窓断熱効果を40%も高めるハニカムスクリーンの魅力と注意点

窓

窓断熱で近年大注目のハニカムスクリーンをご紹介します。
ハニカムスクリーンは独特な形で窓断熱効果をアップしてくれる比較的新しいウィンドウトリートメントです。
豊富なカラーバリエーションがあり、上下で違うカラーをコーディネートできる人気のツインカラーなど、ハニカムスクリーンを取り入れるとおしゃれなインテリアで効率的に窓断熱ができますよ。
今回は、TOSOハニカムスクリーンの魅力や注意点などをお伝えします。

ハニカムスクリーンの窓断熱効果の秘密

ハニカムスクリーンの窓断熱効果の秘密は、その独特な構造にあります。

1. 蜂の巣構造

ハニカムスクリーンは蜂の巣のような六角形の形をしています。
六角形の中に空気の層ができることによって保温性を発揮し、冷暖房効率を高めることができます。

image画像提供:ハニカムスクリーン エコシア|TOSO

出典:ハニカムスクリーン エコシア|TOSO

住宅の中で最も熱が逃げやすく、熱が入りやすい窓の断熱対策をしっかり行うことが、住宅全体の断熱効果を高めることにつながるのです。
参照:
窓断熱リフォームで省エネ!冬もあったか室内に。
熱中症対策には窓リフォームが効果的です

2. コード穴がない

プリーツスクリーンはサイドに穴が開いていて、昇降用のコードが通っています。
この昇降用の穴から、わずかですが光漏れが起こったり断熱性も下がってしまいます。

ハニカムスクリーンには六角形の空気層があるので内部に昇降コードを通すことができ、スクリーンに穴はありません。
断熱性も下がることなく光漏れも防ぎ、見た目にもすっきりと美しいのが魅力です。

3. 断熱オプションでさらに窓断熱効果をアップ!

ハニカムスクリーンの両側に断熱オプションとしてフレームを取り付ければ、スクリーンと窓枠の隙間を防いでくれるので、最大の省エネ効果40%を得られます。

image画像提供:ハニカムスクリーン 断熱オプション|TOSO

ハニカムスクリーンの省エネ効果はどれぐらい?

実際にハニカムスクリーンを取り付けた場合とそれ以外の場合の省エネデータを見てみると断熱効果がイメージしやすいので、次の項目をご参考になさってください。

1. 単体ガラスとの組み合わせ

断熱の方法窓から逃げる熱量(U値)
単板ガラスのみ6.0
単板ガラス+カーテン4.2
単板ガラス+ハニカムスクリーン2.8
単板ガラス+ハニカムスクリーン+断熱オプション2.5

※U値が低いほど断熱性が高い

単体ガラスは最も断熱性が低いのですが、ハニカムスクリーンを取り付けると、省エネ効果は約33%もアップしました。

ただし、単体ガラスとハニカムスクリーンの組み合わせは結露が発生する可能性が高いのでおすすめしません。
のちほど注意点の項目でご説明します。

2. 複層ガラスとの組み合わせ

断熱の方法窓から逃げる熱量(U値)
複層ガラスのみ3.4
複層ガラス+カーテン2.7
複層ガラス+ハニカムスクリーン2.1
複層ガラス+ハニカムスクリーン+断熱オプション1.9

複層ガラスは「Low-E複層ガラス」「ペアガラス」とも呼ばれ、サッシにはまっているガラスが2重になった窓ガラスのことを言います。

複層ガラスは単体ガラスの約2倍の断熱効果がありますが、ハニカムスクリーンと併用することでさらに最大約40%も省エネ効果がアップします。

最もおすすめの組み合わせです。

ハニカムスクリーンの窓断熱効果で何が変わる?

エアコン

ハニカムスクリーンの窓断熱効果で省エネになることが分かりましたが、具体的に何が変わるのかピンとこない方もいらっしゃると思います。

簡単に言うと、夏は外からの熱気が室内に伝わらないので冷房が良く効くようになります。

反対に冬は、冷たい外気温が室内に伝わらず、暖房で暖めた室内の暖かい空気も外に逃げにくいので、冬でも暖かいお部屋で過ごせるということです。

冷暖房が良く効くということは、温度設定を上げたり下げたりする必要がなく、一定の温度を保ったままで運転できるので、電気代の節約につながります。

窓断熱効果が高すぎる?ハニカムスクリーンの注意点

ハニカムスクリーンはおしゃれで窓断熱効果が高くメリットしかないように思えますが、一つだけ注意点があります。

結露

ハニカムスクリーンの断熱性の高さゆえに、窓とサッシの種類によっては結露が発生する可能性があることです。

ハニカムスクリーンの結露対策

窓断熱効果を高めるには、カーテンやプリーツスクリーン・ハニカムスクリーンなどのウィンドウトリートメントも大切ですが、その前に窓ガラスとサッシの性能も影響します。

特に、最も窓断熱効果が低い【単層ガラス+アルミサッシ】の組み合わせの窓に窓断熱効果が高いハニカムスクリーンを取り付けると、結露が発生してしまう可能性が高いので注意が必要です。

ご自宅が【単層ガラス+アルミサッシ】の組み合わせの窓の場合は下記の2点の対処法をご検討ください。

1. 窓ガラスとサッシを交換

窓とサッシ

最もおすすめなのが、窓ガラスとサッシを断熱効果の高いものに交換する方法です。

特に掃き出し窓や大開口窓のような大きな窓は、窓ガラスとサッシの断熱性能は重要です。
参照:大開口窓のメリット・デメリット|窓ガラスとサッシで断熱効果がアップ!

2. 雨戸かシャッターを取り付ける

雨戸シャッター

窓ガラスとサッシの交換は費用もかかりますので、次におすすめなのは雨戸かシャッターを取り付ける方法です。

雨戸やシャッターは既存の窓に外から後付けすることができます。
断熱性が上がるので結露対策になるだけでなく、防犯対策としても有効です。
参照:
雨戸リフォーム/雨戸の後付けリフォームで防犯対策をしましょう!
防犯ガラスかシャッターのどちらがいいか迷ったらお読みください

窓断熱効果を高めるハニカムスクリーンの魅力まとめ

image画像提供:ハニカムスクリーン シエラ|TOSO

見た目にもおしゃれで窓断熱効果も高めてくれるハニカムスクリーンですが、結露対策だけは事前に行っておくと安心です。

窓断熱リフォームをした上でハニカムスクリーンを取り付けると、より効果がアップしてお得です。

ハニカムスクリーンの窓断熱効果を最大限生かして、おしゃれな窓辺作りを楽しんでみてくださいね!

image

ハニカムスクリーンの取り付け費用を一括見積り!

業者の訪問見積り

ハニカムスクリーンの取り付け費用見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。
ハニカムスクリーンを取り付けて結露が発生しないようにするには、窓ガラスとサッシの性能も重要です。
訪問見積りの際に、プロの専門業者の目から現状の断熱性を見てもらい、どういうリフォームが最適かアドバイスをもらえると効率よくお得ですね。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。