フローリング修理・補修にかかる価格相場と実際の注意点をご紹介!

image

上を歩いたり、ときにはそのまま座ったりと、人が自分の家のフローリングに接する機会は多くみられます。実際に、リビングなど人が多く集まる場所は床材をフローリングにするご家庭も多いですし、フローリング自体もそれだけでなく人気が高い床材となっています。

そんなフローリングですが、実は意外とダメージを受けやすい素材でもあります。特に床に使用されるフローリングは、いすや机を引きずってしまった場合にがついてしまうこともありますし、日常でダメージを受けやすいのです。

そこで今回は、フローリングのダメージを修理・補修する場合にかかる価格相場やその際の注意点などをご紹介していきたいと思います。

フローリングは大きく分けて2種類!

image

フローリングと一概に言っても、床材として使用される場合大きく分けて2種類に分類されます。まずは、そんなフローリングの種類についてご紹介していきましょう。

・無垢フローリング

最初にご紹介していくのが、フローリングの中でも無垢フローリングと呼ばれるものです。これは、単層フローリングとも呼ばれていて、天然木そのままの1枚をフローリング材として使用するもののことを言います。

もともと住宅に使用されるフローリングは、木質がほとんどなのですが、この無垢フローリングは比較的高額なものとなります。機能としては、天然木をそのまま1枚使用しているので、木そのものの調湿性断熱性が高いことがあげられます。

image

一方で、無垢フローリングには難点もあります。天然木ならではのことなのですが、湿度によって素材自体が収縮や膨張を繰り返し、反り目やひび割れが生じてしまうことがあるのです。

しかし天然木ならではのあたたかな風合いや、素材自体の触感など無垢フローリングでしか得られないものもたくさんあります。最近は、無垢フローリングでもいろいろな機能を持った素材が開発されているので、気になる方はぜひ業者の方に問い合わせてみてください。

・複合フローリング

次に、住宅で使用される頻度が高いフローリングとして、複合フローリングをご紹介していきたいと思います。複合フローリングは、表面に使う表面材と、下地部分を重ねることで生まれる床材で、機能性の高いものが多いことが特徴の一つです。

image

現に、いろいろな表面材と下地材を組み合わせることで、床暖房の機能を持たせたり、遮音性調湿性に優れたフローリングとして機能することができます。複合フローリングは、無垢フローリングと比べて比較的価格が安い一方、色やデザインなども豊富にとり揃っていることから、人気が高い床材となっています。

自身でもできるフローリングの修理・補修とは?

フローリングの種類がわかったところで、実際にフローリングの修理・補修についてご紹介していきましょう。よく耳にするフローリングの修理・補修の対象となるものとしては、フローリングのへこみや傷などがあります。大きさによって危機感は違ってくるかと思いますが、ちょっとしたものならば、自分で何とかできるかも、と考える方も少なくはないかと思います。

image

・フローリング修理・補修を自身でする際の注意点!

最近は、大型のホームセンターやインターネットショップなどで、工具や道具など、リフォームに関するものを簡単に取り揃えることができます。実際に、調べてみると分かるのですが、どれがいいのかわからないほど多くのものが販売されているのです。

フローリング修理・補修に関しても、いろいろな道具が販売されています。例えば床について傷を埋めてくれる粘土や、上から塗るマーカー、クレヨンなど、アイデア商品も多数販売されているのです。中には、お役立ち情報として、いろいろなアイデアがインターネットで発表されているのを目にすることもあります。

image

しかし、これらをいくら実践してみても、傷やへこみの根本的な解消にはなりません。例えば、持ち家や持ちマンションではなく、お住まいが賃貸であった場合、どうしても退去時に原状回復が必要となります。この場合、いくらご自身できれいに傷やへこみを直しても、クリーニングなどの原状回復にかかる費用が安くなることはほとんどありません。

どうしてもご自身でフローリングの修理・補修をしようとしても、限度があります。やはりプロの業者の方にお願いする場合と出来上がりの程度は変わってきますし、隠そうとしても業者の方には分かってしまうようです。従って、一時しのぎならば問題はありませんが、しっかりと解決するためには、きちんと業者の方に依頼して施工してもらうことをお勧めします。

・フローリングの修理・補修と、張替えについて

フローリングに関するリフォームの中には、部分的な修理・補修のほかに、全面的な施工となる張替えといった工事もあります。フローリングの張替えは、その施工法によっても異なりますが、修理や補修と比べて高額なリフォームとなり、工期も長いことが多いです。

image

しかし一方で、修理や補修では追いつかないようなフローリングの劣化などがみられる場合、張替えをする必要も出てきます。気になる方は、ぜひ業者の方にまずはメンテナンスを依頼してみてください。

フローリング修理・補修にかかる価格相場とは?

最後に、フローリング修理・補修にかかる価格相場をご紹介しましょう。フローリングの状態にもよりますが、一般的な価格相場は2万~5万円となっています。最近は、1日パックとして、時間制で区切って傷やへこみを修理・補修してくれる業者も多くみられますので、ダメージが多くみられる場合はそういったサービスを利用しても良いかもしれません。

基本的には、1平方メートル当たりの単価で価格設定をしている業者が多いので、まずは見積もりをお願いすることをお勧めします。1平方メートル当たりですと、価格相場としては1万円前後で施工が可能となっています。

まとめ

いかがでしたか?フローリング修理・補修のリフォームは、フローリングをお使いのご家庭ならば一度は考えることかとおもいます。ご自身で施工もできますが、きちんと修理・補修したい場合には、業者の方に依頼して施工してもらった方がよいかと思います。ご使用のフローリング材によっては、価格も変動してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

フローリング修理・補修をお得に行うには?

image

フローリング修理・補修を行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上にフローリング修理・補修の概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。