない)
・異音がする
・スイッチを入れても作動しない

1. 空気の流れが感じられない(換気をしていない)

24時間換気システムをつけているのに空気が循環していないと感じる場合は、フィルターの目詰まりが考えられます。

24時間換気システムには給気・排気ともにフィルターが取り付けられています。
1ヶ月もすればこのフィルターは真っ黒になるほど汚れますので、定期的に洗って2年に一度は新しいものと交換する必要があります。

汚れたフィルターを取り付けたままにしておくと、汚れた空気を室内に取り込むことになり24時間換気システムの意味がなくなってしまいます。

24時間換気システムのフィルターはメーカー純性のものは高価なので、サイズが合うものであれば純正でないものを購入される方も多いです。

フィルター交換の際は、安全のためにいったん24時間換気システムのスイッチを切ってから取り外し・取り付けを行いましょう。

2. 異音がする

24時間換気システムは静音設計になっているので、普段使用中に音が気になることはあまりありませんが、異音がしてくることがあります。
これも劣化のサインですが、多くはモーターなどの電気系統の故障が考えられます。

交換費用は約8万円~10万円です。

3. スイッチを入れても作動しない

24時間換気システムのスイッチを入れても作動しない場合も電気系統の故障が考えられます。
こちらも全体交換になり、交換費用は約8万円~10万円です。

24時間換気システムの種類

業者

24時間換気システムには下記の3種類があります。

・第一種換気
・第二種換気
・第三種換気

第一種換気

「第一種換気」は、機械で強制的に給気と排気を行う方式です。

高気密住宅では強制的に換気が必要なので、近年導入される方が増えています。

メリット・エネルギー効率が良い
・静か
・確実に換気を制御できる
デメリット・導入コストがかかる
・電気代が他の方式より高い

第二種換気

「第二種換気」は一般住宅では採用されず、病院などで採用されている方式です。

機械で給気を行い、排気は自然に行います。

メリット・室内に塵やほこりが入りにくい
・消費電力量が少ない
デメリット・エネルギー効率があまり高くない
・結露しやすい

第三種換気

「第三種換気」は、開口部から自然に吸気し、排気を機械によって行う方式です。

コストが安く抑えられるので最も多く採用されています。

メリット・結露を発生させにくい
・電気代が安い
デメリット・各居室に給気口を設置する必要がある
・エネルギー効率が低い

24時間換気システムを交換するなら「第一種換気」がおすすめ

24時間換気システムを交換する必要が出た場合は、「第一種換気」方式がおすすめです。

初期導入費用がかかりますが、確実に給排気が行えるのでそもそもの24時間換気システムとしての機能が最も発揮されます。

また「第一種換気」は、熱交換率が良いので室温をできるだけ保ったまま換気をすることができてエアコン効率が上がるので、年間の光熱費の削減につながります。

導入費用が15万円~25万円程度かかりますが、耐用年数の10年が経過する前に初期費用の元が取れることが多いです。

image

24時間換気システムをお得に交換するには?

見積書

24時間換気システムは取扱い業者によって本体価格の割引率が異なります。
交換をご検討されている場合は、複数の見積もりをもらって費用を
比較検討するとお得に交換することができます。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。