間取り変更リフォームのリフォーム情報

間取り変更リフォーム

中古住宅を購入したとき、または生活スタイルや家族構成が変わったときには間取り変更リフォームが人気です。
間取りを変えることで快適性が増すほか、子どもに目の届く環境になるなど安全性の向上をすることもできます。
間取り変更リフォームには間仕切り壁を撤去し複数の部屋を一部屋にするリフォームと、間仕切りを設置し一部屋を複数の部屋にするリフォームがあります。

間仕切りを設置する場合は予算によって様々な方法から選択することができ、例えば比較的安価なアコーディオンカーテン設置リフォームや、防音性のしっかりとした防音壁の設置リフォームなどがあります。
間仕切り壁撤去リフォームの場合、耐力壁など撤去することができない壁もありますので知識を持ったプロの業者さんに相談することが大切です。
間取り変更工事は設置した壁の仕上げや壁撤去後の床の仕上げなどで費用が変わるため、予算を伝えて業者さんの提案を聞いてみると良いでしょう。

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

間取り変更リフォームのリフォーム情報をさらに細かく見る

間仕切りを撤去してリビングを拡張したり、リビングスペースを作るための間取り変更リフォームが人気です。 リビングの間取り変更では、壁撤去後の床の仕上げなどで費用が変わります。

子どもの成長に合わせて子供部屋の間取り変更を行う家庭は多いです。 特に兄弟で一部屋を使用している場合には、間仕切り壁を作成して分割するリフォームが人気です。

間取り変更ができないケースも!撤去できない壁や柱とは

間仕切り壁を撤去することによって部屋を一続きにし広くするというリフォームでは、自由に撤去できない壁もあるため注意が必要です。

image

壁を撤去することで間取りを変更する場合、家の構造や工法に関わらず基本的に、柱、梁、耐力壁は撤去することができないため注意が必要です。

柱や梁、耐力壁は構造体と呼ばれ、家を支えるために重要な役割を担っています。

木造住宅の場合、在来工法で建てられたものか2×4工法で建てられたものかによって間取り変更リフォームの自由度は異なります。

柱と梁、筋交いのある耐力壁が構造体となっている在来工法の建物であれば、耐力壁以外の壁は撤去することが可能です。

2×4工法の建物は多くの壁が構造体としての役割を担っているため、壁の撤去は容易ではありません。

しかし、2×4工法の構造を理解している業者であれば壁の撤去などを行うことができる場合もあるため、まずはどちらの工法なのかを確認したうえで業者に相談してみましょう。

注意したいのが、在来工法の建物で柱を撤去する間取り変更を行う場合です。
柱や耐力壁は基本的には撤去できませんが、補強工事などを同時に行うことで撤去できるケースもあります。

しかし、補強後でも柱撤去前よりも耐震強度が落ちてしまうということも少なくないため注意が必要です。

構造体を撤去する場合には、構造を理解している建築士と相談のもと、慎重に間取り変更を進める必要があります。

間取り変更で注意したい「動線」とは?

間仕切り壁を設置する間取り変更リフォームの場合、動線を考慮することが大切です。

image

「間仕切り壁を設置して間取りを変えたら、家の中を歩きづらくなってしまった」という失敗談は少なくありません。

これまで自由に歩けていた場所に壁ができたら、想像以上に不便に感じてしまうこともあるのです。

特に、キッチンとダイニングの間に壁を設けるなど、頻繁に行き来する場所への壁設置リフォームを行う場合には、日常の「動線」を考慮してリフォームを行う必要があります。

普段どこを歩いているか、どのように通っているのかなどをシミュレーションし、壁があってもストレスに感じないかなどを考えたうえで間取りを変更するようにします。

窓をつぶす間取り変更リフォームは危険?その理由とは

間取り変更リフォームを行う際、壁を新たに設置するために窓を塞いでしまうということもあります。
しかし、窓を塞ぐリフォームは十分な注意が必要です。

image

「壁を設置するために窓を塞いだら、予想以上に光が入らなく暗くなってしまった」という失敗も時折耳にします。

普段はあまり意識していない窓でも、壁で塞いでしまうと想像以上に暗い部屋になってしまうということもあるため注意が必要です。

「採光上有効な窓を床面積の1/7設ける」という建築基準法での規定もあるため、窓を塞いで壁を設置する間取り変更リフォームは避けておいた方が良いでしょう。

もっと知りたい!間取り変更リフォームのポイント

間取り変更リフォームの価格相場

間取り変更リフォームの際多く見られる価格相場が、20万円以下です。
20万円以下の間取り変更リフォームとしては、間仕切り壁の設置を設置することで部屋を分割するという工事が多くみられます。
次に多い20万円~40万円では、壁の撤去やそれによるドアの取り付け、間取り変更などの間取り変更リフォームが多くみられます。
さらに、100万円以上になると、部屋数を増加するための間取り変更工事や、二つの部屋を一つにするためのリフォームなどの工事も出てきます。

間取り変更リフォームに対応可能な業者さん 435社

みんなの口コミ・評判ランキング

1位

マクスロムインテリアデザイン

口コミ数:405   みんなのおすすめ率:99% 登録日: 2011/01/21
30代 男性  間取り変更リフォームを依頼

とても親切な業者さんで、壁もきれいに仕上げていただきました。ありがとうございました。

60代 男性  間取り変更リフォームを依頼

● どちらへ依頼すればいいのか見当がつきませんでしたので、
 事前に価格の検討もついて、助かりました。
● 丁寧なお仕事をしていただき、ありがとうございました。
● 事前に文書で見積書を頂ければさらにまんぞくでした。
 (当日、工事の前にこちらから言って、いただきました。)

40代 女性 

リーズナブルな上丁寧な作業でした。

もっと見る 
2位

平峰木工所

口コミ数:178   みんなのおすすめ率:97% 登録日: 2011/04/19
30代 女性  間取り変更リフォームを依頼

12/16に施工していただきました。
対応も早く安価で満足いく仕上がりでした。

こちらのシステムを利用させていただき、
ありがとうございました。

40代 男性 

他の業者さんとは別の機種で提案があり、費用を安く抑えられました。

40代 男性 

こちらの要望をしっかりと聞いてくださり、他の安価で対応頂きました。また、仕上がりもとても綺麗で満足しております。ありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いします。

もっと見る 
3位

株式会社グッド・デザイン

口コミ数:143   みんなのおすすめ率:98% 登録日: 2010/11/21
50代 男性  間取り変更リフォームを依頼

迅速なご対応、丁寧な仕事に感謝しております。ありがとうございました。(終了手続きが遅れてすいません)

40代 男性 

お値段が良心的。対応が早く工事や担当者が丁寧。

40代 男性 

説明も的確で、仕事も的確。申し分なし。

もっと見る 
困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

間取り変更リフォーム見積もり価格差ランキング

家仲間コムのリフォーム見積り依頼では、以下のような割安な見積りも提示されています。

1位
価格差:
38,000円
(35%安)
2位
価格差:
100,000円
(33%安)

依頼を検索

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

間取り変更リフォームの施工事例

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介