ロフト増築費用を解説します!ロフトで生活空間が増えても税金は上がらない?

生活空間を増やしたいならロフトの増築がおすすめです。
ロフト増築リフォームは、生活空間が広がるのに一部屋を造るよりも税金が安く抑えられるんです!
気になるその理由や、ロフト増築費用・増築の際の注意点などを解説します。

ロフト増築リフォームの費用目安

ロフト増築リフォームの費用目安は広さや施工内容によってかなり幅があります。
一例として下記内容をご参考になさってください。

・室内の天井部分に階段付き2帖のロフトを増築した場合:
15万円~
・屋根裏の床や壁などの内装を造作して6帖のロフトを増築した場合:
30万円~
・ロフトに断熱材や電気配線を追加して6帖のロフトを増築した場合:
80万円~

一般的にロフト増設の基本工事は【天井の開口・床施工・はしごや階段の取り付け】となっていることが多く、内装工事や断熱施工などはオプションとして費用が追加されるケースが多いです。

施工内容費用目安
換気扇の取り付け5万円~6万円
窓の取り付け5万円~10万円
天井断熱2万円~4.3万円/㎡
屋根断熱2.4万円~4.2万円/㎡

※天井断熱か屋根断熱のどちらを選択するかは既存の屋根形状によります。

他にも、照明やエアコンなどの電化製品を使うためのコンセント増設費用がかかることもあります。
参照:気になるコンセント増設工事の種類と費用目安を調べました

ロフト増築リフォームで税金がお得になる理由

ロフトは部屋の天井側に作られた空間のことを言いますが、下記の基準を満たしていると階数に算出されません。

高さ1.4m以下
面積下の階の2分の1未満まで

階数として算出されないということは、固定資産税が上がらないのです。
生活空間を増やすことが出来るのに税金が上がらないなんてお得ですね!

部屋を増やしたいとお考えの方は、ロフトの増築リフォームがおすすめですよ。

ロフト増築リフォームの注意点

上記の基準を超えてしまうと階としてみなされてしまうため、課税対象となり固定資産税があがります。
2階建て住宅に基準外のロフトを設置したことで3階とみなされてしまうというわけです。
増築リフォームの際は高さと面積に注意が必要です。

住宅設計図と電卓

どの範囲までロフトとして増築可能なのか素人では判断が難しい部分ですので、専門業者に相談すると安心です。

では、建築基準法の範囲内でロフトを増築した場合、どのような用途が多いのか一般的に多い事例をご紹介します。

1. 寝室としてロフトを使用

ロフトは寝室として使用することが出来ます。
天井が低くても寝る時だけ使用するので問題ありませんね。

ベッドで寝ている人

寝室としてロフトを使用する際は、必ず換気対策をしておきましょう。
人間は寝ている間にコップ一杯分(約100cc)の汗をかくと言われています。
そのため、換気対策がされていないとカビが発生する原因となり衛生的にも健康面でも良くありません。

さらに、熱い空気は上へ上昇しますのでロフトは階下よりも室温が高くなります。
換気扇や窓は出来るだけ取り付けておきましょう。

2. 収納スペースとしてロフトを使用

imagealt窓のある:ロフト

ロフトを収納スペースとして使用されるご家庭は多いです。
重量のあるものだとはしごや階段での昇り降りが大変ですので、軽量で移動させやすいものの収納におすすめです。

寝室としてロフトを使用する場合と同じく、換気扇や窓の設置は必要です。
また、収納しているものに直射日光が当たると日焼けの原因になりますので、窓を取り付ける場合はカーテンやブラインドで日焼け防止対策をしておきましょう。

3. 子供部屋としてロフトを使用

ロフトにある子供部屋

子供部屋としてロフトを使用する場合は、リビングへの増築がおすすめです。
リビングのロフトであれば家族の目が届くので安心です。

子供部屋としてロフトを使用する場合は、子供が飛び跳ねても安全なように床部分への補強工事が必要です。

また、ロフト部分からの落下を防ぐために柵を取り付けたり階段に手すりを取り付けるなど安全対策も忘れずに行いましょう。

image画像提供:ロフト用 開口柵|Panasonic

出典:ロフト用 開口柵|Panasonic
商品価格:42,200円~122,600円

image

ロフト増築リフォーム業者をお得に依頼するには?

見積書

ロフト増築リフォーム業者をお得に依頼する際は一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
ロフトの増築リフォームは、建築基準法に定められた基準があったり用途によって必要な設備があるので経験豊富な業者に相談できると安心です。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。