リフォームで壁を撤去して広々空間を手に入れよう!価格相場や注意点は?

壁を撤去中のリビング

リフォームで壁を撤去して、広々空間を実現しませんか?
日々の使い勝手やお子様の成長など、ライフスタイルと家族構成の変化にともなって家の間取りを変えるリフォームをしたい、という方もいらっしゃると思います。
今回は気になる壁の撤去にかかる価格相場や、壁を撤去する際の注意点などをお伝えします。

壁を撤去して良いかどうかの境界線

リフォームで壁を撤去する時に一番心配になるのが「壁を撤去して建物が倒れたりしないか?」という点ではないでしょうか。
手を加えてはいけない壁もあるので、壁の構造をよく見極めることが大切です。

撤去してはいけない壁と撤去しても大丈夫な壁について、次の項目で説明します。

1. 絶対に撤去してはいけない壁

まず絶対に撤去してはいけない壁は「構造壁」と呼ばれる壁です。
その名の通り建物の構造に関係する壁で、建物を支える役割があります。
この壁を撤去してしまうと、耐震性など建物本体の強度に影響し、大変危険なのです。

構造壁は撤去することはもちろん、穴を開けたりビスを打ち込むこともできないため注意が必要です。

2. 撤去できる壁

反対に撤去できる壁は「内装壁」と言うもので、部屋と部屋の間にある間仕切り壁のことを指します。
石膏ボードや合板などの軽量な素材で作られているため、撤去工事も容易です。

壁のリフォーム作業中

ただし、内装壁でも石膏ボードではなく強度のある壁材を使用していたり、下地に筋交いが組んである、太い木材が入っている等の方法で補強がなされている場合は注意が必要です。
これらの壁は耐震性や耐久性を高めるための壁と考えられるため、撤去は出来ません。

構造壁か内装壁かを見分けるポイント

最も簡単に構造壁か石膏ボードなどの内装壁かを見分けるポイントは、壁をコンコンとノックしてみることです。
ゴツゴツと鈍い音がしたら、そこはコンクリートや鉄骨部分であると考えられます。
反対にコンコンと軽く空洞になっているような音がしたら、石膏ボードの内装壁であると見当がつけられます。

壁撤去リフォームの施工事例

壁を撤去する場合に要望として多いのが「リビングに隣接する部屋との壁を撤去して広いリビングにしたい」というものです。

壁を撤去して広くなった和室風リビング

例えば和室の壁を撤去した場合、リビングとのコーディネートを揃えるために和室の壁紙や天井材もリフォームすることになり、費用が上がります。
押入れをクローゼットにしたり床をフローリングにした場合は、さらに費用が上がります。

セキスイハイムの施工事例

リフォーム実例|セキスイハイム出典:リフォーム実例|セキスイハイム

隣接する和室と洋室の壁を撤去して一つにまとめ、風通しの良いベッドルームになっています。
また、飾り棚やクローゼットを新設して収納スペースも確保しています。

壁撤去リフォームの価格相場

壁の撤去と聞くと価格相場が高いのではないかと感じますが、シンプルに壁の撤去だけであれば、3万円~5万円度で工事が可能です。
いっぽうで高いものだと数十万円もかかっている場合もあり、なぜ費用があがるのかと気になります。

壁の撤去以外にどのような費用がかかるのかというと、壁や天井との造作、場合によっては床材もリフォームしなければいけないため工事費がアップしてしまうのです。

このことから、リフォームで壁を撤去するのに必要な予算は20万円前後からとみておく方が良いでしょう。

では、過去に家仲間コムに寄せられた見積もり事例を見てみましょう。
リビングの壁撤去だけでなく、台所や間仕切り壁の撤去などの事例もあります。

和室の一部をフローリングにしてリビングを拡張

価格相場:25万円~30万円
鉄骨14階建のマンションです。
和室6畳の一部をフローリングにして12.8畳のリビングを拡張したいというご要望です。
4.5畳の和室として機能させるため壁の位置をずらしたいとのこと。

台所の壁撤去

価格相場:6万円~7.2万円
築50年の木造平屋の台所の壁撤去をしたいという要望です。
壁跡の処理はとりあえず埋まれば良いというシンプルなものです。

リビングと和室をひと続きにする

価格相場:20万円~43万円
築18年のマンションで、フローリングしたり1間半の押入れふすまをクローゼット扉に替えるといった和室から洋室リフォームも兼ねた壁の撤去要望です。

壁の撤去の際は工期に注意

壁の撤去には、数日間かかることが多く、その間、工事をしている部屋は使用することが出来ません。
すべての間仕切り壁を撤去して、間取りを変えてしまうような大規模な工事の場合は、1ヶ月かかることもあります。

工事期間中の仮住まいを用意する必要もありますので、リフォームの際は、工事期間と部屋の使用が出来るかどうかを確認しておきましょう。

image

壁の撤去業者を一括見積り!

image

壁の撤去業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。