フローリングの色を変える5つの方法

フローリングの色

フローリングは範囲が広い分、色によってお部屋の印象がガラリと変わります。
近年の住宅では多くがフローリングを取り入れていますが、日焼けによる色あせなどフローリングが傷んできた場合には、補修とともに色を変えてみませんか?
今回は、既存のフローリングの色を変える5つの方法をご紹介します。

フローリングの色を変える5つの方法

フローリングの色を変えるには、下記の5つの方法があります。

・クッションフロアに張り替える
・フロアタイルに張り替える
・ウッドカーペットを敷く
・フローリングに塗装をする
・フローリングを張り替える

フローリングそのものを違う色のフローリングに張り替える方法が最も費用が高くなりますが、完成度が高く見た目の仕上がりも美しいです。

では順番に詳しくみていきましょう。

1. クッションフロアに張り替える

クッションフロア

既存のフローリングの上から違う色のクッションフロアに張り替える方法です。

6帖のフローリングをクッションフロアに張り替える場合の費用目安は約6万円程度で、ご自身でDIYをすればもう少し費用は安くなります。

クッションフロアは色やデザインのバリエーションが豊富で、賃貸住宅でも原状復帰がしやすく、お手軽にイメージチェンジができるので人気です。

1-1. クッションフロア張り替えのポイント

フローリングをクッションフロアに張り替えるポイントは下記です。

1-1-1. 既存のフローリングを丁寧に掃除しておく

フローリング

既存のフローリングに汚れやゴミがある上からクッションフロアを施工すると、カビや虫が発生する原因となります。

掃除機でゴミを吸い取ったら固く絞った濡れ雑巾で拭き掃除をし、乾拭きしてよく乾燥させておきましょう。

1-1-2. クッションフロアのつなぎ目部分の柄を合わせる

クッションフロアは一枚で部屋全体の床に敷くことはできませんので、複数枚をつないで張っていきます。

つなぎ目が自然に見えるよう、柄を合わせて張っていきましょう。

1-2. クッションフロアのチープさを抑えるには?

クッションフロアは塩化ビニル素材でできており、見た目の高級感が出にくいのがデメリットですが、デザイン選びによってチープさを抑えることはできます。

住宅用クッションフロア ウッド|壁紙屋本舗出典:住宅用クッションフロア ウッド|壁紙屋本舗
商品価格:999円~(巾91cm×100cm単位)

・フローリング調の場合は、賃貸住宅に多い細い板のデザインではなく太目の板デザインが落ち着いて見える

・色は家具や柱の色と同系色にして統一感を出す

・フローリング調でなくても良ければ、大理石調は高級感が出やすい

上記のポイントを意識してクッションフロアを選ぶだけでも、ずいぶんチープさが和らぎます。

最近のクッションフロアは高級感のあるデザインも多いので、お部屋のインテリアテイストに合わせて選んでみてくださいね。

2. フロアタイルに張り替える

既存のフローリングの上から違う色のフロアタイルに張り替える方法です。

フロアタイルもクッションフロアと同じく塩化ビニル素材でできていますが、クッションフロアより高級感があるので人気があります。

image画像提供:フロアタイル|東リ

出典:フロアタイル|東リ
商品価格:3,900円/㎡

大理石などのストーン柄が人気ですが、フローリングに似た木目調デザインもあり、既存のフローリングの色をお手軽に変えられます。

クッションフロア同様、施工前にフローリングを綺麗に掃除して良く乾燥させてから施工していきましょう。

こちらも貼って剥がせる糊を使用すれば、賃貸住宅でも施工ができます。

3. ウッドカーペットを敷く

既存の上から違う色のウッドカーペットを敷く方法です。

天然木材を使用しているものから合板素材まで予算に合わせて選ぶことができ、和室を洋室にリフォームしたい方に人気があります。

ウッドカーペット|ニトリ出典:ウッドカーペット|ニトリ
商品価格:9,250円~

フローリングの上から施工する際は、ウッドカーペットの厚みに注意しましょう。

ウッドカーペットは木製なので、クッションフロアやフロアタイルよりも厚みがあります。

特に無垢材などの天然木材は厚みがあるものが多いので、ドアの開閉に支障のないようサイズをきちんと測ると安心です。

もしウッドカーペットを購入してしまったあとでドアに干渉することが判明した場合は、ドアの蝶番の調整やドアをカットする方法もあります。

4. フローリングに塗装をする

フローリングの色を変える方法として、既存のフローリングに塗装を施す方法もあります。

塗装といっても壁を塗るようなペンキではなく、木目を残しつつ色を変えられる「ステイン系塗料」を使用します。

ステイン系塗料には「オイルステイン」や「水性ステイン」があり、それぞれ下記のような特徴があります。

ステインの種類特徴
水性ステイン・安価で色のバリエーションが豊富
・匂いが少ない
・取扱いが容易
オイルステイン・水性ステインより高価
・木材によく染み込むのできれいに染まる
・匂いがきつい
・光沢が出やすい

フローリングを保護する効果は低いため、どちらもニスやワックスの上塗りが必要ですが、木目の美しさを残しつつ色を変えることができます。

4-1. 既存フローリングの状態を確認

業者

フローリングに塗装をするためには、既存フローリングの状態を確認する必要があります。

チェックポイントは下記です。

・無垢フローリングか複合フローリングか
・無塗装か表面が塗装やコーティングされたものか

既存のフローリング材の種類と塗装など表面に加工されているかによって、色を変える際に使用する塗料の種類が変わりますし、施工手順も変わってきます。

素人では判断が難しいので、フローリングの塗装の際は施工経験豊富な専門業者に依頼したほうが安心です。

色ムラなどもなく均一に塗装してくれるので、仕上がりや塗料の持ちが断然変わります。

4-2. 下処理が大切

フローリングの塗装は、下処理が大切です。

既存のフローリングにワックスが施工されている場合は、丁寧に剥離してフローリングの表面を補修したあと塗装という手順になります。

日焼けやよく歩く場所の剥がれなどがある場合、そのまま塗装をすると塗りムラや塗料のはがれに影響しますので、細かくサンドペーパーで表面を整えていく作業も必要です。

5. フローリングを張り替える

フローリングの張り替え

既存のフローリングの劣化が激しい場合は、補修などの手間などを考えるとすべて張り替えたほうが施工費用が安く収まる場合もあります。

一般的にフローリングの寿命は約15年~20年です。

フローリングが剥がれたり色あせするなど見た目の劣化だけでなく、下地材が傷んでいる可能性も高くなりますので、既存のフローリングを撤去して下地材の状態も見ておく方が安心です。

フローリングをすべて張り替える場合は色や材質も替えることができるので、イメージも一新できますし、新築のように美しい状態に生まれ変わります。

image

プロに依頼してフローリングの色をお得に変えるには?

業者

フローリングの色を変えるにはDIYでもできないことはありませんが、下地の補修や下処理など、範囲が広いだけに時間と手間がかかります。
フローリング塗装の場合は色ムラもできて失敗するケースも多いので、プロの業者さんに依頼したほうが美しく早く仕上がります。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。