床が冷える原因トップ5!改善したあとで床暖房を導入して暖かい家づくり

床に立つ人

夏が終わり肌寒い季節がやってくると「床が冷える」というお声が増えてきます。
床が冷える原因にはいくつかありますが、その主な原因トップ5と床が冷える場合の改善方法を解説します。
実は床が冷えるという場合でも、床だけに原因があるとは限りません。
真冬になる前に改善させて、予算がある場合は床暖房を導入すれば冬も暖かな家になります。

床が冷える原因トップ5!

ワンポイント

床が冷える主な原因のトップ5は下記です。

・床に断熱材が入っていない又は劣化している
・床材をコンクリートに直貼りしている
・合板フローリングが施工されている
・開口部に隙間がある
・断熱性の低い窓がある

床が冷えるといっても、必ずしも床に原因があるとは限りません。

順番に詳しく見ていきましょう。

1. 床に断熱材が入っていない又は劣化している

床下

昔の住宅や築年数が経過している住宅は、床下の断熱材が入っていないことがあったり、経年劣化で断熱材としての役割を果たしていない場合があります。

このような場合は、床下に再度きっちり断熱材を施工しなければ床が冷えますし、暖房器具などの効きも悪くなり光熱費が高くなります。

いったん床をはがして断熱材を施工する大がかりな工事になりますが、その後の生活が快適になるのは言うまでもなく、光熱費の節約にもつながります。

2. 床材をコンクリートに直貼りしている

床の施工業者

こちらも昔の住宅や施工不良でよくある事例です。

床材は下地の上に断熱材を充填してから施工するのですが、昔の住宅は土間コンクリートの上に直接床材を施工していることもあります。

また、悪徳業者による施工不良で、残念ながら断熱材を施工しないまま床材を張る手抜き工事などもあり得ます。

こういったケースでも、床材をいったんはがして床下に断熱材をきっちり施工するしかありません。

3. 合板フローリングが施工されている

合板フローリング

現代の住宅ではフローリングの床が人気ですが、フローリングには「合板フローリング」と「無垢フローリング」の2種類があります。

無垢フローリングは天然木ですので、天然木が持つ自然の暖かさがありますが施工費用が高くなるため導入するには費用がかかります。

その点、合板フローリングは大量生産が可能で施工費用が安いため多くの住宅で採用されていますが、複数の木を貼り合わせて造っているため無垢フローリングと比較すると断熱性が低くなります。

とはいえ合板フローリングは多くの住宅で採用されていますので、床下には断熱材の施工は欠かせません。

4. 開口部に隙間がある

寒そうな人

ここからは、床に問題がないのに床が冷える原因です。

住宅の暖かい空気は約58%がドアや窓などの開口部から逃げていきますが、もし開口部に隙間がある場合はもっと多くの暖かい空気が逃げていくことになります。

また隙間からは冷たい空気も入ってきて、冷たい空気は床面に溜まりますので床が冷える原因となります。

築年数が経過していて建付けが歪んでいる場合は特に、建付けを直すリフォームをすることで床が冷える現象を解決できる場合があります。

5. 断熱性の低い窓がある

経年劣化した家の窓

最近の新築住宅の窓は断熱性も高くなっていますが、昔の住宅では一枚ガラスの単層窓や断熱性の低いアルミサッシが主流です。

先述していますが、窓などの開口部は室内の暖かい空気が逃げる場所となりますので、窓の断熱性は高めておくほうが暖かく過ごせます。

窓の断熱性が低いと窓際から冷気が伝わり、冷たい空気が床面に溜まります。

断熱性の高い樹脂サッシ+複合ガラスの窓にリフォームするか、内窓を設置することで改善します。

床暖房は床が冷える原因を解決してから!

床で寝る猫

床が冷えるからといって「床暖房を導入すれば解決するのでは?」と考える人もいれば、最初から床暖房をおすすめしてくる業者さんもいます。

結論から申し上げますと、床が冷えるからといって床暖房を設置しても解決はしません。

床暖房をマックスで稼働させたとしても床が冷える原因がある限り、無駄に光熱費がかかるだけなのです。

筆者が実際に体験した古民家宿での体験談をご覧ください。

床暖房の導入は、床が冷える原因を改善してから行いましょう。

床暖房リフォーム費用を無駄なく、さらに光熱費の削減にもつながります!

床が冷える原因まとめ

秋になり少し涼しくなってくると足元が冷えるなぁと感じることが増えてきます。

実は、床が冷える原因は床だけの問題ではない場合も多く、開口部や建て付けなども影響しているのです。

「床が冷える」と感じた時には、早めにリフォーム業者さんに相談をして改善することで、毎年寒くなる季節に床が冷えると悩まされずに済みますよ!

image

床が冷えると感じたら早めにリフォームで改善!

業者

床が冷えると感じたら、真冬になる前に今回ご紹介した原因を改善するリフォームをしておくと暖かい冬を過ごすことができます。
光熱費の削減にもつながりますので、まずは無料で現地訪問をしてもらってどこをリフォームして改善すれば良いか、業者さんに見てもらいましょう

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいていろんな依頼に対応できますので、小さなリフォームでも快く引き受けてくれます。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。