網戸の防犯は「補助錠」と「ステンレス網戸」は必須!他にもできる防犯対策

網戸

網戸は開けたままにして寝てしまう人も多く、防犯面から見ると非常に危険です。
日中であっても網戸だけで生活するのは万が一の空き巣被害に遭う危険性もあるので、網戸の防犯対策を見直しましょう。
今回は、網戸の防犯対策を高める方法を解説します。

空き巣の侵入は窓からが多い

空き巣

住宅の空き巣被害の多くは窓からが多く、なかでも「無施錠」の玄関や窓から侵入するケースが非常に多いです。
参照:空き巣の侵入手段|ミワロック

無差別な窃盗目的であれば無施錠の出入口から侵入するのが最も手早く犯行が行えますので、玄関も窓をしっかりと施錠しておくことが重要な防犯対策になります。

網戸に防犯性能はありません!

網戸はそもそも防犯対策を目的としておらず「通風」「虫の侵入防止」のための住宅設備です。

網戸を閉めているからといってなんの防犯性能もありません。

こんな網戸の使い方は危険!

気候が良くなってくると、エアコンを使わず自然の風だけで眠りたいと思う方も多いですよね。

「網戸だけで寝たい」というお気持ちは分かりますが、防犯対策としては絶対にしてはいけないといえます。

特に1階の窓を開けて網戸だけで寝る行為は大変リスクが高いのでおすすめできません。

窓のある寝室

また例えば、リビングで過ごしている間、誰もいない別の居室の窓を開けて網戸だけにしている場合も危険です。

通風や換気のために網戸だけにしておくこともありますが、空き巣は在宅中にも侵入します。
このような手法を「忍び込み」「居空き」といい、実際に空き巣の手口として都内では増加傾向にあるそうです。
参照:窓と玄関の防犯をチェック|アルソック

在宅中に空き巣と鉢合わせるなんて考えただけでも恐怖です。

網戸の防犯性能を高める方法

では、網戸の防犯性能を高める方法にはどんなものがあるのでしょうか?

一般的には、「補助錠の取り付け」と「破れにくいステンレス製の網戸を採用する」方法が挙げられます。

1. 網戸に補助錠を取り付ける

川口技研 網戸用心ロック|東急ハンズネット出典:川口技研 網戸用心ロック|東急ハンズネット
商品価格:880円~

網戸には本格的な鍵を取り付けることが構造上難しいですが、簡易の補助錠が1,000円以内で購入できますので、取り付けておくと防犯性能を高めることができます。

網戸に取り付ける補助錠はあくまでも「侵入に時間がかかる家」という心理的抑制効果を狙ったもので、網戸が破られてしまえば侵入できるため完全な防犯対策にはなりません。
さらに別の防犯対策もしておくことが大切です。

2. 網戸をステンレス製に替える

一般的な網戸はポリプロピレンやポリエステルなどの素材からできており、カッターなどで簡単に破ることが可能です。
参照:網戸張り替えの基礎知識/網戸選びは2つのポイントを抑えるだけ!

ステンレス製の網戸は防犯性を高めるために新しく開発された網戸で、防犯商品として販売されています。

また、ペットを飼われているお宅でも網戸がペットの爪で破れないため人気があります。

ステンレス防虫網|DCMオンライン出典:ステンレス防虫網|DCMオンライン
商品価格:34,630円~(910mmx30m)

ステンレス網戸は一般的な網戸よりも費用が上がりますが、劣化にも強いため網戸の張替え頻度が少なくて済みます。
網戸の耐用年数は約5年程度で張替えが必要になる場合が多いので、長い目で見ると耐久性のあるステンレス網戸はおすすめです。

ステンレス網戸はカッターでは切れないため、業務用のカット工具が必要です。
DIYでも張替えができないわけではありませんが、ステンレス網戸は扱いにくいので網戸の張替え業者に依頼したほうが良いでしょう。
張替え費用は4,000円~8,000円(1枚あたり)が目安です。

網戸にプラスして行う住宅の防犯対策

網戸の防犯性を高めるためには、補助錠を取り付けたりステンレス製の網戸を採用する方法をお伝えしましたが、これではまだ十分とは言えません。

よほど頑丈な設備でなければ侵入のプロの手にかかればあっという間に開けられてしまいますので、侵入を諦めるように仕向けて行くのが効果的な防犯対策となります。

できるだけ家全体にまんべんなく防犯対策をしておきましょう。

業者

網戸にプラスして行う住宅の防犯対策には下記のようなものが挙げられます。

・窓の近くに人感センサーや防犯カメラを取り付ける
参照:エントランスには人感センサー照明がお勧めです!

・窓の近くの外構には防犯砂利を敷く
参照:滑り出し窓にできる4つの防犯対策

・窓に防犯ガラスや防犯シャッターを取り付けておく
参照:防犯ガラスかシャッターのどちらがいいか迷ったらお読みください

網戸の防犯対策まとめ

網戸

網戸はそもそも防犯対策を目的としていないため、春や秋などの気候の良い季節は十分注意しておかなければいけません。
網戸だけ閉めて窓を開け放している住宅に空き巣が侵入してくる危険性があります。

網戸を設置する際には必ず補助錠を取り付けておき、材質も丈夫なステンレス製にしておくのがおすすめです。

さらに、空き巣に侵入しにくい家だと認識させるためにもあらゆる開口部の防犯性を高めておくのが効果的です。

image

網戸や窓の防犯対策をお得にするには?

業者

網戸や窓の防犯対策をお得にするには、施工経験の豊富な業者に一括見積りをすると便利です。
窓の設置業者は防犯対策の知識も豊富なので、より効果的な対策を依頼してみましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。