ルーフバルコニーを戸建住宅に設置する際は防水工事が最も重要です

ルーフバルコニー

ルーフバルコニーは階下の屋根の上に作る広いスペースで、戸建住宅の方は「ぜひ作ってみたい!」と憧れる方も多いです。
ルーフバルコニーは日当たりが良いので、洗濯物を干してもよく乾きますし、ウッドデッキを敷いてゆったりくつろげる開放的なプライベートスペースにするのも素敵です。
今回はルーフバルコニーを戸建住宅に設置する際の気になるポイントや費用について解説します。

ルーフバルコニーの構造

ルーフバルコニー

ルーフバルコニーは、主に戸建住宅の1階より上の屋根部分に設ける広いスペースのことを言います。
平らで屋根がなく、建物の外面に張り出しているのが特徴です。

ベランダと混同しますが、ベランダは庇があり広さはあまりありません。

ルーフバルコニーの特徴

日当たり

ルーフバルコニーは2階以上の高さに設置するので、日当たりが良く開放感のある空間になります。

1階に設けた庭スペースが狭かったり日当たりが良くない場合は、ルーフバルコニーを設置することで日当たりと広いスペースを確保することができます。

また、1階と比較するとよりプライベートな空間になるので、外部からの視線を気にせず家族団らんのスペースとしても活用できます。

ウッドデッキを敷くととてもおしゃれになるのでおすすめです。
参照:簡単おしゃれにベランダリフォームしてみませんか?

ルーフバルコニーの設置費用目安(戸建住宅の場合)

電卓と設計図

ルーフバルコニーを戸建に設ける際にかかる費用は50万円~100万円で、屋根の補強が必要な場合は200万円程度になることもあります。

また、ルーフバルコニー設置の際は必ず防水工事が必要になりますが、使用する防水塗料の種類によっても費用が変わってきます。
参照:【工法別の費用目安あり】屋根・屋上防水工事の基礎知識

ルーフバルコニーを戸建住宅に設置する際の注意点

業者

ルーフバルコニーを戸建住宅に設置する際には、必ず注意しておかなければいけないポイントがあります。

1. 防水工事

防水工事

ルーフバルコニーの最大のデメリットは「雨漏り」リスクです。

ルーフバルコニーには屋根がありませんので、ゲリラ豪雨のように降雨量が多い天候の場合には、雨が溜まりやすくなります。

雨漏りリスクを回避するためには、きちんと防水工事が行われていることが重要です。

また、水はけを左右する排水溝も大きめに作って水が流れやすい工夫をしておきましょう。

できれば排水溝は2ヵ所設置しておくと、万が一片方の流れが悪くなってももう一つで水が流れるので安心です。

2. 排水溝はまめに掃除

ルーフバルコニーは床面が平らな構造なので、水が流れにくく溜まりやすくなります。

せっかく排水溝を大きめに作っても、ゴミが溜まっていては水が流れていきません。

ゴミがつまらないようネットなどで防御し、こまめに枯れ葉などのゴミを取り除いておくことが大切です。

特にルーフバルコニーでガーデニングを予定されている方は、土が排水溝にたまらないよう十分ご注意ください。

3. 防水処理を定期的に行う

防水工事

ルーフバルコニーには防水工事が必須ですが、防水シートや防水塗料の耐用年数は約10年が目安です。

10年を待たずに5年毎を目安に再防水処理を施して、雨漏りリスクを軽減させましょう。
参照:屋上防水・補修工事が必要な症状と3つの工法を調べました

4. 台風時にはルーフバルコニーにあるものは室内へ

大雨

毎年のように、大きな台風による飛来物で住宅に被害が出るケースが起こっています。

ルーフバルコニーは広いので、ウッドデッキを敷いてガーデニングをしたり、BBQセットやガーデンテーブルなどを置く方も多いですが、台風などの強風時には必ず室内へ移動させ、近隣住宅へ被害を出さないようにしておきましょう。
参照:物置にできる台風対策は?収納品を守るだけでなく近隣住宅への被害も食い止めましょう!

5. 屋根の強度を確認

木造の屋根

木造の戸建住宅にルーフバルコニーの設置をご検討の場合、ルーフバルコニーの重量に耐えられる屋根の強度がない場合があります。

基本的には、雨漏りリスクの高いルーフバルコニーを雨が浸透しやすい木造戸建て住宅に設置するのはおすすめしませんが、どうしても設置したい場合は、屋根部分の耐荷重量および強度・耐震性などを確認したうえで、防水工事をきっちりと行ってください。

戸建住宅のルーフバルコニーを快適にするアイデア

ルーフバルコニーを設置したら、次はより快適に使えるよう改善していきましょう。

1. 目隠しフェンスを設置

住宅密集地など、ご自宅の環境によっては2階部分のルーフバルコニーであっても、ご近所さんから丸見えになってしまうことがあります。

そんな時は、目隠しフェンスを設置するとプライベート空間が守られますよ。

image画像提供:フェンス ビューステージ|LIXIL

出典:フェンス ビューステージ|LIXIL

2. オーニングを設置

ルーフバルコニーには屋根がないので、真夏は暑くて、せっかく作ったものの利用することが減ってしまうことがあります。

image画像提供:オーニング|TOSO

出典:オーニング|TOSO

熱い日差しを遮るには、壁などに取り付けができて、使用しない時には格納しておくことのできるオーニングがおすすめです。
参照:オーニングやシェードを取り付けてエアコン効率アップと熱中症を予防しましょう

image

ルーフバルコニー設置を成功させるポイントは?

業者

ルーフバルコニー設置を成功させるポイントは、ズバリ防水工事をきっちり行ってくれる優良な業者選びです。
ルーフバルコニーの防水工事を丁寧にきちんと施工していないと、雨漏りリスクが高まり、1階に被害が出てしまいます。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、ルーフバルコニーの施工経験豊富な業者さんも多いので、複数見積もりを依頼して施工内容が明確な業者さんを選びましょう。
見積もり依頼は、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありませんよ。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。