キッチンはホーローがコスパ最高!?ホーローの特徴や費用目安

システムキッチン

システムキッチンをホーロー製にするとお手入れが楽になり、家事の時短につながります。
一般的に上位モデルになると価格があがるシステムキッチンですが、ホーローキッチンで人気のタカラスタンダードさんはどのモデルでも採用している高品位ホーローは同じです。
ホーローを導入できて予算に合わせてパーツを選べるので費用が抑えられる点も魅力ではないでしょうか。
今回はホーローキッチンのメリット・デメリットや商品バリエーション・費用目安を解説します。

キッチンにホーローという選択肢

システムキッチンを導入する際、検討するのが材質ではないでしょうか。
一派的にキッチンの材質には部位別に下記の3~6種類がよく採用されています。

システムキッチンの部位材質
ワークトップ・ステンレス
・木
・タイル
・メラミン化粧板
・人工大理石
・天然石
シンク・ステンレス
・人工大理石
・ホーロー
・ステンレス
・メラミン化粧板
・木
・ホーロー
パネル(壁)・ステンレス
・メラミン化粧板
・アルミ
・タイル
・ホーロー

上記の材質のなかで、ステンレスに次いで人気のある材質が「ホーロー」です。

キッチンに採用されるホーローの特徴

システムキッチン

ホーローのシステムキッチンといえば「タカラスタンダード」社が有名ですが、キッチンに採用されるホーローの特徴をメリット・デメリット別に解説していきます。

1. ホーローキッチンのメリット

ホーローキッチンのメリットは主に下記の4点です。

・お手入れが楽
・耐久性が高い
・熱に強い
・マグネットがつく

1-1. お手入れが楽

ホーローキッチンの最大のメリットは「お手入れが楽」な点にあります。

キッチンは油汚れや食べ物の飛び散り・調理中の煙・洗剤など、住宅の中で最も汚れる場所といっても過言ではありません。

特にキッチンを使う人を悩ませるのが油汚れです。

油汚れはついたその場ですぐに拭き取って掃除をすれば取れやすいのですが、毎日のことでなかなか掃除まで手が回らない方も多いのではないでしょうか。

ホーローは、内部が鉄でできており表面はガラス質を吹き付けて成型したもので、鉄とガラスの丈夫さを兼ね備えていて、中まで汚れが浸透しないという特徴があります。

油汚れはもちろん、調味料の液だれによる輪染みなどもさっと水拭きするだけで綺麗に落とすことができます。

お手入れが楽というのは家事の時短につながり、仕事や育児で忙しい現代人にとって大変助かるので、ホーローの評判が良い理由として挙げられます。
参照:作業効率をアップするキッチンへリフォームする場合の費用相場

1-2. 耐久性が高い

ホーローの中身は鉄なので、耐久性が高いことも特徴のひとつです。

おしゃれなキッチン用品で人気のホーロー鍋は、重くてキッチンの引き出しなどにぶつけることもありますがホーローキッチンは傷がつきません。

お鍋と同じホーロー素材ですが、キッチンに採用しているホーローは「高品位ホーロー」という最も耐久性が高いホーローです。

重いお鍋をぶつけてもタワシでこすっても、研磨剤を使用しても傷がつきません。

1-3. 熱に強い

キッチンは火を扱う場所ですので、熱に強い材質のほうが安心です。
ホーローキッチンは、火であぶっても変色や変形をしにくく、ススをさっと拭き取るだけで汚れも落ちます。

タカラスタンダードのWEBサイトに実際に火をキッチンパネルに近づけているショートムービーがありますので、ぜひご覧ください。
参照:まるごとホーローキッチン|タカラスタンダード

1-4. マグネットがつく

キッチンツールを収納する際に、マグネットフックに吊り下げて収納できると効率的で使いやすいですよね。

ホーローのキッチンパネルにはマグネットがつくので、マグネット収納をしたい方にも便利です。

2. ホーローキッチンのデメリット

ワンポイント

ホーローキッチンのデメリットは下記の2点です。

・内部の鉄が表面化すると錆びる
・デザインのバリエーションが少な目

2-1. 内部の鉄が表面化すると錆びる

ホーローキッチンはよく「さびやすい」というお声がありますが、例えばかなり強い衝撃を加えた場合に表面のガラス部分に傷がつくと内部の鉄が錆びることはあります。

例えば、ビス留めのために電動ドライバーで作業をしていて「誤ってホーロー部分を削ってしまった」などが考えられます。

このようなことはめったにありませんので、そこまでサビについて心配することはありません。

2-2. デザインのバリエーションが少な目

ホーローキッチンはデザインのバリエーションが少な目であるとも言われていますが、今では色やデザインの幅が広がインテリアテイストに合わせて選べるようになっています。

実際にタカラスタンダードのホーローキッチンシリーズをいくつかご紹介します。

2-2-1. ナチュラルなホーローキッチン

ホーロー製システムキッチン レミュー|タカラスタンダード出典:ホーロー製システムキッチン レミュー|タカラスタンダード

2-2-2. モダンなホーローキッチン

ホーロー製システムキッチン レミュー|タカラスタンダード出典:ホーロー製システムキッチン レミュー|タカラスタンダード

2-2-3. 北欧風なホーローキッチン

ホーロー製システムキッチン エーデル|タカラスタンダード出典:ホーロー製システムキッチン エーデル|タカラスタンダード

2-3-4. フレンチカントリー調のホーローキッチン

ホーロー製システムキッチン リテラ出典:ホーロー製システムキッチン リテラ

2-3-5. 新発売「トレーシア」ホーローキッチン

ホーローシステムキッチン「 トレーシア」|タカラスタンダード出典:ホーローシステムキッチン「 トレーシア」|タカラスタンダード

ホーローキッチン導入にかかる費用目安

カタログから選ぶ

ホーローキッチンを導入してみたいけど費用はどれぐらいかかるんだろうと気になりますね。

システムキッチンにはグレードがあり上位モデルになるほど価格が上がっていきますが、ホーローキッチンで人気のタカラスタンダードさんの商品の場合、使用されている高品位ホーローはどのモデルも同じです。

ということは、予算に合わせてホーロー以外のキッチンパーツを選んで高品位ホーローキッチンを導入できることになります。

キッチンの種類価格帯目安
一般キッチン約13万円~
システムキッチン約21万円~

システムキッチンのリフォームにかかる施工費用だけで見ると約13万円~がかかりますので、システムキッチン本体代によって合計金額が変わってきます。

タカラスタンダードのホーローキッチンは値引きされないってホント?

業者

タカラスタンダードのホーローキッチンは値引き率が低いという口コミなどもありますが、どの業者も独自のルートがありまったく値引きがないということはありません。

もともとタカラスタンダードのホーローキッチンは他メーカーよりも低価格設定になっていますので、あとはどれだけ適切な価格で施工をしてくれる業者を探すかが大切です。

image

ホーローキッチンをお得に導入するには?

業者

ホーローキッチンをお得には導入するに一括見積りが便利です。
システムキッチンは何十年も愛用する住宅設備ですので、施工を丁寧にしてくれる業者選びが重要です。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるますので、数社に訪問見積りをしてもらい比較検討してみましょう。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。