自分でフローリング補修とプロのフローリング補修の価格

フローリング補修とは?

image

フローリングは木でできているため、物を落としたり家具を引きずったりすると傷がついてしまいます。フローリングのキズはリビングなどの場所により、とても目立ってしまいます。
それらのキズを目立たないように補修することが、フローリング補修です。また、フローリング補修など補修のことを「リペア」ともいいます。
フローリングは部分的に張り替えることは可能ですが、同じフローリングを探す手間もかかり、同じフローリングでもロット違いや色あせにより全く同じ色というのは不可能です。
つまり、張り替えが必要なほどの大きなキズでなければ、フローリング補修した方が安いし目立たないというメリットがあります。

自分でやるフローリング補修

自分でやるフローリング補修に使う材料はホームセンターなどで購入できます。フローリング補修材の中で、「かくれん棒」が有名です。その「かくれん棒」を使ってフローリング補修が可能です。
出典:株式会社建築の友

■浅いキズやキリキズのフローリング補修

【材料価格】
かくれん棒 370円 × 2色 = 740円
(「かくれん棒ミニヘラ付き4色セット」 940円 もあります。)

【フローリング補修の流れ】

image

1、フローリングと同系色のかくれん棒をキズと直角にすり込みます。

image

2、はみ出したかくれん棒をキズと平行にヘラでこすりとります。

image

3、布でキズのまわりに付いたかくれん棒をふき取ります。

image

4、木目と同系色のかくれん棒で木目と平行に描きます。

image

5、描いた木目を指で木目と平行にこすってぼかして完成です。

■深いキズや凹みキズのフローリング補修

深いキズや凹みキズの場合、お手軽に行うフローリング補修方法と本格的に行うフローリング補修方法があります。

お手軽フローリング補修編

【材料価格】
かくれん棒フローリング用 420円
住まいのマニキュア 420円
合計価格 840円

【お手軽フローリング補修の流れ】

image

1、フローリングと同系色のかくれん棒をドライヤーで温めます。

image

2、軟らかくなったかくれん棒をキズに埋めます。

image

3、上からドライヤーをあてて、かくれん棒を溶かします。

image

4、キズからはみ出したかくれん棒をヘラでこすりとります。

image

5、キズのまわりに付いたかくれん棒をドライヤーで溶かしながらふき取ります。

image

6、木目を住まいのマニキュアで描いて完成です。

本格フローリング補修編

【材料価格】
かくれん棒プロ 440円
かくれん棒プロ 耐熱保護ジェル 440円
かくれん棒プロ つや消用ウール 310円
かくれん棒プロ 木目書きペン 440円
かくれん棒プロ 電熱補修コテ 2,200円
合計価格 3,830円
(「かくれん棒プロ フローリング補修セット」 4,710円 もあります。)

image

1、フローリングと同系色のかくれん棒プロをコテで溶かしながらキズに埋めます。

image

2、保護ジェルでまわりを保護します。

image

3、コテを使って平に仕上げます。

image

4、キズからはみ出したかくれん棒をヘラでこすりとります。

image

5、木目書きペンで木目を描きます。

image

6、ツヤ消しでツヤを消して完成です。

プロがするフローリング補修

image

プロの行なうフローリング補修は、フローリングについたキズ、ヘコミ、変形、シミなどを新品フローリング同様に補修します。リフォームとは違いフローリングを交換するのではなく、補修材を使用して補修します。
フローリング補修のメリットは、フローリング張替えなどの大規模なリフォームではなく、小規模な補修作業のみで施工できます。つまり時間とコストを大幅に抑えながら限りなく元に近い形に修復します。
それはもう、職人の世界です!
フローリング以外に、建具や家具などの補修も可能です。

プロによるフローリング補修の費用

フローリング補修業者に価格を問い合わせてみると、人工(にんく:職人さんの一人あたりの時間での計算。職人さんの日当のような計算方法)での見積もりでした。

時間価格
A社半日作業

1日作業

15,000円~

30,000円~

B社9時~17時28,000円
C社9時~17時45,000円~
D社2時間以内

時間超過分1時間あたり

25,000円~

6,000円

E社9時~17時

時間超過分1時間あたり

30,000円

4,000円

上記価格には基本価格です。キズの具合により追加料金が発生します。その他駐車場代など実費精算が発生する場合もあります。

小さい傷であれば、一日で5〜10箇所程度補修できるようです。
つまり、どうせ依頼するのであれば一箇所だけでなく、まとめお願いした方が良いですね。
また、フローリング補修は職人さんの腕によって、仕上りは違います。安ければよいという訳ではなさそうです。職人さんの技術を含め、依頼する業者さんを検討する必要があります。

業者さんや条件により、価格はかわります。お近くの業者さんにお問合せください。
↓内容を匿名で書き込むだけで、見積もり依頼ができて便利!
直接頼める近所の業者さん検索>>

フローリング補修を依頼した方の感想

Aさん
フローリング、階段、ドアに傷があり修繕業者にお願いしました。
フローリングも階段もどこが傷だったのか全く分からない程で、本当に見事です。
以前、自分で傷付けた所をパテで補修していましたが、そこも修繕して下さいました。

Bさん
フローリングに結構目立つ傷をつけてしまい、フローリング補修業者に補修を依頼しました。
作業時間は3時間ほど終了しました。補修後、キズがあったであろう辺りをいたる角度からみましたが、全く判りませんでした。これには本当におどろきました。さすが職人技です。フローリングのキズが気になっている方は、フローリング補修することをお勧めします。


感想はあくまで個人的なものですが、フローリング補修においては満足度は比較的高そうです。

※本記事に書かれている価格は全て税抜き価格です。また、商品情報等は2008年9月現在のものです。