ガーデンルームのおしゃれな活用事例をご紹介!

ガーデンルーム

ガラス張りのガーデンルームは住宅の外観がおしゃれになるうえ、実用性も高いので昨今人気が高まっています。
各エクステリア商品にもオプションが充実しており、ガーデンルームの使い方に合わせて様々なコーディネートができるようになっているので、アレンジの幅が広がります。
増築をお考えの方やお庭をもっと活用したい方はぜひガーデンルームを取り入れてみてはいかがでしょうか?
今回は、ガーデンルームのおしゃれな活用事例を写真とともにご紹介します。

ガーデンルームはどんなもの?

ガーデンルームとは、庭の一部に設けるガラス張りの部屋のことで、半分室内・半分屋外のような使い方ができる部屋のことを言います。

よく似た設備に「サンルーム」や「テラス囲い」がありますが、下記のような違いがあります。

設備特徴
テラス囲い・テラスの側面をガラスで囲ったもの
・屋根を取り付けることもできるが簡易的
・ポリカーボネート製
・気密性・断熱性が低い
サンルーム・テラスの屋根と側面を囲ったもの
・基礎はコンクリートでしっかり打設
・ガラス製
ガーデンルーム・サンルームとほぼ同様
・開口部があり、庭への出入りができる

3種類の中では「ガーデンルーム」が最も部屋としての機能が高くおしゃれな商品が多いです。

とはいえ、各メーカーでも厳密に商品を分けていることは少なく、ほぼ同様の設備ととらえている場合が多いですが、こちらの記事では上記の特徴を持ったガーデンルームについてご紹介していきます。

ガーデンルームの設置費用目安

ガーデンルームの設置費用目安は約50万円~程度からですが、オプションや材質・デザインによってもう少し費用が上がる場合があります。

人気の3大メーカーのガーデンルーム商品を一例としてご紹介します。

ガーデンルーム「GF」|LIXIL

image画像提供:ガーデンルーム「GF」|LIXIL

出典:ガーデンルームGF|LIXIL
商品価格:592,300円~

LIXILのガーデンルーム「GF」シリーズは、下記のような特徴があります。

・デッキへ続く2面が解放できる
・隣家側には腰壁を設置して外から見えない配慮も可能
・半分を折戸、半分を腰壁にするなど、ライフスタイルに合わせて組み合わせができる

ガーデンルーム「ハピーナリラ」|三協アルミ

image画像提供:ガーデンルーム「ハピーナリラ」|三協アルミ

出典:ガーデンルーム「ハピーナリラ」|三協アルミ
商品価格:923,700円~

三協アルミのガーデンルーム「ハピーナリラ」には下記の特徴があります。

・室内とのつながりが生まれ、外からの視線もシャットアウトできる腰壁が選べる
・天井材、日よけ、照明、ペット用ガードなど、ライフスタイルに合わせて豊富なオプションが充実
・床、土間、デッキ仕様も選べ、部屋としての使い方や庭の延長としての使い方などチョイスができる

アウタールーフ ガーデンルームタイプ|YKKap

image画像提供:アウタールーフ ガーデンルームタイプ|YKKap

YKKapのガーデンルームは、「正面デザインパネル付き屋根 アウタールーフ」のオプションとして選ぶことができます。

テラス戸や勝手口を取り付ける「アウタールーフ」は、隣家と近いため活用できていなかった隙間スペースを活用して、新たな空間として変身させることができます。

ガーデンルームタイプには下記のような特徴があります。

・窓、腰壁、正面パネル、側面開口部などのバリエーションが豊富
・正面パネルに使用される強化ガラスは、セルフクリーニング加工を施しているので一般ガラスより汚れにくい

ガーデンルームをおしゃれに設置するポイント

住宅プランニング

ガーデンルームは基本プランではシンプルな設計になっているため少し物足りなく感じることも多いですが、オプションをつけると費用が100万円単位まで上がることもあり、予算に合わせてオプションを選択をすることが大切です。

ガーデンルームをおしゃれに設置するポイントは、最初にどのような使い方をしたいかをプランニングしておくことです。

エクステリアの専門業者さんにプランを提案してもらうのも良いですね。

下記はおすすめのガーデンルームの使い方の一例です。

・趣味や家庭菜園を楽しむスペースとして
・お子様やペットのプレイスペースとして
・第2のリビングとしてくつろげる空間に

洗濯物干しスペースだけじゃもったいない!

洗濯をする人

ガーデンルームには透明な屋根があり採光ができますので、洗濯物干しスペースとしてももちろん使用することができますが、それだけでは設置にかかる費用を考えるともったいない使い方です。

※ガーデンルームには物干しユニットなどもオプションでつけられますので、もちろん洗濯物干しスペースとしてもお使いいただけます。

洗濯物干しスペースとして使う場所は、ベランダや洗面所に室内物干しを設置するなどで対応できますので、ガーデンルームはリラックスして長く過ごすことのできるワンランク上のスペースとして活用してはいかがでしょうか?

おしゃれ活用事例1. 趣味や家庭菜園を楽しむスペースとして

image画像提供:ガーデンルームGF|LIXIL

出典:ガーデンルームGF|LIXIL

適度に開放感のあるガーデンルームは、趣味のスペースとしてもピッタリです。

お好みのスタイルの床材や天井材などでコーディネートすればオリジナルな空間が生まれます。

また、ガーデンルームは採光できるのでお好みの花や家庭菜園を楽しむスペースとしても活用できます。

冬の寒さに弱い植物も囲いがあることで寒さよけになるので、庭よりも育てやすいです。

開口部を開ければすぐに庭があるので掃除もしやすくなりますよ!

おしゃれ活用事例2. お子様やペットのプレイスペースとして

image画像提供:ガーデンルームGF|LIXIL

外遊びが大好きなお子様は、屋根があるガーデンルームなら雨の日でも外の雰囲気を楽しむことができます。

秘密基地のようにインテリアをコーディネートしてあげれば、お子様にとってとっても楽しい空間になりますよ!

オプションで、ペットの爪にも強いネットや足洗いシャワー水栓を取り付けられるメーカーもありますので、ペットの遊び場としても活躍します。

おしゃれ活用事例3. 第2のリビングとしてくつろげる空間に

image画像提供:ガーデンルーム「ココマ」|LIXIL

ガーデンルームはリビングから続くスペースとして作ると、活用の幅が広がります。

ソファやお気に入りの雑貨を置いて室内空間のように使ったり、お友達を招いてBBQパーティー楽しみたい時には土間床を選んでおくと、水を流して掃除をすることもできて便利です。

夜には、バリエーション豊富な照明オプションでぐっと雰囲気のあるリビングを作り、夜空を見ながらお酒を飲んで大人の時間を楽しんでみるのも素敵です。

ガーデンルームのおしゃれな活用事例まとめ

ファミリー

最近のガーデンルームは、オプションも豊富で、色やデザインなども数種類から選ぶことができます。

また、LIXILさんの商品では、DIYでお好みのインテリアを楽しむことができるように、ネジを打ち込めるエリアや部材を架けることのできるエリアを設けており、アレンジの幅も広がります。

お庭や隙間スペースがある方は、ぜひおしゃれなガーデンルームもご検討してみてくださいね。

image

ガーデンルームをお得に設置するには?

業者の提案

ガーデンルームは基本プランにオプションをつけると費用が高くなることがありますが、設置業者さんによって本体の割引率が異なるため、複数の見積もりをもらって比較検討してみるとお得に設置することができます。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。