地下室に必須の防水工事は?

地下室工事|株式会社 彩ホームプランニング出典:地下室工事|株式会社 彩ホームプランニング

地下室を設ける上で心配な点は、集中豪雨などによる浸水被害ではないでしょうか?
昨今では、短時間に雨量が増え洪水が起こったり河川が氾濫したりと、住宅の浸水被害が多く報告されています。
地面より低い位置に造られた地下室は真っ先に被害を受けやすい場所です。
そこで、浸水被害から地下室を守るための地下室の防水工事について調べてみました。

なぜ地下室に防水工事が必要なの?

地下室は鉄筋コンクリートで造られており、断熱性能と防水性能がありません。
浸水被害に遭わなければどちらも対策をしなくてよいのでは?と思われるかもしれませんが、コンクリートは結露します。

結露地下室に防水工事は必須です

結露することでカビが発生して建物が劣化し耐久性が落ちると知れば、断熱対策と防水対策が必要なことがお分かりいただけるでしょう。

そして、浸水が起これば地面より低い位置にある地下室から先に水が流れ込みます。
防水工事をしていないとどんどん地下室の壁から水が染み込み、最悪な場合は建物の倒壊につながる危険性があるのです。

このようなことが起こらないよう、防水工事は地下室にとって最も重要な工事なのです。

地下室に防水工事は不要という業者にご注意!

「コンクリートは水を通しにくいし厚みもあるので、地下室に防水工事は不要ですよ」という業者がいます。
防水工事をしていなくても、すぐに水漏れなどの被害があるわけではありませんが、経年劣化によりコンクリートにひび割れが出来ることを想定すると、防水工事をしておくことは必須です。

地下室防水工事の手順

建築設計図とコンパス

1. 地盤調査

防水工事に入る前に、まずは地盤の強度と地下水位を計測する地盤調査を行います。

この地盤調査は建築基準法で定められており、施工業者都合で調査結果を改ざんされないためにも外部の地盤調査会社に依頼するほうが安心です。
地盤調査費用の価格相場は、5万円~10万円です。

2. 防水設計および防水工事

地盤調査により土地形状と地下水位が分かりますので、これらを基に防水設計および防水工事を行います。

地下室の形状は、下記の3種類に分けられます。

「完全地下型」・・・地下室が完全に地下に埋まっている
「半地下型」・・・地面から1mほど地上に出ている
「深基礎型」・・・住宅用基礎の延長で造ったもの

地下室の防水工事は、10帖あたり70万円ほどかかりますが、完全地下型が最も費用が高く、半地下型、深基礎型の順で費用が安くなります。

地下室を造りたい場合は、防水工事費用も考慮して形状を決めましょう。

防水工事の方法

防水工事には大きく分けて2つの方法があります。

1. 先やり防水

住宅の基礎となる部分を「躯体」と言いますが、躯体を造る前に地面を掘り起こし掘った土の部分が崩れてこないように固める工事を行います。
この工事を「山留め」と言います。

この山留め部分に防水層を施す方法を「先やり防水」と言います。

先やり防水工事が終わってからコンクリートを打ち込み躯体を完成させると、躯体の外側に防水層が出来上がります。

近年では地下構造物の建築工法が変化してきており、山留め壁面自体をコンクリート躯体の外型枠として利用して外型枠を省略する「外型枠省略工法」が主体になっているため、先やり防水を行うのが一般的になっています。

外型枠省略工法については、下記サイトの図が分かりやすいと思いますのでご参考になさってください。
参照:外型枠省略工法|株式会社ウォータイト

2. 後やり防水

昔ながらの方法で、狭い敷地に施工する場合に採用されます。
コンクリートを打ち込んで養生した上から、コンクリート面に直接防水を施す方法です。

防水工事に使用される材料は?

防水材料としてよく使用される材料は「ボルクレイ地下防水材」です。
ベントナイトという材質が水分に触れると膨らんでゲル状の防水層を形成します。
耐用年数が長く、釘打ちで固定するため施工が早いので工期短縮が可能です。
ボルクレイ地下防水材|けんせつPlaza出典:ボルクレイ地下防水材|けんせつPlaza

標準設計価格は下記の通りです。

部位工法価格(1㎡辺り)
底部先やり/後やり7,500円
側部先やり9,700円
側部後やり7,500円

地下室の防水工事をお得に行うには?

地下室の防水工事は、建物を建ててしまった後からでは難しく費用もかかります。
建築段階で先に耐用年数の長い防水工事を行うことで、初期費用はかかりますが長い目で見るとお得になるのです。
地下室の形状を「深基礎型」で検討してみたり、耐用年数の長い防水材を使用するなど、防水工事がお得になる方法を複数の業者に相談してみましょう。

image

地下室の防水工事業者を一括見積り!

image

地下室の防水工事業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。