出窓の設置費用|新設の場合とリフォームの場合の費用を公開します!

出窓

出窓は家づくりの中でも、憧れの住宅設備の一つです。
見た目におしゃれな出窓ですが、設置費用はいくらかかるのでしょうか?
使い勝手はどうなのでしょうか?
出窓の設置をご検討の方に、設置費用やメリット・デメリットなどをお伝えします。

1. 出窓設置のメリット・デメリット

出窓

出窓は西洋建築様式の一つで、外壁より外にせり出した窓のことを言います。

出窓の形やサイズ、カウンターの広さによって利用用途が広がり、こだわりのインテリア造りにも大いに役立ちます。

1. 出窓のメリット

出窓はインテリア性が高く、せまい部屋を広く見せる効果があります。
日当たりの良くない部屋でも出窓を設置することで採光できる点もメリットです。

出窓と猫

また、出窓にはカウンターも同時に設置できますので、使途に合わせて高さを設定することでティータイムを楽しむ出窓カウンターになったり、勉強する空間として利用することが出来ます。

出窓の下部を収納として利用することも可能ですが、増築扱いになることもあるのでご注意ください。
増築については後程ご説明します。

1-2. 出窓のデメリット

出窓のデメリットは、外壁よりも外にせり出しているため外気温の影響を受けやすく結露が発生しやすい点です。
断熱効果を高めるためにも、二重窓にしたり樹脂サッシにするなどの工夫で結露対策が出来ます。

結露

1-2-1. 増築に当たる出窓

出窓のカウンター下部分を収納にしたい場合は注意が必要です。
出窓の高さが1.5m以上で、その下部が床面と同一の高さにあるものは床面積に算入され「増築」扱いとなります。

image増築に該当しない出窓

image増築に該当する出窓

2. 出窓の設置費用

気になる出窓の設置費用ですが、出窓を新設する場合とリフォームする場合の費用をご紹介しますのでご参考になさってください。

2-1. 出窓を新規で設置する費用

出窓を新規で設置する場合は、壁の解体・造作・出窓の設置・廃材処分費がかかってきます。
一般的には50万円~100万円程度かかってきます。
出窓の大きさや種類によっても異なります。

image画像提供:サーモスⅡ|LIXIL

出典:サーモスⅡ|LIXIL
商品価格:6.5万円~
(LOW-E複層ガラス、樹脂アルミ複合サッシ、引違い窓の場合)

また、2階以上の部屋に出窓を設置したい場合は足場代としてプラス15万円ほどかかります。
参照:足場設置の必要性、種類、費用目安は?

2-2. 出窓をリフォームする費用

出窓のリフォームには主に下記の内容が考えられます。
リフォーム費用目安と共に一覧にしました。

出窓のリフォーム内容リフォーム費用目安
窓の交換5万円~30万円
サッシの交換15万円~30万円
内窓の取り付け4万円~20万円
出窓の拡張(窓+サッシ代別途)10万円~15万円
カウンターの修理・交換3万円~5万円
廃材処分費1万円~5万円
施工費用4万円~5万円

2階以上の部屋の出窓リフォームの場合は、新設と同様足場代が別途加算されます。

出窓の設置費用まとめ

一般的な窓よりも結露しやすく、外気温の影響を受けやすい出窓は、なにより断熱性能を高めておくことが大切です。
出窓を設置するには、新設・リフォーム共にペアガラス+樹脂サッシを採用されることをおすすめします。

初期費用がかかりますが、長い目で見ると光熱費の節約になり結露に悩まされることが減ってお得です!

image

出窓の設置費用を一括見積り!

image

出窓の設置費用の見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
出窓の設置工事と同時にガラスやサッシを購入することで大幅割引をしてもらえる業者もあります。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるので、複数の業者に見積もり依頼をしてみましょう。
匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。