防水工事のリフォーム情報

防水工事

防水工事は雨漏りや水漏れを防ぐために、また紫外線から保護するために必要な工事です。
ウレタン防水、シート防水、FRP防水、アスファルト防水など、防水工事には様々な方法があります。
防水工事を行う場所や環境のほか、耐用年数、費用などを考慮して選択します。
工法にもよりますが、一般的には10年~15年に一度の防水工事を行うケースが多くなっています。

防水の劣化は目に見えてわかりづらいため、突然雨漏りなどが発生してしまうことも多いです。
信頼できる業者さんに定期的な防水の点検を依頼したり劣化した防水の修理を行うなど、アフターメンテナンスの充実した業者さんを選ぶことが大切です。

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

防水工事のリフォーム情報をさらに細かく見る

ベランダのヒビや水たまりの発生、塗装の剥がれなどが目立ってきたらベランダ防水メンテナンスの時期です。 ベランダ防水工事の工法はシート防水、ウレタン防水、FRP防水などがあります。

新築から10年程度で最初の屋上防水メンテナンスを行い、その後10年~15年ごとを目安に屋上防水工事を行います。 屋上防水の劣化が進むと雨漏りの発生や建物の劣化が進みやすくなってしまいます。

防水工事の種類とは?防水工法と適切なメンテナンス

防水工事には大きく分けて4種類の工法があります。
耐久年数や費用だけでなく、メンテナンス費用など考慮して防水工事の工法を選択しましょう。

image

防水工事には、シート防水、ウレタン防水、FRP防水、アスファルト防水があります。
シート防水は耐久年数10年~12年程度、ウレタン防水とFRP防水は耐久年数10年~13年程度、アスファルト防水は耐久年数15年~20年程度です。

費用は、アスファルト防水(5,500円~8,000円/m2)→FRP防水(5,000円~7,000円/m2)→ウレタン防水(4,500円~7,000円/m2)→シート防水(4,000円~7,500円)の順に高額ですが、アスファルト防水は耐久年数が長くメンテナンスもほとんど必要ありません。

FRP防水、ウレタン防水、シート防水は5年~7年程度でトップコートを塗布するなどのメンテナンスが必要となるため、メンテナンス費用も考慮する必要があります。

メンテナンス費用の目安としては、シート防水のトップコート塗り替えで750円~850円/m2、ウレタン防水のトップコート塗り替えで1,500円~1,900円/m2、FRP防水のトップコート塗り替えで2,000円~2,500円/m2程度です。

FRP防水はベランダに、シート防水は屋上に適しており、ウレタン防水は複雑な形状の建物なども含め様々な箇所に施工することができます。アスファルト防水は広範囲な屋上や駐車場などで人気の防水方法となっています。

ウレタン防水の密着工法と通気緩衝工法とは?雨漏りに適した防水工法

ウレタン防水の中にも、密着工法と通気緩衝工法の2種類の工法があります。
雨漏りが発生している部分の防水工事の場合には、通気緩衝工法が適しています。

image

ウレタン防水を施した部分が膨れたり破れたりしてしまう原因は、通気性能がない密着工法で防水工事を行ったためであるということが多いです。

密着工法とは通気緩衝シートを使用せず直接ウレタンを塗布する方法のことで、十分な乾燥を行ってから施工する必要があります。

乾燥が不十分だったり雨漏りが発生しており内部に水分が残っていたりすると、ウレタンの膨れや破れの原因となってしまうのです。

雨漏りが発生している状態の場所や、厚みのあるコンクリートで覆われた屋上などの場所では、通気緩衝工法が適しています。

通気緩衝工法とは通気緩衝シートを使用してウレタンを塗布してある方法で、内部の蒸気や水分を通気緩衝シートを通じて外部に排出することができます。

密着工法よりも通気緩衝工法の方が初期費用は高額になりがちですが、寿命が長く雨漏りに効果的です。

安価であるというだけで、水分の残る場所に密着工法でのウレタン防水工事をしてしまうと、すぐに劣化が発生し再度雨漏りが起こってしまう原因にもなるため、業者と相談し適切な方法での防水工事を行うことが重要です。

太陽光発電で雨漏りを発生させないための防水工事とは

太陽光発電のソーラーパネルを設置したら雨漏りが発生したというトラブルは後を絶ちません。
ソーラーパネル設置の際には、防水工事を行うことが重要です。

image

ソーラーパネルを設置する際には屋上や屋根に穴を開けて専用金具を固定するという方法が一般的です。

しかし、ソーラーパネル設置の際にあけた穴部分や穴の周辺部分に防水工事をしなければ、雨漏りが発生してしまう原因となります。

ソーラーパネルを設置する際に穴をあけるということは、防水層が破損しておりそこから雨漏りが発生するということになるため、基本的には穴部分のみでなく全体的に防水工事を行うことが推奨されています。

また、防水工事の際の保証はソーラーパネル設置工事で防水層に穴をあけてしまうと無効となるケースが多いため保証期間や保証内容などを考慮してソーラーパネル設置や再防水工事などを行うようにしましょう。

もっと知りたい!防水工事のポイント

防水工事の価格相場

防水工事では、20万円以下が最多の価格相場となっています。
20万円以下で可能となる実際の工事内容としては、ベランダの防水工事や基礎コンクリートの防水施工などが挙げられます。
また、20万円~40万円の価格帯も多く、防水工事の中でも屋上やバルコニーの防水工事が該当します。また、100万円以上の価格帯となると、マンションの屋上の防水工事などの大規模なものとなっています。

防水工事に対応可能な業者さん 392社

みんなの口コミ・評判ランキング

1位

リズナ

口コミ数:311   みんなのおすすめ率:89% 登録日: 2015/03/16
30代 女性 

価格が安い。作業も素早かった。明細書をお願いしたところ、素早く対応してくれた。

30代 女性 

安くて早くて親切でした!!
頼んだ工事以外にもドアマンの調節などもやってくれたり、フローリングの補修の仕方を教えてくれたり、とても丁寧で親切でした!
また機会があったらお願いしたいです。

50代 男性 

良心的な価格で対応していただきました。
作業内容も完璧で、そのほかの不具合についてもいろいろと説明や修理対応していただきました。

もっと見る 
2位

備中屋

口コミ数:247   みんなのおすすめ率:91% 登録日: 2013/01/28
40代 女性 

綺麗に早くやって頂きました。

40代 男性 

手早く、リーズナブルに対応して頂き、ありがとうございました。
また、何かあれば依頼したいと思います。

40代 女性 

丁寧

もっと見る 
3位

平峰木工所

口コミ数:178   みんなのおすすめ率:97% 登録日: 2011/04/19
40代 男性 

他の業者さんとは別の機種で提案があり、費用を安く抑えられました。

40代 男性 

こちらの要望をしっかりと聞いてくださり、他の安価で対応頂きました。また、仕上がりもとても綺麗で満足しております。ありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いします。

30代 男性 

見積依頼後すぐに連絡を頂き、また質問にもわかりやすく答えて頂きました。なによりも施工額がとてもリーズナブルで保証もつけられたので大変満足です。

もっと見る 

おすすめプラン紹介業者

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

防水工事見積もり価格差ランキング

家仲間コムのリフォーム見積り依頼では、以下のような割安な見積りも提示されています。

1位
価格差:
130,000円
(34%安)
2位
価格差:
30,000円
(30%安)
3位
価格差:
260,000円
(27%安)

依頼を検索

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

防水工事の施工事例

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介