【日当たりの悪い家のデメリット】改善方法とリフォームの相場を解説

【日当たりの悪い家のデメリット】改善方法とリフォームの相場を解説

日当たりの悪い家は住宅の劣化が進みやすく、できるだけ早く日当たりを良くする対策をしなくてはいけません。今回は、日当たりの悪い家のデメリットや日当たりを良くするためにできる対策を解説します。まずはこの記事のポイントをまとめました。

POINT この記事のポイント

・日当たりの悪い家はデメリットが多い
・日当たりを良くする改善策はある
・採光用小窓の増設なら約10万円~15万円

日当たりの悪い家のデメリット

日当たりの悪い家のデメリット

日当たりが悪いことで、カビの発生や断熱性の低下・精神的な悪影響などが考えられ、住宅だけでなく心身面への影響も懸念されます。日当たりの悪い家にはデメリットしかないと言っても過言ではありません。しいてメリットを挙げるとするなら、販売価格が相場よりも安いことぐらいでしょうか。

建売住宅で元から日当たりの悪さを了承して購入したんであれば、ある程度想定されることですが、住んでいる間に近隣が住宅密集地になってしまったり高層建物が建設されたために日当たりが悪くなってしまうこともあります。 このような状況から日当たりが悪い家に住んでいることで考えられるデメリットは上記の3つです。以下、詳しく見ていきましょう。

1. カビが発生する

カビ

日当たりの悪い家は湿気がたまりやすく、湿度の高い状態が続きます。湿度が高いと、年間を通して家の中がジメジメとするため、いずれ部屋の中にカビが発生します。特に押入れやクローゼットはカビの温床になりやすく、衣類や布団にまでカビが広がる恐れがあります。

関連記事:押入れのカビ対策のポイントは「換気」「除湿」「掃除」の3つです

洗濯物も乾きにくく、花粉症などで室内干しをしたい時にはさらに湿度が上がるため、浴室乾燥機や除湿機などを使って湿度を下げる工夫が必要です。

関連記事:冬に洗濯物が乾かない!洗濯物を早く乾かす3つのコツとおすすめリフォーム

2. 寒い

日当たりが悪いということは家の中の温度が上がりにくく、常に家の中がひんやりとした空気になります。日当たりが良いと日中は太陽光によって室内が温められますが、日当たりが悪いことによって寒い状態になるので暖房の効きも悪く、光熱費ががかさみます。

関連記事:
家が寒い原因を解消する3ヶ所の断熱リフォーム
床断熱リフォームがお得になる「次世代住宅ポイント」制度

3. 精神面に影響が出る

人間は太陽に当たることによって、セロトニンという気分を高めてくれる物質が脳から発生するのですが、年中日当たりの悪い家にいると、このセロトニンが出にくくなり気分が落ち込み抑うつ状態になる危険性があります。

例えば冬のヨーロッパでは晴れた日が少なく日照時間の短さによってうつ病患者が増えるというデータがあります。

参照:冬だけ体がだるい、眠い、過食…それは冬季うつかも?|eo健康

日当たりの悪い家を改善する方法

日当たりの悪い家を改善する方法

日当たりの悪い家を改善する方法には主に上記の3つがありますが、大規模リフォームになる場合が多く予算を立てておく必要があります。

1. 窓を増設する

窓リフォーム窓の増設(※画像はイメージです)

日当たりの悪い家を改善する方法として、最も費用が抑えられるのが窓を増設する方法です。日当たりの悪さを改善するためであれば採光用の小窓があればよいので、この場合だと約10万円~15万円程度の費用に抑えることができます。

採光できる窓の種類には下記があります。それぞれ設置費用目安とともに一覧をご覧ください。

窓の種類施工費用目安
小窓約10万円~15万円
室内窓約10万円~
腰高窓約10万~40万円
掃き出し窓約15万~24万円
天窓約30万~50万円

掃き出し窓のような大きなサイズの窓や、天窓のように天井や屋根を部分解体して穴を開ける工事が発生する窓は費用も高額になります。また、二階以上の場合は足場の設置費用が加わる点も費用がアップする理由です。

関連記事:
天窓設置のメリット・デメリットと価格相場【事例あり】
足場工事の見積書の見方を知ってトラブル回避!見積書の内容や足場工事費用の目安

スリット窓とロールスクリーン|TOSO画像提供:スリット窓とロールスクリーン|TOSO


出典:画像提供:スリット窓とロールスクリーン|TOSO

スリット窓FIX窓のような小窓の設置をするだけでも採光しやすくなり、日当たりの悪さを改善することができます。YKKapには豊富なデザイン窓が揃っており、階段の横や壁上部の横長スリット窓など、デザイン性も兼ね備えた窓を選べます。

監修者コメント
監修者画像

窓は高い位置ほど明るく照らす

窓を新しく追加するリフォームは、比較的費用も高額になりがちなリフォームではあります。せっかくお金を掛けてリフォームするなら、効果を最大限に高めたいですよね。お部屋を明るくするために最も効果的なのは、窓の位置を高くするということです。一番高い位置は屋根、トップライトです。屋根の葺き替えとタイミングを合わせてトップライトの追加工事を行えば、ついでの工事として余計な費用も抑えることができます。ぜひ、ご検討されてみてはいかがでしょうか。

監修者:高橋 みちる(一級建築士)

2. 2階リビングにリフォームする

2階リビング2階リビング(※画像はイメージです)

2階リビングとは、日当たりの悪い1階から2階へ人が多く長く集うリビングを配置することで日当たりの悪さを改善する方法です。2階リビングにすることで水廻りの移動なども発生するため、費用は高額になります。

2階リビングを設置するためにかかる費用目安は下記一覧で、すべてが必要ではありませんがどの程度の設備を2階へ増設するかによって費用が変わります。

リフォーム内容費用目安
キッチン増設約250万円~
トイレ増設約50万円~150万円
浴室増設約150万円~250万円
内装工事~約50万円
耐震補強工事約50万円~100万円
監修者コメント
監修者画像

2階LDKで明るく開放的に

起きている時間を一番多く過ごす場所といえば、LDKではないでしょうか。となれば、やっぱりLDKは家の中で一番条件のいい場所に設定したいですよね。1階よりも2階の方が、日当たりや風通しなどの居住性能は良いですね。そしてさらに、2階は1階に比べ、地震に耐えるための壁の量が少なくてすみます。つまり、壁の少ない広々とした大空間をつくりやすいのです。長い時間を過ごすLDK、ぜひ2階にご計画されてみてはいかがでしょうか?

監修者:高橋 みちる(一級建築士)

3. 吹き抜けを造る

吹き抜け

住宅内の日当たりを良くする方法として、新築で多く採用されているのが吹き抜けです。狭小住宅の場合は、採光と空間を広く見せることもできるので人気です。新築の場合は吹き抜けの間取りを考慮するのは難しくありませんが、リフォームで吹き抜けを造るとなると、費用も施工期間もかかります。

吹き抜けを造るためには、2階の天井部分を解体し2階の部屋も部分的または全体的に撤去する必要があります。費用目安は約100万円程度はかかるとみておいた方が良いでしょう。

関連記事:吹き抜けのメリット・デメリットとリフォームの種類・価格相場とは


一括見積もりの使い方

家を修理したいけど、どこに頼めば…?
とりあえず家仲間に書き込んでみよう!匿名で記入できるから安心ね。

業者さんに伝わりやすい、現場写真や間取り図などのファイル添付も簡単です。

匿名で入力するだけで、業者さんから概算見積もりや提案が届きます。

かんたん 直接頼める業者さんへの匿名相談はこちらから

日当たりの悪い家にできる3つの改善策まとめ

日当たりの悪い家に住んでいると、毎日が辛くて精神面での影響のほうが早く出てくる可能性もあります。日当たりの悪い家を改善する対策が今すぐにできない場合は、壁紙を明るい色にしたり、日照時間の短い北欧インテリアを参考にしてみたり、除湿機で湿度を下げてみたりすると良いでしょう。

関連記事:ウォールステッカーは北欧が人気!ウォールステッカー 北欧や北欧風一覧

上記はあくまでも簡易的な対処法ですので、早いうちに日当たりを良くするためのリフォームをされるほうが住宅が長持ちします。いくつかの業者さんに相談して早急に日当たりを良くするリフォームをご検討してみてくださいね。

日当たりを改善する窓の増設費用を一括見積り!

日当たりを改善する窓の増設費用見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。日当たりは夏と冬で太陽の位置も変わるため、採光のための窓を増設したい場合は施工経験の豊富な業者に依頼することが重要です。

家仲間コムの見積もりサイトには
約1000社の登録業者さんがいるので、過去の施工事例なども見せてもらいながら最適なリフォームを考えてもらいましょう。また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

日当たりを改善する窓の増設費用見積もりを無料でしてみる

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

家仲間コムなら
業者の手数料が無料だから安くなるかも!/

一般的に業者さんがサイトに支払う成約手数料
(売上の約10〜20%)が家仲間コムではかかりません。

日当たり悪い家の
業者さんを匿名で探してみる
監修者プロフィール
監修者画像

一級建築士

高橋 みちる (たかはし みちる)

WEBサイト


アールイーデザイン一級建築士事務所代表。

住宅業界で新築・リフォームの営業・設計・現場監理などを経験。
これまで3000件以上の現場を見ながら、「永く、快適に住み続けるためにはどうしたらいいのか?」を常に探求し続け、リフォーム提案を行っている。
また、現在は執筆活動や企業向けの社員研修、一般向けの講演会なども全国各地にて実施。

著書「やらなければいけない一戸建てリフォーム」(自由国民社、2020年7月発売)

【保有資格】

【所属】

noteにてリフォームに関するお役立ち情報を発信中!
高橋みちる|リフォームコンサルタント|note

編集者プロフィール
編集者画像

大永 和弘 (おおなが かずひろ)

WEBサイト


株式会社マッチングジャパン 代表取締役社長。

大学卒業後、カーテンレールシェアNo1の内装材メーカートーソー株式会社にて、7年間勤務。
入社後は、大手ハウスメーカーやリフォーム会社、工務店、内装工事業者など約200社を担当。その際に新築住宅やリフォーム住宅など数多くの現場を経験。

退社後、株式会社マッチングジャパンを2006年に創業し、ハウスメーカーやリフォーム会社のWEBマーケティングを経験。
その他、内装材メーカーや建材メーカーにWEBプロモーションに関わるコンサルティングを提供。

同時にリフォーム業者検索サイト「家仲間コム」の運営責任者として、累計5千社を超える施工業者にサービスを提供。サイト規模は月間アクセス約360万PV、見積利用者数は年間約5万人までに成長。

自身も7度の引越しと2度の住宅購入を経験し、家のリフォームや修繕をユーザーの立場で多く経験。
その経験から、規模が小さくても優良なリフォーム業者を探せるサイトの必要性を強く感じ、サービスの利便性向上に注力している。

現在は、ウォールステッカーカーテンブラインドロールスクリーンなどのECも展開中。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。