ホームジムの設置費用:初級編から上級編までご自宅に合わせて設置できます

運動をする人

ホームジムを設置して、毎日の運動不足を解消しませんか?
今回は、10万円未満で設置出来るホームジムから、スポーツジムのような本格的なホームジムの設置費用までご紹介します。
ホームジム設置の注意点なども解説しています。

ホームジムの設置は実はお得なんです!

ホームジムの設置には費用がかかってあまりメリットもないのでは?と思われる方もいらっしゃいますが、思い立ったらすぐに運動が出来る環境というのはとてもメリットがあり費用面でもお得なんですよ!
参照:ホームジムのメリット・デメリットをご紹介!運動不足には毎日トレーニングできるホームジムが最適ですよ

では、実際にホームジムの設置費用をご紹介していきます。

1. ホームジムの設置費用

ここでは、ホームジムの設置費用をトレーニングマシンの種類別に初級・中級・上級に分けてご紹介します。
トレーニングマシンは一例ですので、お部屋の広さやご予算に応じて組み合わせて導入してみてください。

トレーニングマシンの数が増えたり、大型で重量もあるものを導入すると、住宅の強度を上げるためのリフォーム工事が必要になりその分費用がかかります。

どの規模のホームジムにも共通する点は、床にはゴムマットを敷いて安全対策・防音対策をしておく点ですので費用に追加しておきましょう。

ジョイントマット|ファイティングロード出典:ジョイントマット|ファイティングロード
商品価格:1,500円~(一枚あたり)

1-1. 初級編

ホームジムといっても、簡易のマシンだけを取り入れれば設置費用も安く抑えることが可能です。

初級編では、ベンチとダンベルがあればトレーニングが可能ですし、設置スペースも130cm四方あれば十分です。

ハードベンチ|ファイティングロード出典:ハードベンチ|ファイティングロード
商品価格:11,000円~

・本体サイズ:W62cm×D126cm×H85~105cm

設置場所リフォーム費用目安トレーニングマシンの種類と価格目安
部屋の一角0円・ベンチ 約1.2万円~
・ダンベル 約0.4万円~
・ランニングマシン 約5.5万円~

1-2. 中級編

中級編では、いくつかのトレーニングマシンを組み合わせてみましょう。
複数台設置するためスペースが必要になってきます。
大きめの部屋であれば部屋の一角に設置も可能ですが、できれば小部屋をホームジム専用ルームとして使えると使い勝手が良くなります。

・キングベンチ:W130cm×D137cm×H100~130cm
・バーベル:100kg~140kg
・バーベルシャフト:180cm(10kg)

設置場所リフォーム費用目安トレーニングマシンの種類と価格目安
・部屋の一角
・4~6帖程度の小部屋
床補強した場合 約1.2万円/坪・ハーフラック 約9.5万円~
・ベンチ 約7.5万円~
・ホームビルダーセット 約3.6万円~

1-3. 上級編

上級編では、複数のトレーニングマシンに加え、天井からぶら下げるサンドバッグなども備えたスポーツジム並みのホームジムを作る場合を想定します。

トレーニングマシンの重量に耐えられるよう、1階部分の駐車場や土間コンクリート部分にホームジムを設置すると安全性が高まります。
参照:土間のメリット・デメリットを知って使い勝手の良い土間を取り入れましょう

・サイズ / 重量:W120cm×H220cm×D137cm / 82kg
・耐荷重:バーベル 150kg、ケーブルトレーニング 90kg

設置場所リフォーム費用目安トレーニングマシンの種類と価格目安
・駐車場
・土間コンクリート
・部屋を解体して土間仕上げ:約100万円~
・床や天井の補強工事:約1.2万円/坪
・マルチステーションジム 約7万円~
・サンドバッグ 約5.4万円~

本格的なホームジムを設置したい場合は、ぜひ全身が映る鏡を設置しましょう。
フォームの確認が出来ます。
参照:大型ミラー取り付けの注意点や費用目安

2. ホームジム設置費用の盲点

2-1. 床の強度

鏡のあるホームジム

ホームジムを設置するためには、床の強度の確認が大切です。
先述したトレーニングマシンの一例をご覧いただくと、重量が100kg以上あるものが一般的です。
それを複数台導入するような本格的なホームジムでは、床の耐久性が不安になります。

床コンクリートにリフォームしてホームジムを設置すると安心です。
もちろん、設置の際にはゴムマットを敷いて安全性と防音対策をしておきましょう。

2-2. 入口の広さ

大型のトレーニングマシンを購入したものの、部屋の入口から入らないというケースもあります。
購入前に入口の大きさとトレーニングマシンの大きさを確認しておきましょう。

トレーニングマシンは重量があるため、購入店舗のスタッフさんに運んでもらうほうが安心です。
ネットショッピングで購入した場合はご自身で部屋まで搬入しなければいけない可能性もありますが、安全のためにも必ず2~3人で運搬してください。

2-3. 床が水平であること

駐車場

駐車場や土間コンクリートは水はけを良くするため、少し傾斜をつけていることがあります。
ホームジムの場合は、床が水平でないと体に歪みが生じたりトレーニングマシンが倒壊する危険性もあるため、リフォームの際は水平な床になるよう注意しましょう。

3. ホームジム設置の注意点

ホームジム設置の際の注意点は、騒音問題です。
パワーラックなどの金属部分はかなり大きな音が響きます。

実際に筆者が通っているスポーツジムでは、トレーニングマシンのそばに「近隣から音漏れの苦情が出ています」と張り紙があり、マシンを静かに扱うよう注意されています。

ダンベルなどを床に下ろす際は静かに置くようにしたり、バーやラックの接触部分にゴムやスポンジをまくなど、音を軽減する対策をしておきましょう。

image

ホームジム設置費用を一括見積り!

体を鍛えている業者

ホームジム設置費用の見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
リフォームを依頼する際は、どの規模のホームジムを設置したいかを事前に伝え耐荷重量などを相談しておくと安心です。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。