【費用例あり】キッチンリフォームの収納位置は高さと動線に注目!

対面キッチン

キッチンは思っている以上に物が多く、収納が少ないと大変困る場所です。
かといって収納が多ければ良いかというとそうでもなく、収納するものや最適な収納位置にないと使い勝手が悪くなってしまうのです。
今回は、キッチンリフォームの際に役立つ収納位置にスポットを当ててご紹介します。

キッチンの収納位置を決めるポイント

キッチン収納は多ければ多いほど良いというわけではありません。
適切な場所に適切な位置で存在しなければ、結局何も入れていないか何もかもぐちゃぐちゃに入れているいう状況を生み出します。

では、キッチンの収納位置を決めるにはどういうポイントに気を付ければ良いのでしょうか。

1. 高さは重要

手を伸ばしても届かない高さにキッチン収納があったらどうでしょう?
そこに収納したものを使わないか、その部分には収納しませんよね。
これではせっかくの収納が無駄になってしまいます。

最もキッチンを使う頻度が高い人を基準にして、収納の高さを決めることが大切です。

吊戸棚

キッチン収納リフォームで最も候補に挙がるスタイルが「吊戸棚」です。
吊戸棚とは天井や壁に取り付ける棚のことで、空間の上部を有効活用出来るためキッチンや洗面所・玄関などに幅広く採用されている収納スタイルです。

では、吊戸棚はどれぐらいの高さが最適なのでしょうか?

一般的に使いやすい位置は、目の高さから15cm程下がったところを吊戸棚の下部とし、吊戸棚本体の高さは約70cm程度と言われています。

各メーカーの吊戸棚は下記のように4種類のサイズを展開していることが多いので、使いやすい高さを選ぶことが出来ます。
吊戸棚|クリナップ出典:吊戸棚|クリナップ

吊戸棚は物が取りにくいと感じる方は、昇降式の吊戸棚はいかがでしょうか?
昇降式中吊戸棚|NASLUCK出典:昇降式中吊戸棚|NASLUCK

昇降式吊戸棚を設置する場合の価格相場は、本体代と設置費用を合わせて3万円~22万円です。
既存の吊戸棚を昇降式吊戸棚にリフォームする場合の設置費用は2万円程度、新しく設置する場合は下地補強が必要になりますので5~10万円程度かかります。

2. 動線を考えて収納位置を決める

収納はどこにでもあれば良いというわけではありません。
料理や片づけは段取りが大切ですのでキッチンには効率の良い動線が求められ、もちろん収納にも当てはまります。

キッチン家電の収納位置

使う頻度の多い炊飯器・オーブンレンジ・湯沸かしポットなどは開閉しやすく取扱いやすい位置に収納します。
これらのキッチン家電は蒸気が出ますので、出来るだけ換気扇の近くに置いて蒸気が逃げやすい状態にしておきましょう。

おすすめリフォームは、キッチンに背面カウンターを設置し腰辺りの位置をオープンスペースとして、そこによく使うキッチン家電を置くリフォームです。
振り向けば手の届く位置にキッチン家電があるので、使い勝手も動線も良くなります。
キッチン周辺収納|クリナップ出典:キッチン周辺収納|クリナップ
商品価格:155,000円~371,000円

家仲間コムでの過去の施工事例

キッチンカップボードを設置したいとのご要望がありました。
シンクや作業台と高さを合わせた背面カウンターには、カップボードとキッチン家電を置けるオープンスペースができました。

調理器具の収納位置

フライパンや鍋などの調理器具は、コンロやシンクの下に収納すると効率よく使うことが出来ます。
また現状の収納が開き扉の場合は、スライド引き出し収納にすることで出し入れしやすくなります。

スライド引き出し収納にリフォームする際の価格相場は20万円程度です。
シンク下の収納スペースには配管があり、配管の位置をずらす等の工事が加わると費用もあがります。

耐荷重量に注意しましょう

調理器具は重量があるので、スライド引き出しの耐荷重量に注意しましょう。
特に大きな引き出しにはついつい多くの物を入れてしまいます。
重量に耐えられるスライドレールを使っているか確認しましょう。

食器類の収納位置

食器は重さもあるため、あまり高い位置に収納すると出し入れが大変ですし取る時に落下する危険性もあります。

重い食器は下のほうに収納し、目線の高さにはよく使う食器、高いところには季節物や使用頻度の低い食器を置くなど工夫をしてみましょう。
各メーカーの収納ユニットには、スライド引き出しで出し入れが簡単になっているタイプもあります。

扉がついているタイプよりオープン棚になっているタイプのほうが商品価格が安く設定されています。

筆者宅の例ですが、盛り付けに使う食器はシンク上の吊戸棚に収納し、食事中に使う小皿や取り分け皿・カトラリー・グラス類はダイニング側のキッチンカウンター下に収納という風に、使う場所の近くに分散させて収納しています。
家族にも、食事の準備や片づけをしやすくなったと好評です。

ゴミ箱の収納位置

キッチンに置くもので忘れてはならないゴミ箱。
そこそこ大きさがあり分別のため複数必要なので、収納スペースに悩んでいる方が多いようです。

各メーカーが販売しているシステムキッチンには、あらかじめゴミ箱が収納できるスペースが確保されており見た目にもスッキリするのでおすすめです。
ダストボックスワゴン|Panasonic出典:ダストボックスワゴン|Panasonic

image

キッチンリフォーム業者を一括見積り!

image

キッチンリフォーム業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。