LDKの配置4パターン|明るく開放的な配置は縦長LDKが最適!

LDKの配置

LDKは住宅の中でも最も過ごす時間が長い場所で、配置によって居心地の良さや動線が変わってきます。
家族構成や家具の多さや大きさなどによっても快適な配置が異なりますが、縦長のLDKの配置が主流となっています。
現在の配置で「使いづらいな」と感じていらっしゃる場合は、効率的で家族間のコミュニケーションがとりやすい配置への変更リフォームがおすすめです。

LDKの基本の配置パターン

一般的にLDKの基本となる配置パターンは下記の4タイプです。

図面

・「LDK」タイプ
・「L+DK」タイプ
・「LD+K」タイプ
・「L+D+K」タイプ

マンションなどの集合住宅や戸建住宅ともに、最近の主流は「LDK」タイプの配置が増えています。

1. 「LDK」タイプ

「LDK」タイプは、リビング・ダイニング・キッチンが縦型に並ぶ長方形の配置なので広くて開放感のあるLDKとなり、新築住宅やマンションではこの配置が主流になっています。
マンションの場合は、LDK合わせた広さは10帖~12帖程度が多いです。

一続きになっているので、インテリアを統一することで全体的にまとまりがでます。

1-1. 「LDK」タイプ+対面キッチン

「LDK」タイプ+対面キッチンの配置

最も多いLDKの配置は、対面キッチンの横にダイニングテーブルがあり、ソファとテレビを壁付けにしたレイアウトです。
対面キッチンはI型・L型ともこの配置にされる方が多いです。

キッチンで作業をしている人が、ダイニングやリビングにいる家族を見渡すことができるので孤立せず、また小さいお子様がいらっしゃる場合は様子がわかるので安心です。

1-2. 「LDK」タイプ+アイランドキッチン

「LDK」タイプ+アイランドキッチンの配置

アイランドキッチンも人気のあるキッチンで、複数人で作業をする場合に向いています。
ホームパーティーで活躍するキッチンですので、ダイニングテーブルは隣接しておいたほうが使い勝手が良いでしょう。

1-3. 「LDK」タイプ+壁付けキッチン

「LDK」タイプ+壁付けキッチンの配置

「LDK」タイプ+壁付けキッチンの配置

壁付けキッチンは昔の住宅に多いタイプのキッチンで、壁にキッチンがある分LD部分が広く使えるので根強い人気があります。

10帖程度のLDKスペースでも、家具の配置や動線にゆとりが生まれます。

キッチンで作業をする人が壁に向いていて孤立してしまうので、ダイニングテーブルは近くに置いて家族がそばにいられるよう配置に気配りをしておくと、コミュニケーションが図りやすいですね。

2. 「L+DK」タイプ

「L+DK」タイプはリビングが独立して、ダイニング・キッチンがつながっており、L字のような形になっている配置です。

調理や食事の空間とくつろぐ空間を分けることで、調理や料理の匂いがリビングに広がらないメリットがあります。

配置の事例としては、下記のようなレイアウトになる場合が多いです。

「L+DK」タイプの配置

リビングの窓がどこにあるかによっても家具のレイアウトが変わってきますが、
キッチンからダイニング・リビングへと移動しやすい通り道を確保するレイアウトを意識しましょう。

「L+DK」タイプの配置

リビング部分だけ別空間としてインテリアテイストを変えて楽しむことができますが、リビングとDKとの間に壁がある場合は撤去したほうが開放感のある空間づくりができます。

引き戸やロールスクリーンを取り付けておけば、お客様が来られた時にキッチンやダイニングスペースを隠すこともできます。
参照:リビングの間仕切りはロールスクリーンがお手軽でおしゃれ!

3. 「LD+K」タイプ

「LD+K」タイプは、リビング・ダイニングが一続きになり、キッチンが独立している配置です。
こちらもL字のような形になります。

「LD+K」タイプの配置

「LD+K」タイプの配置

キッチンはカウンタータイプでダイニングとコミュニケーションがとれる配置になっていることが多いですがキッチンからリビングが見えづらいので、リビングにいる家族の様子を知りたい場合には、キッチンの壁を撤去してオープンタイプの対面キッチンへの間取り変更がおすすめです。

4. 「L+D+K」タイプ

「L+D+K」タイプは、リビング・ダイニング・キッチンがそれぞれ独立してる昔の住宅に多い配置です。

別々の空間になるため動線も悪く家族間のコミュニケーションもとりづらい配置ですが、ライフサイクルが違う場合は別の家族に気兼ねなく各場所で過ごすことができる点がメリットです。

「L+D+K」タイプの配置

L+D+Kの配置の場合は、それぞれに壁がある分スペースが必要になり居室部分が狭くなります。
壁を撤去して間取り変更リフォームをすると広くなり、開放感のある明るいLDKに生まれ変わります。

扉を開閉することなく出入りができるので動線も良くなります。
参照:家事動線と収納はセットで考えると作業効率がアップします

L+D+Kの配置の場合、キッチンの一部分をパントリーへリフォームし、残りはダイニングとリビングスペースの拡張に使うアイデアもおすすめです。

「L+D+K」タイプのリフォームプラン

LDKの配置まとめ

LDKは過ごす時間が長い分、配置は悩むことが多いですよね。
家具のレイアウトだけで居心地の良さや動線が良くなればよいですが、元々ある壁や扉が邪魔になってうまく配置ができないことも多いです。

壁を撤去するだけでも開放感のある明るいLDKになりますので、まずは見積もりでどれぐらいの費用がかかるか問い合わせてみてはいかがでしょうか。

image

LDKの配置変更をお得にするには?

image

LDKの配置変更費用の見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。
現状のLDKの配置とご希望の配置を伝えて施工経験の多い業者さんにアドバイスをもらううと、ご家庭に合ったLDKの配置変更リフォームを成功させやすくなります。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。