壁にひびを見つけた場合の対処法|重度のひびは早急に補修を!

壁のひび

ふと壁を見たときに気づかない間にひびが入っていたという経験はありませんか?
壁のひびにも複数の要因があり、軽度な修復で済むものから緊急を要する重度のひびまで様々です。
構造に問題がある場合は住宅の耐震性にもかかわりますので、壁に発生したひびの原因を突き止めて適切に対処していきましょう。
今回は、壁のひびの原因と軽度から重度のひびの修復方法を解説します。

そのため、地震があると構造部分も揺れるので壁紙クロスなどに亀裂が入ってしまうのは致し方ないことなのですが、ひびを見つけたら不安になりますよね。

壁にひびを発見した時に、どの部分からひびが発生しているでしょうか?
ひびが入っている場所を目視で確認してみましょう。

壁のひび

一般的には、下記のような開口部やつなぎ目部分からのひびの発生が多いです。

・窓や換気口などの開口部
・壁のつなぎ目
・クロスのつなぎ目
・縦に長く発生したひび割れ

ほとんどの壁のひびは問題のない場合が多いですが、構造上の問題が原因である場合は早急に対処が必要です。

では、軽度なひびの対処法から、構造に問題のある重度のひびの対処法をご説明します。

1. 軽度なひび

軽度なひびとは、下記のようなひびのことを指します。

・壁紙クロスのひび

1-1. 壁紙クロスのひび

かわいい壁紙クロスの子供部屋

壁紙クロスは、新築後数年ではがれてくることも多く、ひびが発生することの多い場所でもあります。

洗面所やキッチンなどの水廻りでは湿気によって壁紙クロスを張った際の糊がはがれやすくなり、ひびが発生します。

壁紙クロスのひびは、放置しているとひび割れ部分から汚れや湿気が入り込み、下地材の腐食につながります。

壁紙クロスのひびは縦に長く発生する場合が多いので見つけると驚きますが、多くはつなぎ目にそってひびが発生しているだけですので糊で再接着をすれば直ります。

壁紙クロス用の糊はホームセンターなどで簡単に手に入りますので、早めに修復しておくことで下地材を守ることができ見た目も良くなります。

2. 中度なひび

中度なひびは下記のような症状を指します。

・石膏ボードや下地材のひび

2-1. 石膏ボードや下地材のひび

壁のひび

壁紙クロスのひびと同時に石膏ボードや下地材にまでひびが発生している場合があります。

基礎部分ではないので緊急を要するわけではありませんが、いずれ基礎部分への影響が出てきますので、発見次第早めに修復をしておくことをおすすめします。

石膏ボードのひびは見えている箇所以上に広がっていることがありますので、壁紙クロスをカッターでめくり、ひびの範囲を確認する必要があります。

ひびの範囲が分かったら、「石膏ボード下地補修用パテ」をひび部分に塗り込み乾燥させます。

乾燥したらサンドペーパーで凹凸をなめらかにして、壁紙クロスを張り付けて完了です。

3. 重度なひび

重度なひびは下記のような症状を指します。

・ドアや窓サッシ、換気口周りのひび
・壁のつなぎ目以外に発生したひび

これらのひびは、住宅の構造部分に問題があるひびですので早急に修復作業が必要です。

放置していると雨漏りの原因にもなります。

家を守るイメージ

また、地震のたびに徐々にひび割れが広がり、最悪の場合は大地震の際に住宅の倒壊につながる危険性が高くなります。

3-1. ドアや窓サッシ、換気口周りのひび

ドアや窓サッシ・換気口周りのひびは「開閉クラック」と呼ばれ、開閉のたびに加わる小さな揺れや振動などによってひびが発生するものです。

この開閉クラックは、石膏ボードや下地材のひびである場合が多いのですが、大地震のあとに発生したひびの場合は構造部分にひびが発生していることもありますので、業者さんにきちんと確認してもらうほうが安心です。

石膏ボードや下地材のひびであれば、先ほどご紹介した「石膏ボード用下地補修パテ」を使用して補修することができます。

3-2. 壁のつなぎ目以外に発生したひび

業者

壁のつなぎ目以外に発生したひびは最も緊急度が高く、早急に業者さんに診断してもらい補修作業が必要です。

つなぎ目などは軽い地震のたびに少しずつずれてひび割れの原因になりますが、つなぎ目がないのにひびがあるということは、地震や地盤沈下によって建物そのものに歪みが生じていると考えられます。

つなぎ目以外のひびで「幅が0.3mm以上、深さ0.5mm以上」のひびは「構造クラック」と呼ばれます。

ひび割れ部分をパテで埋めて補修し、石膏ボードや壁紙クロスを張っていきます。

ひび割れ部分以外にも歪みがないか、住宅全体の建具などを細かく見ていきすべて調整しておくと安心です。

ひび割れが地盤沈下によるものであった場合、近隣住宅にも同じような症状が起こっています。

地盤沈下した建物は家の傾きを調整する工事が必要ですが、費用は高額で約200万円~400万円程度かかることがあります。

施工経験の多い専門業者の複数見積もりをもらって工事内容の説明を受け比較検討しましょう。

壁のひび補修にかかる費用目安

電卓と設計図

壁のひび補修にかかる費用目安は軽度から重度によって異なりますが、軽度の場合はDIYでの補修も可能なので材料代の数千円程度で済みます。

石膏ボードなどの補修および壁紙クロスの内装工事などが必要で、なおかつ現状の壁紙クロスが廃番になっているなど同じ物が手に入らない場合は補修費用が高くなることもあります。

ご参考までに、過去に家仲間コムに寄せられた施工事例をご紹介します。

パソコンを操作する人

見積もり事例1. 震災で入ったクロスのひび修理

震災で入ったクロスのひび修理をご要望の方からの見積もり依頼で、費用目安は約1.8万円~6万円でした。

・縦30cm×横5cm程度のひびが2ヶ所
・既存の壁紙クロスが廃番になっている
・下地材の補修も必要

これらの状態からこの見積もり価格が提示されています。

見積もり依頼をする際には現状の写真や壁紙クロスのメーカー、ひびのサイズなどを明記しておくとより詳細な見積もり価格を知ることができます。

見積もり事例2. 震災時のクロスひび割れ修理

こちらも同じく震災時のクロスひび割れ修理をご要望です。

事例1のケースと異なる点は、大地震のため全居室の壁紙クロスの張替えおよび修復が必要な点です。

見積もり費用は約28万円~34万円で、同じ壁紙クロスの張替え修理であっても範囲が広くなると費用も上がります。

大震災の影響であればこのような状態になるのも仕方ありませんが、小さなひびであっても早めに修理をしておくことで範囲が広がるのを防ぐことができ、結果的に修復費用を抑えることにつながります。

image

壁のひびを安く補修するには?

業者

壁のひびを安く補修するには、ひびに気づいた時点でDIYでできるならご自身で補修を、難しければ業者に一括見積りをして費用を比較検討することです。
内装工事であればまとめて他の部分を同時に依頼すれば人件費や出張費が一度で済みますので、一気に補修をしてもらえてお得です。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいるので、基礎部分の大きなひびへの対応も可能です。
住宅の耐震性にも関わりますので、大きなひびの場合は早急に補修をしておきましょう。
匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

編集者プロフィール
編集者画像

大永 和弘 (おおなが かずひろ)

WEBサイト


株式会社マッチングジャパン 代表取締役社長。

大学卒業後、カーテンレールシェアNo1の内装材メーカートーソー株式会社にて、7年間勤務。
入社後は、大手ハウスメーカーやリフォーム会社、工務店、内装工事業者など約200社を担当。その際に新築住宅やリフォーム住宅など数多くの現場を経験。

退社後、株式会社マッチングジャパンを2006年に創業し、ハウスメーカーやリフォーム会社のWEBマーケティングを経験。
その他、内装材メーカーや建材メーカーにWEBプロモーションに関わるコンサルティングを提供。

同時にリフォーム業者検索サイト「家仲間コム」の運営責任者として、累計5千社を超える施工業者にサービスを提供。サイト規模は月間アクセス約360万PV、見積利用者数は年間約5万人までに成長。

自身も7度の引越しと2度の住宅購入を経験し、家のリフォームや修繕をユーザーの立場で多く経験。
その経験から、規模が小さくても優良なリフォーム業者を探せるサイトの必要性を強く感じ、サービスの利便性向上に注力している。

現在は、ウォールステッカーカーテンブラインドロールスクリーンなどのECも展開中。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。