ホットカーペットに下敷きは必要?直置きはフローリングの劣化が進む原因に!

ホットカーペットには下敷きが必要?

ホットカーペットを床の上に敷く際、何か下敷きを敷いていますか?

近年の住宅ではフローリングのお部屋が多いですが、フローリング床の上に直接ホットカーペットを敷くと、フローリングが劣化する可能性があります。

×マークをする人

よくあるホットカーペットが原因で起こるフローリングの劣化は下記の3つです。

・フローリングの反りや割れの原因になる
・フローリングが結露する可能性がある
・フローリングワックスがはがれる可能性がある

フローリング床には特に下敷きになるようなものを敷いて、その上にホットカーペットを敷いたほうがフローリングの劣化を防ぐことができます。

1. フローリングの反りや割れの原因になる

ホットカーペットは冷えやすい床面から暖まり、電気代も安いため冬になると大活躍しますが、実はフローリングに直接敷くのはNGです。

フローリングは無垢材(天然木材)や合板(複数の板を重ねたもの)の2種類がありますが、木でできていますので大変乾燥に弱い材質です。

ホットカーペットは乾燥しますので、フローリングの上に直接敷くことでその下のフローリング材が乾燥して、反りや割れの原因となります。

2. フローリングが結露する可能性がある

リビングなど人が長時間過ごす場所のホットカーペットは、その場で座っている時間も長く体から放出される水分で、ホットカーペットの下の湿度が高くなることがあります。

ホットカーペットの下の湿度が高くなると、フローリングとの温度差により結露が発生します。

まめにホットカーペットを全部めくって乾燥させると良いのですが、大きいサイズだとなかなかそれも難しく、そのまま使い続けるうちにフローリングにカビが発生してしまいます。

床のカビ

フローリングに発生したカビは落とすことが難しいため、張り替えリフォームをするケースがほとんどです。

3. フローリングワックスがはがれる可能性がある

フローリングを保護するためにワックスを塗布しているご家庭も多いですが、ワックスは元々の耐用年数が短く、湿気や熱に弱いというデメリットがあります。

フローリングの上に直接ホットカーペットを敷くとワックスの苦手な熱と湿気が伝わり、ワックスが早くはがれてしまう原因となります。

ホットカーペットの下敷きにおすすめの商品3選!

では、ホットカーペットの下敷きにはどんな商品があるのでしょうか。

一般的に手に入りやすい商品を3つご紹介します。

1. アルミ断熱シート

フローリングにホットカーペットを敷く場合は、アルミ断熱シートを下敷きにしてその上にホットカーペットを敷きましょう。

似た商品として「アルミシート」という商品が売られていることがありますが、必ず断熱効果のある商品を選んでください。

アルミホットンシート出典:アルミホットンシート
商品価格:946円~

断熱効果が高いので、よく暖まり光熱費の削減にもつながります。

2. アルミ断熱マット

こちらは、アルミ断熱シートよりも厚みがあるアルミ断熱マットです。

厚みが約8mmもあるので、シートよりも断熱効果が高く座り心地も良くなります。

お子様がいらっしゃるご家庭の防音対策としても有効です。

3. ホットカーペット対応ラグ

ホットカーペットの下敷きとしてラグなども販売されています。

低反発ラグパッド 下敷き専用|ニトリ
出典:低反発ラグパッド 下敷き専用|ニトリ
商品価格:3,555円~(幅125×奥行180cm)

ホットカーペットの熱をフローリングに伝えにくいので、フローリングの劣化を防ぐことができます。

厚みがある分、保温性と防音効果が高まります。

ホットカーペットの下敷きをせずフローリングが劣化してしまったら?

ホットカーペットの下敷きをせずに使用していて、フローリングの劣化が見られたら下記のリフォームで対処しましょう。

1. フローリングの反りや割れ

フローリングリフォーム

フローリングが乾燥によって反りや割れが出た場合、その部分だけリフォームできる場合があります。

他のフローリングとの段差や色の違いが出ないよう、フローリング張り替えリフォームの施工経験が豊富な業者さんを選びましょう。

分譲タイプのマンションでは、管理規約によってフローリングの張り替えに制限が設けられている場合があります。

部分リフォームでも全面張替えリフォームでも、まずは管理組合にリフォームの内容を伝えて、許可をもらってください。

2. フローリング・畳のカビ

フローリングにカビが発生した場合、まだ範囲が狭くカビの量が少ない状態であればアルコール除菌スプレーで落とせることもあります。

ただし、アルコール除菌スプレーを使った場合はワックスがはがれたりフローリングの艶がなくなってしまうなどのリスクもありますので、注意が必要です。

また、畳の上に直接ホットカーペットを敷いた場合も畳が結露してカビが発生する可能性があります。

3. フローリングのワックスがはがれた場合

フロアコーティング

フローリングのワックスがはがれた場合は、ワックスを一度すべて剥離して再塗布をする必要があります。

フローリングのワックスはホットカーペットを直接敷いた場合でなくても耐用年数が短いので、費用がかかりますが、より長持ちするフロアコーティングという方法もご検討してみてください。

ホットカーペットの下敷きの重要性まとめ

床暖房

ホットカーペットを敷く場合には床材がどんな材質であれ、下敷きを敷いておくほうが安心です。

断熱タイプの下敷きを使うことで、断熱性アップと省エネ効果も高まりますし、床材の保護効果もあります。

床リフォームの予定がある方は、ホットカーペットよりも断然暖かい床暖房などを検討されてみても良いですね!

image

フローリングリフォーム費用を一括見積り!

業者

フローリングリフォーム費用の見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。
フローリングの部分補修や全面張り替えリフォームなど、施工経験豊富な業者さんに依頼するとドア下との干渉がなく仕上がるなど、美しく丁寧に仕上げてくれます。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。