和室をリフォームして洋室へ|和室から洋室リフォームの費用

和室から洋室にリフォームするメリットとは?

洋室のリビング

和室を洋室にリフォームすることによってダニトラブルなどが解消される他、家具を置いても跡が残りにくいというメリットや、傷みやすい畳や障子、襖の張り替え費用が要らなくなるといったメリットもあります。

また高齢者など車椅子での生活者にとって、床が畳よりもフローリングにした方が移動もスムーズにできるようになり、生活がしやすくなります。

和室から洋室にリフォームするための費用は?

和室から洋室リフォームの費用相場グラフ

和室から洋室へのリフォームの場合、約80%が60万円以内で収まっています
また、和室から洋室にリフォームするケースで一番多い価格帯5万円〜20万円ほどとなっていますが、リフォームする部位によってかかる費用は大幅に変わってきます。

和室から洋室リフォームの費用分布グラフ(部位別)

上のグラフは和室から洋室にリフォームする場合に行う、代表的なリフォームにかかる費用の相場を示したものです。
このようなリフォーム内容の中で、和室をどの程度まで洋室にリフォームするかによって、選ぶリフォーム工事内容も変わっていくことになります。

和室から洋室にリフォームする内容とは?

このようなリフォーム工事の中から、和室をどの程度まで洋室にリフォームするかによって実施するリフォーム内容を決めていきます。
畳をフローリングにリフォームするだけでも、和室は洋室らしくなります。
しかし、もっと本格的に洋室に近付けるには、壁や襖(ふすま)のリフォーム工事が必要となってきます。

和室畳をフローリングにリフォーム

和室の床を畳からフローリングにリフォームした例

和室を洋室にリフォームする場合、一番に行うのは畳からフローリングに変更するリフォームでしょう。
畳からフローリングにリフォームするだけで一気に洋室らしくなるため、フローリングにするだけで和室のリフォームを終える場合も多いです。

和室の畳と洋室のフローリングでは下地の構造が違うため、補強や段差解消の工事をします。
また、分譲マンションの和室を洋室にリフォームする場合には、フローリングの遮音等級が管理組合で定められている場合が多いため注意が必要です。
(一般的にLL-45もしくはLL−40の遮音等級基準が必要です)

和室床リフォーム費用・・・60,000円〜300,000円

4.5帖の和室の畳のみフローリングにリフォーム

※マンションなのでL-45の床材でリフォーム希望
4.5畳の和室を畳からフローリングにリフォーム  62,000円

和室天井・壁のリフォーム

壁と天井を洋室にリフォーム

畳からフローリングにリフォームするだけでも和室は洋室らしくなりますが、天井や壁をリフォームするとさらに和室感がなくなりぐんと洋室らしさが増します。

和室の場合、壁は砂壁や柱を露出した壁である場合が多いので、造作工事を行い柱が見えないようにした上でクロスを張ります。
天井も同様にクロス仕上げにリフォームします。
和室の柱を石膏ボードで見えないようにし、壁を洋室にリフォームした例

また、壁はクロス仕上げにリフォームするほか珪藻土やカントリー風木材でのリフォームといったことも可能です。
好みに合わせて和室の壁からのリフォームを決めると良いでしょう。

和室天井・壁リフォーム費用

クロス仕上げの場合100,000円~200,000円
珪藻土仕上げの場合200,000円~300,000円
カントリー風の場合250,000円~350,000円

和室ふすまから洋風引き戸・ドアにリフォーム

ガラス入り引き戸洋風引き戸の例。ガラス入りだと向こうの部屋の様子も見えます。

せっかく床や壁をリフォームしてもドアが和室のふすまのままでは少し違和感が残ってしまいます。
和室のふすまから洋風のドアにリフォームしましょう。

ふすまからのリフォームの場合、敷居の変更だけで設置できる引き戸へのリフォームがおすすめです。
開き戸にリフォームしたい場合は、段差が発生する場合があるため工事の際に注意が必要です。

和室ドアリフォーム費用・・・80,000円〜150,000円

和室押入れからクローゼットにリフォーム

クローゼット

和室の押入れから洋風のクローゼットにリフォームすれば、衣類などを収納しやすくなります。
もともと押入れは布団など寝具の収納のためのスペースなので、洋室として利用する場合は使い勝手の良いクローゼットにリフォームすることをおすすめします。
和室の押入れをクローゼットにリフォームした例

和室の押入れは2段になっている場合が多いですが、この段を取り払い、代わりに仕切りを設置したり衣類を吊るすハンガーパイプを取り付けたりします。
クローゼットのドアは折れ戸タイプや開き戸タイプなど好みに合わせて、ふすまからリフォームすることが可能です。

また、クローゼットは非常に湿気のこもりやすい場所です。
大切な衣類がカビ被害に遭ってしまわないために、和室の押入れからクローゼットにリフォームする際に調湿建材を使用してリフォームすると良いでしょう。

和室クローゼットリフォーム費用・・・150,000円〜250,000円

※上記は8畳和室のリフォーム費用目安

和室から洋室にフルリフォームする場合の費用

和室から洋室にリフォームする場合、畳をフローリングにリフォームするだけでなく壁や押入れなど全てまとめてフルリフォームするという選択をするケースも多いです。
8畳の和室をフルリフォームする場合、平均して550,000円〜900,000円程度のリフォーム費用となります。
下記は実際の和室リフォーム費用例です。

8帖和室を洋室にフルリフォーム

※壁は珪藻土仕上げ希望

畳からフローリング張替え150,000円
押入れからクローゼットリフォーム120,000円
天井リフォーム70,000円
壁珪藻土リフォーム190,000円
襖からドアへの変更90,000円
合計620,000円

キッチンに隣接する6畳の和室を洋室にフルリフォームしてLDKに

畳からフローリング張替え80,000円
砂壁からクロス壁に変更100,000円
天井リフォーム40,000円
押入れからクローゼットリフォーム80,000円
キッチンフローリングリフォーム60,000円
間仕切り壁解体撤去50,000円
合計410,000円

和室と洋室の構造の違いとは?

和室を洋室にリフォームする場合、構造の違いから補強や段差解消の工事が必要となってきます。
和室のリフォームにはどんな工事が発生するのか、構造の違いから見てみましょう。

和室と洋室の床構造の違い

和室の畳をフローリングにリフォームする場合、畳を撤去してすぐにフローリングを張れるわけではありません。
床の下地となっている根太(ねだ)という部分があるのですが、これは畳の場合強度が期待できるため根太の感覚を広めにして下地を組んであります。
和室の根太は455mm前後です。

しかしフローリングにリフォームする場合、根太の間隔が広いと強度に問題があるのです。
そこで根太の間隔を303mm程度まで狭くして配置する工事が必要となってきます。

畳は厚みがあるため、そのままフローリングを張ると他の部屋との間で段差ができてしまいます。
そこで、根太を組んだあとに捨てベニヤを張って高さを調整します。

和室の床と洋室の床和室の根太(左) 下地補強後の捨てベニヤ張り工事(右)

また、古い家では和室の下地に断熱材が入っていないケースもよくあります。これは、畳自体に断熱効果が期待できるからなのですが、フローリングにリフォームする場合断熱材を入れる工事を行ったほうが良いでしょう。

和室と洋室の壁構造の違い

和室の壁は真壁(しんかべ)といい、柱が見えるような造りになっています。
洋室風の壁にリフォームする場合、柱の見えない大壁(おおかべ)という造りに変更します。

この工事は、柱を中に隠すために柱と柱の間に胴縁(どうぶち)という木を組んでいきます。
その上に耐火ボードを張り、クロスで仕上げます。

リフォーム中の和室の壁(胴縁)和室壁の胴縁組み工事

和室から洋室にリフォームする場合の注意点

和室から洋室にリフォームする場合、特にマンションでは注意が必要です。
畳はその性質から遮音性に優れています。畳の上を歩いてもあまり音はしませんね。
しかし、フローリングは畳に比べて音が響きやすいのです。

そのため、和室の畳から洋室のフローリングにリフォームする場合には、遮音性に注意が必要です。
マンションの場合は管理組合でフローリングの遮音等級が定まっていることが多いです。
一般的なマンションでは、L-45以上のフローリングを使用することに決まっていることが多いため、和室をリフォームする前に管理組合に問い合わせましょう。

L-45等級のフローリング材写真L-45等級のフローリング材

また、一戸建ての場合でも2階の和室をフローリングにリフォームする場合などでは下の階に音が響きやすくなります。
家の間取りや生活スタイルに合わせてフローリングの遮音等級を選択しましょう。

格安で和室を洋室にリフォームするには?

リフォーム後の洋室

和室から洋室にリフォームする場合、工事が少々大掛かりなため、かかる費用も高くなりがちです。
そのため、少しでも費用を抑えて和室のリフォームを行う場合、業者の選定が重要となってきます。

例えば和室の床リフォームの場合、補強工事代を含んだ費用で設定している業者と補強工事代は別途の業者があります。
床の下地状況によって補強工事が必要かどうか決まるため、自分の家にあった費用設定をしている業者を選択するのが格安でリフォームを行うコツです。

そのためには、何社かの業者から和室リフォームにかかる費用の見積もりを出してもらうことが大切です。
当然、業者によってリフォーム工事代金は違いますし、自分の家の和室にあったリフォーム方法を一緒に考え、アドバイスをもらうことができます。

そのうえで自分が信頼できると思った業者に、和室リフォーム工事を依頼しましょう。
きっとより良い和室リフォームができることでしょう。

複数のリフォーム会社に匿名で概算見積りを依頼できる!

パソコンで見積もり依頼をする女性

和室を洋室にリフォームする際は、安心で適正価格のリフォーム会社さんに依頼したいものです。
でも以外とリフォーム会社さんを見つけるのは大変。
そこで、リフォームの見積りを匿名で依頼できる「家仲間コム」が便利です。
ご検討中の和室リフォームの内容を匿名で入力するだけで、地域のリフォーム会社さんから概算見積りや提案がとどきます。
匿名なので、後でしつこく営業される心配もありません。
利用はもちろん無料なので、お気軽にご利用ください。

image

和室リフォームをご検討中の多くの方に、家仲間コムの匿名見積りをご利用いただいております。
家仲間コムでは、和室リフォームの費用 も公開中です。
.
.

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。