家が寒い原因を解消する3ヶ所の断熱リフォーム

床とカーペット

家が寒い時、服を着こんだり暖房器具の温度設定を高くして寒さを軽減させようとしていませんか?
実は、家が寒い原因は家そのものに問題があることが多いんです。
今回は、家の寒さの原因となる家の断熱性を見直してみましょう。
主な3ヶ所の断熱リフォームを解説します。

家が寒い原因ベスト3!

笑顔の人

家が寒い原因として挙げられる3つの問題をみていきましょう。
有効な断熱リフォームと合わせて解説します。

1. 窓

窓

住宅の中で最も熱が逃げる部分は「窓」です。
住宅内の暖かい空気の約58%が窓から逃げていきます。

特に北側に設置してある窓は、家の中で最も室温が低い状態になりますので、北側にある居室には早急に窓断熱対策が必要です。

1-1. 窓ガラス

ご自宅の窓ガラスはどんな材質ですか?
下記一覧でリフォームが必要かどうかをご参考になさってください。

ガラスの種類遮熱機能断熱機能リフォーム度
単板ガラス0.89 6.0 早急
複層ガラス
(2枚のガラス)
0.80 2.9 早めに
高断熱複数ガラス0.65 1.8 不要
遮熱高断熱複層ガラス0.42 1.7 不要

遮熱機能と断熱機能は、数値が小さいほど高性能です。

新築住宅は複層ガラス以上の窓ガラスが使用されていることが多いですが、古い住宅では単板ガラス(一枚ガラス)を使用している場合もあり、早急にリフォームをおすすめします。
年間の暖房費が大きく変わりますよ。

1-2. 窓サッシ

窓ガラス同様、サッシの材質も重要です。
上記の窓ガラスの中で高性能な「遮熱断熱複層ガラス」と「樹脂サッシ」の組み合わせが最も断熱効果が高くなります。

image画像提供:樹脂窓APW|YKKap

出典:樹脂窓APW|YKKap

サッシの種類断熱性能リフォーム度
アルミサッシ早急
アルミ+樹脂サッシ★★★予算があればリフォーム
樹脂サッシ★★★★★不要

1-3. ウィンドウトリートメント選び

窓際にいる親子

断熱性能の高い窓サッシと窓ガラスにリフォームしたら、ウィンドウトリートメント選びでさらに断熱性を高めましょう。

2. 床

床に寝転ぶ猫

暖かい空気は上へ上へとあがっていきますので、床面はいつまでも寒いままである場合が多いです。

床には断熱材が入っていることが大変重要で、万が一断熱材が入っていない床の場合は家が寒い原因となります。

床暖房

床断熱リフォームの方法には下記の2種類があります。
・既存の床材をはがして断熱材を施工
・住宅の基礎部分から断熱施工

断熱材の種類によって断熱性能と価格が変わってきますので、下記記事をご参考になさってください。。
参照:断熱材の種類や性能を一覧でご紹介!住宅メーカーに多く採用されている断熱材も独自調査!

断熱材が入っていないor断熱性能が低いと床から底冷えして、いつまでも家が寒いままになってしまいますので、床の断熱リフォームをするまでは、毛足の長いカーペットやカーペットを二重に敷くなどで寒さ対策をするのもおすすめです。
参照:床リフォームの際には床断熱リフォームもご検討ください

3. 壁

壁リフォーム

築年数が経った住宅で、冬に壁を触ってみるとひんやり冷たいです。
壁からの冷気も、家が寒い原因となります。

昔の住宅は断熱対策が不十分であったり、現代より断熱性能が低いため、断熱リフォームをおすすめします。

以前は壁をはがして断熱材を施工していましたが、現在のリフォーム技術は進化しており、壁紙をはがして断熱材を施工したあと壁紙クロスを貼り付けていく方法もあり、簡単に断熱リフォームを行うことができます。

寒い冬に起きやすいヒートショック現象対策として、浴室への断熱対策も有効です。
参照:バスルーム:床・壁・天井断熱|Panasonic

断熱リフォームの費用目安

電卓と設計図

上記で挙げた家が寒い原因を解消するための断熱リフォームは、どれぐらいの費用がかかるか気になるところです。
費用目安は下記一覧をご参照ください。

断熱リフォームの種類費用目安
窓断熱リフォーム(掃き出し窓の場合)約10万円~
床断熱リフォーム(1㎡あたり)約0.3万円~
壁リフォーム(1㎡あたり)約1.5万円~

約10帖の部屋の床と壁の断熱リフォーム費用目安は下記の通りです。
・床断熱リフォーム:10帖(約16㎡)=約5.4万円~
・壁断熱リフォーム:10帖(約40㎡)=約60万円~

断熱リフォームは一部分だけ行っても効果が低いので、全体的に行う方が長い目で見て省エネにつながりお得です。

家が寒い原因を解消する断熱リフォームまとめ

業者

家が寒い時には、住宅の断熱リフォームをご検討ください。

断熱リフォームは断熱材を施工していくだけなのですが、施工には専門業者の高度な技術が必要です。

断熱材を誤った方法で施工してしまうと「内部結露」が起こり、見えない住宅建材の内部にカビが発生し、住宅の劣化につながります。
最悪の場合は住宅の倒壊につながる恐れもあります。

断熱リフォームの際は信頼できる業者選びがとても重要です。

image

断熱リフォームを安心して任せるには?

ネット検索する人

断熱リフォームを安心して任せるには、業者の一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。

・断熱について十分な説明をしてもらえるか
・丁寧な施工をしてくれるか
・施工経験が豊富で良い口コミがあるか

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、施工事例や口コミなどから選ぶことができます。

image

image

見積もり依頼は完全無料で匿名で利用できます。
お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。