滑り出し窓の防犯対策とは|窓のリフォームにかかる費用を解説

 滑り出し窓の防犯対策とは|窓のリフォームにかかる費用を解説

滑り出し窓はトイレや洗面所など、住宅の水廻りに取り入れられていることの多い窓の種類ですが、実はあまり防犯対策がされていない傾向にあります。暖かい季節になると空き巣被害が増えますし、開放された滑り出し窓から盗撮などの被害もあり得ます。この記事で詳細を説明していきますが、まずはこの記事で紹介している内容の結論を簡単に記載します。

匿名・無料の一括見積もり

POINT この記事のポイント

・滑り出し窓とは、窓の上枠部分又は左右どちらかの枠を軸として片方だけが開くタイプの窓のこと
滑り出し窓への防犯対策には、「滑り出し窓は1階に設置しない」「内側へ面格子や鍵付き網戸を取り付ける」「滑り出し窓付近に人感センサーや防犯カメラを取り付ける」「滑り出し窓がある外構に音が鳴る仕組みを作る」などがある
・窓の防犯工事にかかる費用目安は、おおよそ3万円〜15万円ほど

滑り出し窓ってどんな窓?

 滑り出し窓|LIXIL 画像提供:滑り出し窓|LIXIL


出典:滑り出し窓|LIXIL

窓にはたくさんの種類がありますが、滑り出し窓は「装飾窓」という種類の窓に分類され、窓の上枠部分又は左右どちらかの枠を軸として片方だけが開くタイプの窓になります。主に換気・通風を目的としているため、比較的長い時間開けておくことが多いのですが、窓の構造上、防犯対策がしにくい種類でもあります。

全開にしても人が通れるほどの隙間はないので、基本的には防犯対策ができてはいるのですが、部品の緩みや故意に外すことによって侵入が可能になってしまう恐れもあるため、防犯対策を見直しておきたいところです。

滑り出し窓の防犯対策

 滑り出し窓の防犯対策

滑り出し窓は外側に開く窓の形状なので、窓の防犯対策として有効な「面格子」を取り付けることができません。

関連記事:空き巣の侵入口は窓からです!今すぐ窓リフォームで防犯対策を!

では、滑り出し窓への防犯対策はどんなことができるのでしょうか?上記の4つの方法を見てみましょう。

1. 滑り出し窓は1階に設置しない

滑り出し窓を設置したい場合は、1階は避けておいた方が安心です。侵入しにくい又は侵入に時間がかかる場所であれば、万が一空き巣犯に狙われたとしても時間がかかる窓からの侵入は諦めます。例えば、足場の安定しない場所や人目につく場所などです。

滑り出し窓を採用することの多い水廻りは1階にあることが多いですが、格子や目隠しルーバーなどを取り付けられるタイプの窓にしておくと安心です。

関連記事:年末年始は見直すチャンス!窓の防犯対策に最適な格子ルーバー取り付けの費用や素材の特徴は?

2. 内側へ面格子や鍵付き網戸を取り付ける

 室内面格子|LIXIL 画像提供:室内面格子|LIXIL


出典:室内面格子|LIXIL

滑り出し窓の内側に面格子や鍵付き網戸を取り付けることで、防犯性を高めることができます。面格子は見た目にも頑丈で、一般の人であれば侵入することはできません。

犯行のプロである空き巣にかかれば外されてしまう恐れもありますが、侵入に時間がかかるため犯行の抑止力として有効です。



出典:上げ下げロール網戸|YKKap

上げ下げロール網戸は使用する時にだけ下げて使うことのできる巻き取りタイプの網戸で「上げ下げロール網戸」は上下に巻き取り、「横引きロール網戸」は左右どちらかに巻き取るタイプの網戸です。使わない時には格納されているので、スッキリとした開放感のある窓辺を作り出せます。

網戸はカッターなどで切ることができるため防犯対策としては完璧ではありません。補助錠を取り付けたり、網戸があることで侵入に時間がかかると思わせて犯罪を抑制する目的として取り付けます。より強固な防犯対策であれば面格子を取り付けることをおすすめします。

3. 人感センサーや防犯カメラを取り付ける

滑り出し窓のある外壁に人感センサーや防犯カメラを設置するのも防犯対策になります。住宅の水廻りは人通りのある表通りよりも裏通りなどの外からの視線を遮ることができる方角に位置することが多いため、人目につかず犯行に及ぶことが可能です。

人が通った時に自動で感知して照明がつく人感センサーや、連動して防犯カメラを起動させるような防犯グッズを設置しておくと安心です。

関連記事:ホームセキュリティの価格は買い取りかレンタル?自作で取り入れる方法もありますよ!

4. 外構に音が鳴る仕組みを作る

防犯防草のジャリ|アイリスオーヤマ
出典:防犯防草のジャリ|アイリスオーヤマ
商品価格:3,420円~

滑り出し窓は住宅の裏通りや隣家との境に取り付けることもありますが、外構はどのような材質で造られていますか?外構の通路がコンクリートや芝生・土などの素材であると、人が通った時に音がしませんよね。

表側などよく出入りする場所には写真のように歩きやすくしておくほうが使いやすいですが、裏側の通路は歩きにくく音が鳴る仕組みを作っておくほうが防犯効果が高くなります。こういった住宅内の人目につかない裏通路などには、歩くとギシギシじゃりじゃり音が鳴るように「防犯砂利」を敷いておくのがおすすめです。

防犯砂利は、大きめの石の方が大きな音がするため防犯対策として効果的です。石同士が擦れ合うように厚みは約4cm以上、1㎡辺り約40Lを目安に使用しましょう。

家仲間コムの窓の防犯工事事例

アルミ面格子の取り付け【40万円】

【施工前】

【施工後】

施工箇所:1階周り各お部屋
築年数 :10年
施工業者:オシャレスキュー 

1階周りの防犯対策として、全ての窓に面格子を取り付けたいとの依頼でした。お家全体の雰囲気とマッチするよう、窓枠に合わせたサイズと色の窓格子をオーダー製作しています。施工は1日で完了し、防犯面でも大変ご満足いただいた事例です。

関連記事:1階窓 アルミ面格子の取り付け

面格子取り付け工事【15万円】

【施工前】

【施工後】

施工箇所:1階窓
築年数 :新築
施工業者:株式会社 キュア・トラスト 

新築の1階の窓6か所に格子をつけたいとの依頼でした。お部屋部分には、防犯性を考慮して、お部屋部分には、アルミ製の面格子(LIXIL シャイングレー W790×620)を採用し、浴室 部分には、セキュリティフィルターを取り付けました。

関連記事:面格子取り付け工事

サッシ多機能ルーバー設置工事【6万円】

【施工前】

【施工後】

施工箇所:サッシ
築年数 :約7年
施工業者:ディライトホーム株式会社

既存の面格子では、完全な目隠しができず不安なため、もっとセキュリティ性の高いものに変更したいとのご相談でした。可動式をご希望とのことでしたので、内側からルーバーの角度を調整できる多機能ルーバーを設置しました。防犯性も高まり、安心してお住まいいただけるようになりました。

関連記事:サッシ多機能ルーバー設置工事

窓の面格子工事【3万円】

【施工前】

【施工後】

施工箇所:窓
築年数 :不明
施工業者:合同会社レア

既存の窓の隠し(波板)が劣化してるため、新しいものに交換したいとの要望でした。なるべくシンプルな面格子をご希望で、低予算で抑えたいとのことで、リクシル製のシルバー色の波板を採用しました。

関連記事:窓の面格子工事 価格3万円(税込)

目隠し可動ルーバー【14万円】

【施工後】

施工箇所:窓
築年数 :新築
施工業者:MADOショップ 保谷栄町店

防犯と目隠しのために、網戸と格子をつけたいとのご依頼でした。可動ルーバーは防犯に優れているだけでなく、羽根の開閉角度が最大130°まで開き、無段階調整できるという特徴を有しています。そのため、防犯対策だけでなく外部からの目隠しにも最適で、遮光と採光もお好みで調整が可能です。

関連記事:目隠し可動ルーバー

滑り出し窓にできる4つの防犯対策まとめ

滑り出し窓にできる防犯対策はどれも難しいことではありませんが、より効果的に対策をするためには窓の施工や外構工事を専門とするプロの業者さんに依頼するほうが確実です。

今回ご紹介した滑り出し窓にできる4つの防犯対策はいずれもリフォームで対応ができますので、一度専門業者に問い合わせてみてはいかがでしょうか?窓を開けることが増える季節の前に防犯対策をきっちり見直しておきましょう!

滑り出し窓に効果的な防犯対策をするには?

滑り出し窓に効果的な防犯対策をするには、施工経験の多いプロの業者に訪問見積りや電話見積もりをしてもらうことです。多くの施工経験がある業者さんが多いので被害事例なども把握していますし、より効果の高い防犯対策が期待できます。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

滑り出し窓の防犯対策を無料で相談してみる

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

家仲間コムなら
業者の手数料が無料だから安くなるかも!/

一般的に業者さんがサイトに支払う成約手数料
(売上の約10〜20%)が家仲間コムではかかりません。

滑り出しの
業者さんを匿名で探してみる
編集責任者プロフィール
編集者画像

編集責任者

家仲間コム編集部

プロフィール


利用会員数260,000人、登録リフォーム会社数1,400社を超える日本最大級のリフォームマッチングサイト「家仲間コム」を運営するリフォーム専門家集団の編集部が、一般的なリフォームの情報を纏めた簡易的な記事ではなく、実際の見積情報や価格相場に基づいた読者に役立つ、価値ある情報をお届けしています。

執筆者プロフィール
編集者画像

大永 和弘 (おおなが かずひろ)


大学卒業後、カーテンレールシェアNo1の内装材メーカートーソー株式会社にて、7年間勤務。
入社後は、大手ハウスメーカーやリフォーム会社、工務店、内装工事業者など約200社を担当。その際に新築住宅やリフォーム住宅など数多くの現場を経験。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。