フローリング張替え|DIYと業者の張替え価格や仕上がりの違い

フローリングを張替えるには

image

フローリングを張替えるには、自分でやる方法(DIY:Do It Yourself)とリフォーム業者に依頼する方法があります。今回はDIYでやるフローリング張替えと、業者に依頼するフローリング張替えについてそれぞれのフローリング張替え価格や仕上がりなどの違いを詳しく解説します。
ご自身にあった方法で、フローリング張替えをしてください。

フローリングの床下構造を知ろう

フローリング張替えを自分でやる場合はもちろんですが、リフォーム業者に依頼する場合でも、フローリングの床下構造を知ることは重要です。
フローリング張替えの概要を知ることで、業者さん依頼するときにしっかりと希望を伝えることができます。

■戸建て住宅のフローリング床構造

【根太貼り工法】
根太の上に直接接着剤と釘を使って、フローリングを貼る工法です。
【捨て貼り工法】
根太の上に合板などを下貼りし、その上にフローリングを貼る工法です。合板を下貼りすることで床の構造がより安定し、床下からの湿気に強くなります。

■捨て貼り工法の画像

image根太の上に下地となる合板を貼っています

image下地の上にフローリング材が貼られています

■マンションのフローリング床構造

【直貼り工法】
マンションの構造体である鉄筋コンクリートの上にモルタルを塗り、その上に直接フローリングを貼る工法です。
【二重床工法】
鉄筋コンクリートの上に支柱を立て、合板などを下貼りして、その上にフローリングを施工する工法です。床と鉄筋コンクリートの間に空間ができるので、遮音性や断熱性に優れています。

■二重床工法の画像

image

一般的に戸建て住宅でフローリングのすぐしたに合板(下地)があれば「捨て貼り工法」ですし、合板(下地)がなければ根太貼り工法です。
マンションの場合は管理組合に確認することが最も確実ですね。
フローリング張替えする場合はフローリングだけ張替えるのか、下地や根太も張替えるのかを確認しなくてはなりません。
下地や根太が腐っていたり傷んでいれば、必ずフローリングと一緒に張替えましょう。

DIYでやるフローリング張替え価格

■フローリング張替えに必要な材料と価格(6帖)


1、フローリング材(3坪分):15,000円〜60,000円
2、フロア釘(1kg):500円
3、ボンド(1kg):2,000円
4、釘締め:500円
5、のこぎり:2,000円
6、メジャー:500円
7、ゴムハンマー:2,000円
フローリング張替え材料代合計22,500円67,500円

image

image

image価格は参考価格です

フローリング張替えの材料価格は、フローリング材の価格によって大きくかわります。
低価格のフローリング材を購入したい場合は、ホームセンターなどで時々特価で売っているB級フローリング材(2,980〜3,980円/坪)が最も安いでしょう。
根太や下地を張替える場合は、ホームセンターで根太用角材と下地用合板で約15,000円程度で購入できます。

■フローリング張替え手順

1、古い床材を剥がす
2、下地を平らにする
3、下地にボンドを塗る(ボンドを塗ることで床鳴りが抑えられる)
4、フローリング材を部屋の角から順番にフロア釘をうって貼っていく
なれない場合は、1日から2日はかかるでしょう。サイズを測ってカットしたり、釘をうったりなどはかなりの肉体労働です。
また、長時間のしゃがみっ放しなので、足腰が痛くなりますのでご注意を!

業者がやるフローリング張替え

■業者のフローリング張替え価格(6帖)

フローリング張替え価格
ホームセンター55,000円
フローリング張替え専門店60,000円
内装工事店75,000円
工務店100,000円


この価格は下地や根太張替えを含まない、フローリング張替えの最低価格です。
当然フローリング材により価格はかわります。
上記価格も業者によって見積りに使っているフローリング材が違うので、一概に比較できません。
また業者によっては、別途処分代や雑費がかかる場合もあるので注意が必要です。
見積り時に細かく確認しましょう。

■フローリング張替えの工期

6帖の場合で、大体半日〜1日作業で完成します。

フローリング張替えを自分でやるのと業者がやる違い

フローリング張替えをDIYでやった場合と、業者に依頼した場合にもっとも違うのは、「価格」と「仕上がり」です。
フローリング張替えにかかる価格はプロに依頼すると倍近くかかりますが、やはりプロの仕上がりは違います。特に部屋の隅の仕上がりや、フローリングのカット面の仕上がりがプロと素人では大きな違いがあります。

image自分でやったフローリング張替えで失敗しやすいポイント

DIYでフローリング張替えをやった場合のメリット
・価格が安い

DIYフローリング張替えをやった場合のデメリット
・仕上がりが悪い(個人の力量による)
・大変な重労働(作業自体は単純ですが、本当に大変です!)

image

時間に余裕があって、DIY好きであれば間違いなく自分でフローリング張替えをやってみるのもよいでしょう。しかし比較的忙しくて、価格を安くするためだけにDIYでフローリング張替えをしようと思っているなら、やめた方がよいです。
安くフローリング張替えをやってくれる業者さんを探した方がいいでしょう。
フローリング張替えを自分でやるか、業者に依頼するかを悩んでいるなら、まずは業者に概算見積りを依頼しましょう。
そして次にホームセンターに行って、必要な材料にかかる費用を計算してみてください。
その差額で検討されると答えはでますよ。

image

フローリング張替えを業者に匿名で一括見積りできる「家仲間コム」
          フローリング張替えの匿名見積りをする

image