床リフォームに最適な床材(フローリング材)を選んで足の負担軽減

image

足が段々と弱くなってきた、膝関節に痛みを抱えている、そんな悩みを解決するために床リフォームで床材(フローリング材)を見直してみませんか。
実は床の種類によって足に負担がかかる床とあまり負担のかからない床があります。
通常の状態であればどんな床でも過ごせますが、足に問題を抱えている場合は少しでも負担の少ない床の方が嬉しいですよね。
今回は膝にやさしい床についてお伝えしたいと思います。

image

どのような人にお勧めの床リフォームか

膝にやさしい床材(フローリング材)はどのような人に向いているのでしょうか。
まず挙げられるのが足が弱っている等、足に不安を抱える人たちです。
床を見直すことで日常生活の中の足への負担を軽減することができます。
次に挙げられるのが、室内でダンスなど激しく体を動かす運動をする人たちです。
床の上で長時間激しい運動をしていると、膝への負担も強く、若い人でも膝を痛めてしまう場合があります。
これらの二点どちらかに当てはまる場合は床について考えてみるのもいいでしょう。

image

床から膝にかかる力とは……反発係数(はねかえり係数)との関係

床からかかる力は床の反発係数によって決まります。
物理の時間に見たことがあるかも知れませんが、反発係数は以下の式で求めることができます。

image

image

反発係数は床の種類ごとに異なり、この反発係数の値が小さい程膝にかかる負担が小さくなります。
ゴムボールをイメージしてみると分かりやすいかと思います。
ゴムボールを落として大きく跳ね返る床は反発係数の大きい床、あまり跳ね返らない床は反発係数の小さな床になります。
反発係数の小さな床は、ものがぶつかったときの衝撃を吸収してくれるので、歩く際も膝にかかる力を軽減してくれます。
反発係数を下げることが膝への負担を減らすことにつながります。

image

お勧めの床リフォームは

膝への負担を軽減するためにはどんな床材を選んだら良いのでしょうか。
某リフォーム番組で膝に優しい床が説明されていたのでご紹介したいと思います。
結論から言うと、「クッション性があり、表面は堅いのが理想」ということで、アクリルゴムの上にパイン材を張っていました。
ゴムによるクッション性があるが、表面は堅いので歩きやすいのだそうです。

image

事前にどの材料が合うか歩いて試してみましょう

床を決める時にぜひ試してほしいことが実際に歩いてみることです。
アクリルゴムの上に板を張るにしても、パイン材が歩きやすい人もいるし、檜や杉が合う人もいます。
どれが自分の足に合うのか歩いて試してみることをお勧めします。

image

◆パイン材
日本語でいえば松です。
木目や節等の素朴な模様から安心を感じることができます。
比較的やわらかい木材で、比重が重く強度に優れているのが特徴です。

image

◆檜材
神社などでよく使われているのを見かけます。
耐久性、保存性に優れています。
防腐・抗菌効果が高く、香りが強いという特徴があります。

image

◆杉材
日本で最も多く植林されている木です。
柔らかく、断熱性・吸放湿性に富んでいます。
また空気の浄化作用もあります。

最後に

日常生活の中で慣れてしまっているので、普段はあまり気にしないかもしれませんが、床からの跳ね返りの力は知らずに足に負担をかけてしまっているかもしれません。
この機会に足に負担の少ない床を考えてみてはいかがでしょうか。

image

足に負担の少ない床リフォームの匿名見積もりが可能

image

床リフォームをご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、床リフォームに対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image

見積り依頼は無料です。お気軽に利用して、真面目な業者さんを探してみましょう!

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。