LDKの理想的な間取りを考える|施工事例と費用を紹介

LDKの理想的な間取りを考える|施工事例と費用を紹介

LDKは住宅の中でも最も過ごす時間が長い場所で、配置によって居心地の良さや動線が変わってきます。現在の配置で「使いづらいな」と感じていらっしゃる場合は、効率的で家族間のコミュニケーションがとりやすい配置への変更リフォームがおすすめです。まずはこの記事のポイントを以下にまとめました。

POINT この記事のポイント

・LDKの基本となる配置は「LDK」「L+DK」「LD+K」「L+D+K」の4パターン
・最近の主流は「LDK」タイプの配置
・壁を撤去するだけでも開放感のある明るいLDKになる

1. 「LDK」タイプ

「LDK」タイプは、リビング・ダイニング・キッチンが縦型に並ぶ長方形の配置なので広くて開放感のあるLDKとなり、新築住宅やマンションではこの配置が主流になっています。マンションの場合は、LDK合わせた広さは10帖~12帖程度が多いです。

一続きになっているので、インテリアを統一することで全体的にまとまりがでます。

1-1. 「LDK」タイプ+対面キッチン

憧れの対面キッチンにリフォーム!ステキで使いやすくするポイント|Panasonic

出典:憧れの対面キッチンにリフォーム!ステキで使いやすくするポイント|Panasonic

最も多いLDKの配置は、対面キッチンの横にダイニングテーブルがあり、ソファとテレビを壁付けにしたレイアウトです。対面キッチンはI型・L型ともこの配置にされる方が多いです。

キッチンで作業をしている人が、ダイニングやリビングにいる家族を見渡すことができるので孤立せず、また小さいお子様がいらっしゃる場合は様子がわかるので安心です。

1-2. 「LDK」タイプ+アイランドキッチン

システムキッチン「リシェルSI」|LIXIL

出典:システムキッチン「リシェルSI」|LIXIL

アイランドキッチンも人気のあるキッチンで、複数人で作業をする場合に向いています。ホームパーティーで活躍するキッチンですので、ダイニングテーブルは隣接しておいたほうが使い勝手が良いでしょう。

1-3. 「LDK」タイプ+壁付けキッチン

壁付けキッチンは昔の住宅に多いタイプのキッチンで、壁にキッチンがある分LD部分が広く使えるので根強い人気があります。10帖程度のLDKスペースでも、家具の配置や動線にゆとりが生まれます。

キッチンで作業をする人が壁に向いていて孤立してしまうので、ダイニングテーブルは近くに置いて家族がそばにいられるよう配置に気配りをしておくと、コミュニケーションが図りやすいですね。

2. 「L+DK」タイプ

Lクラスキッチン|Panasonic
出典:Lクラスキッチン|Panasonic

「L+DK」タイプはリビングが独立して、ダイニング・キッチンがつながっており、L字のような形になっている配置です。調理や食事の空間とくつろぐ空間を分けることで、調理や料理の匂いがリビングに広がらないメリットがあります。配置の事例としては、下記のようなレイアウトになる場合が多いです。

リビングの窓がどこにあるかによっても家具のレイアウトが変わってきますが、キッチンからダイニング・リビングへと移動しやすい通り道を確保するレイアウトを意識しましょう。

リビング部分だけ別空間としてインテリアテイストを変えて楽しむことができますが、リビングとDKとの間に壁がある場合は撤去したほうが開放感のある空間づくりができます。引き戸やロールスクリーンを取り付けておけば、お客様が来られた時にキッチンやダイニングスペースを隠すこともできます。

関連記事:リビングの間仕切りはロールスクリーンがお手軽かつおしゃれでおすすめ

3. 「LD+K」タイプ

「リシェルSI」オープン対面キッチン アイランド型|LIXIL
出典:「リシェルSI」オープン対面キッチン アイランド型|LIXIL

「LD+K」タイプは、リビング・ダイニングが一続きになり、キッチンが独立している配置です。こちらもL字のような形になります。

キッチンはカウンタータイプでダイニングとコミュニケーションがとれる配置になっていることが多いですがキッチンからリビングが見えづらいので、リビングにいる家族の様子を知りたい場合には、キッチンの壁を撤去してオープンタイプの対面キッチンへの間取り変更がおすすめです。

関連記事:リフォームで壁を撤去して広々空間を手に入れよう!価格相場や注意点は?

4. 「L+D+K」タイプ

「L+D+K」タイプは、リビング・ダイニング・キッチンがそれぞれ独立してる昔の住宅に多い配置です。別々の空間になるため動線も悪く家族間のコミュニケーションもとりづらい配置ですが、ライフサイクルが違う場合は別の家族に気兼ねなく各場所で過ごすことができる点がメリットです。

L+D+Kの配置の場合は、それぞれに壁がある分スペースが必要になり居室部分が狭くなります。壁を撤去して間取り変更リフォームをすると広くなり、開放感のある明るいLDKに生まれ変わります。扉を開閉することなく出入りができるので動線も良くなります。

L+D+Kの配置の場合、キッチンの一部分をパントリーへリフォームし、残りはダイニングとリビングスペースの拡張に使うアイデアもおすすめです。

関連記事:家事動線と収納はセットで考えると作業効率がアップします

LDKは過ごす時間が長い分、配置は悩むことが多いですよね。家具のレイアウトだけで居心地の良さや動線が良くなればよいですが、元々ある壁や扉が邪魔になってうまく配置ができないことも多いです。

家仲間コムのLDKの間取り変更リフォーム工事事例

家仲間コムで紹介しているLDKの間取り変更リフォーム工事事例をピックアップしました。LDKのリフォームを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

中古マンションの格安リノベーション【350万円】

リビングが狭いので寝室をつなげて広さを出し、オープンキッチンにしたいとのご依頼でした。壁付けタイプのキッチンからアイランドキッチンへ、リビングにつながっていた和室は3畳ほどのベッドスペースとして、透けタイプの稼働間仕切りで仕切りました。玄関には土間を設置し、可動棚も取り付けました。

【施工前】

jirei_image66039

【施工後】

jirei_image66046

場所:愛知県 名古屋市熱田区
建物のタイプ:マンション
築年数:35年
施工箇所:全室
施工期間:2ヶ月
施工業者: Petitリノベ

関連記事:中古マンションの格安リノベーション!土間とアクセントクロスとアイランドキッチン

LDK間仕切り【約10万円】

子どもの成長に合わせLDKを間仕切りたいとのご希望でした。圧迫感を与えない様に白を基調として、引戸で仕上げました。

【施工前】

jirei_image62790

【施工後】

jirei_image62792

場所:東京都 江東区
施工箇所:リビング
施工期間:2日
施工業者:株式会社バンビ

関連記事:LDK間仕切り

オール電化へのリフォーム【130万円】

和室と台所の仕切りを無くし、和室と台所を一緒にしたいとのご要望でした。また、和室が昼間でも暗いのでその解消と、オール電化のキッチンにしたいとのことでした和室を洋間にし、建具も障子から引き戸へ変え、タタミからフローリングに変更。

壁はクロス張りで、障子戸をフラッシュ戸にし、やや暗かった部屋を明るくすることができました。キッチンはオール電化のシステムキッチンへと交換しました。

【施工前】

jirei_image59224

【施工後】

jirei_image59227

場所:宮崎県 都城市
建物のタイプ:木造平屋
築年数:約30年
施工箇所:和室、台所
施工期間:12日
施工業者: 建築業職人組合

関連記事:和室と台所をひとつにし、リビング、ダイニングキッチンへ。オール電化

シックな空間へのリフォーム【600万円】

間取りや立地優先でリフォーム済物件を購入したものの、暮らし方にあった間取りの修正とインテリアを好みに変更したいとのことでした。キッチンの吊り戸をやめ、セミオープンキッチンにしました。キーカラーであるグレーのタイルを食器棚の背面に使用。フォーカルポイントに濃い目のアクセントクロスにしました。

【施工前】

jirei_image53167

【施工後】

jirei_image53166

場所:北海道 札幌市東区
築年数:31年
施工箇所:キッチンリフォーム+間取り変更+全内装
施工期間:30日
施工業者: 株式会社リノベーションLABO

関連記事:ナチュラルイメージからシックな空間へ

広々とした空間へのリフォーム【64万円】

現状より広々と快適に暮らしたいとのご要望があり間仕切りを解体し、広いLDKに仕上げました。段差も極力なくし、バリアフリーにできるだけ近づけました。

【施工前】

jirei_image49080

【施工後】

jirei_image49079

場所:広島県 三次市
建物のタイプ:マンション
築年数:約20年
施工箇所:LDK
施工期間:1ヶ月
施工業者: 匠心リフォーム

関連記事:広々とした快適な空間へリフォーム


一括見積もりの使い方

家を修理したいけど、どこに頼めば…?
とりあえず家仲間に書き込んでみよう!匿名で記入できるから安心ね。

業者さんに伝わりやすい、現場写真や間取り図などのファイル添付も簡単です。

匿名で入力するだけで、業者さんから概算見積もりや提案が届きます。

かんたん 直接頼める業者さんへの匿名相談はこちらから

LDKの配置まとめ

壁を撤去するだけでも開放感のある明るいLDKになりますので、まずは見積もりでどれぐらいの費用がかかるか問い合わせてみてはいかがでしょうか。

LDKの配置変更をお得にするには?

LDKの配置変更費用の見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。現状のLDKの配置とご希望の配置を伝えて施工経験の多い業者さんにアドバイスをもらううと、ご家庭に合ったLDKの配置変更リフォームを成功させやすくなります。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。


LDKの配置変更リフォーム費用を無料で見積もりしてみる

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

家仲間コムなら
業者の手数料が無料だから安くなるかも!/

一般的に業者さんがサイトに支払う成約手数料
(売上の約10〜20%)が家仲間コムではかかりません。

LDKの
業者さんを匿名で探してみる
編集者プロフィール
編集者画像

大永 和弘 (おおなが かずひろ)

WEBサイト


株式会社マッチングジャパン 代表取締役社長。

大学卒業後、カーテンレールシェアNo1の内装材メーカートーソー株式会社にて、7年間勤務。
入社後は、大手ハウスメーカーやリフォーム会社、工務店、内装工事業者など約200社を担当。その際に新築住宅やリフォーム住宅など数多くの現場を経験。

退社後、株式会社マッチングジャパンを2006年に創業し、ハウスメーカーやリフォーム会社のWEBマーケティングを経験。
その他、内装材メーカーや建材メーカーにWEBプロモーションに関わるコンサルティングを提供。

同時にリフォーム業者検索サイト「家仲間コム」の運営責任者として、累計5千社を超える施工業者にサービスを提供。サイト規模は月間アクセス約360万PV、見積利用者数は年間約5万人までに成長。

自身も7度の引越しと2度の住宅購入を経験し、家のリフォームや修繕をユーザーの立場で多く経験。
その経験から、規模が小さくても優良なリフォーム業者を探せるサイトの必要性を強く感じ、サービスの利便性向上に注力している。

現在は、ウォールステッカーカーテンブラインドロールスクリーンなどのECも展開中。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。