フローリングで滑ると大きな怪我の危険あり!滑る原因と滑りにくい床材4選

滑りやすそうなフローリング

フローリングで滑ると、転倒しやすくなり大変危険です。
ここでは、フローリングが滑る原因や滑りにくい床材について解説します。
寒くなって「靴下を履くようになるとフローリングで滑る」という方もいらっしゃいますが、フローリングの材質やワックスのはがれなどを見直して、転倒リスクを極力減らす工夫をしておきましょう。
滑るフローリングはペットやお子様・高齢のご家族の足腰の負担にもつながりますよ!

フローリングが滑る原因とは?

フローリングが滑るようになる原因にはいくつかありますが、主な原因は下記の4つです。

・ワックスのはがれ
・キッチンの油汚れ
・水濡れしやすい
・スリッパや靴下などが滑りやすい

順番に詳しく見ていきましょう。

1. ワックスのはがれ

ワックス塗布

フローリングにワックスを塗布している方も多いですが、ワックスの耐用年数は短く、数年に一度は再塗布をしないとはがれてきます。

ワックスが剥離している部分はフローリング材がむき出しになってしまうのですが、このフローリング材部分が滑る原因となります。

ワックスのはがれは目で見てすぐに分かりますので、「はがれてきたな」と思ったら再塗布メンテナンスをしておきましょう。

フローリングの劣化を防ぐことができ、滑りにくくなります。

2. キッチンの油汚れ

オープンキッチン

キッチンがフローリングだったり、キッチンに隣接するダイニングやリビングでは、キッチンからの油汚れが飛び散って滑りやすくなることがあります。

また、ダイニングで焼肉などの油を使うお料理をした場合にもフローリングに油が飛び散ります。

油を使う料理をした場合には、中性洗剤をつけた雑巾やフローリングウェットシートなどですぐに油汚れを拭き取っておきましょう。

放置しておくとフローリングで滑るだけでなく、油汚れにほこりがついて落としにくい頑固な汚れにつながり不衛生になります。

3. 水濡れしやすい

対面式オープンキッチン

LDKに設置されたアイランドキッチンのようなオープンキッチンで起こりやすいのがフローリングの水濡れです。

アイランドキッチンのようなオープンキッチンは基本的に、キッチンカウンターの上にパネルなどがありませんので、水の使い方によっては水はねをしてフローリングが水濡れする原因になります。

立ち上がりのあるキッチンカウンター

水濡れしたフローリングは滑りますので、気になる場合はキッチンカウンターにパネルを取り付けておくと良いでしょう。

4. スリッパや靴下などが滑りやすい

スリッパを履く人

こちらは、冬など寒くなる季節に履く機会の増えるスリッパや靴下などでフローリングを歩いた場合に滑る、というものです。

これはフローリングには原因はありませんので、「靴下だけで歩かない」「滑り止め加工が施されたスリッパに変える」などで簡単に解決できます。

余談ですが、筆者宅のスリッパには滑り止め加工がされており洗濯機で丸洗いができるので、定期的に洗濯をして使い、約2年に一回程度処分して新しいものを購入しています。

毎日履くスリッパは汚れやすいので、お手頃価格で洗濯できる素材のものを使ってまめに交換しています。

フローリングが滑るとこんなに危険!

手すりにつかまって歩く高齢者

フローリングが滑るといっても「ツルッと滑りそうになった」程度であれば特に危機感は感じませんが、何度も滑りそうになったり実際に転倒してしまった場合は下記のようなリスクが考えられます。

・体の歪みにつながる
・転倒した際に骨折などの危険性がある
・転倒した際に家具などに頭や体をぶつける
・ペットの足の負担になる
・お子様の怪我の危険性がある

現在フローリングが滑ると感じている場合は、早めに何か対策をしておいたほうが安心です。

滑りにくいフローリングってあるの?

悩む人

床材にフローリングを採用したい場合に滑り止め効果の高いものは下記です。

・合板フローリングより無垢材フローリング
・フローリングデザインのクッションフロア

フローリングにこだわらないのであれば、下記の2つの材質が滑りにくくておすすめです。

・コルクマット
・滑り止め加工されたタイル

1. 無垢材フローリング

床材にフローリングを採用したい場合には、合板フローリングよりも無垢材フローリングのほうが滑りにくくて安心です。

無垢材フローリングは天然木材ですので、合板フローリングと比較すると施工費用が高くなってしまいますが、自然素材が持つ暖かみと経年美化を楽しむことができて根強い人気があります。

1-1. 無垢材の中でも「浮造り(うづくり)フローリング」がおすすめ

無垢材フローリングを採用する場合は、表面にわずかな凹凸を残した「浮造り(うづくり)フローリング」がおすすめです。

「浮造り(うづくり)フローリング」とは、フローリングの表面をこすることで年輪を浮き立たせる加工を施した無垢材フローリングのことを言います。

適度な凹凸が足裏を刺激するため健康的で、滑り止め効果もあります。

2. フローリングデザインのクッションフロア

フローリングデザインのクッションフロア

クッションフロアにもフローリングと見間違うほどの精巧なデザインの商品があります。

材質はクッションフロアですのでクッション性があり、滑りにくい加工が施されているものであれば足腰への負担も少なくて済みます。

施工費用も安価ですので、万が一リフォームしたい場合にも費用を抑えることができます。

3. コルクマット

コルクマット

特にフローリングにこだわらない場合は、コルクマットは滑りにくく足腰への負担もないため、特に高齢者やお子様・ペットのいるご家庭におすすめです。

コルクマットは一定の大きさのものをはめ込むジョイントタイプですので、汚れた場合でもその部分だけを交換でき、リフォームの費用が安く抑えられます。

4. 滑り止め加工されたタイル

タイルはツルツルしたイメージですがいろんな種類があり、表面がザラザラとしたタイプは滑りにくいです。

浴室やトイレなどの水回りにも採用されるほどの滑りにくさがあるので安心できる材質です。

フローリングで滑る原因と滑りにくいフローリングまとめ

フローリングで滑ると転倒してしまうなど思わぬ家庭内事故が起こり危険です。

また、よく滑るフローリングは移動の際に無意識に足腰に力が入ってしまい体の歪みを引き起こしたり体を傷める原因になることも。

自然に移動ができるよう安全性の高い滑りにくいフローリングを採用して、家庭内事故を未然に防ぎましょう!

image

フローリングリフォームをご検討中の場合は?

業者

フローリングリフォームをご検討中の場合は、一括見積りが便利です。
リフォームする床材によっては費用も安く抑えられますので、どのような機能が欲しいか内装専門業者さんに相談してみましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。