コーナー窓のメリット・デメリットと設置費用目安や注意点

コーナー窓のあるリビング

窓にも多くの種類がありますが、採光を目的とした開放感のある窓のひとつに「コーナー窓」があります。
コーナー窓は、2ヶ所の方角から採光ができて景色も見えますので、お部屋のアクセントとしても効果的です。
今回は、コーナー窓のメリット・デメリットと設置費用目安や注意点について解説します。

コーナー窓ってどんな窓?

コーナー窓はお部屋の角に設置する窓のことを言い、2ヶ所の方角から採光ができます。

開放感がある明るい家になるので取り入れたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

コーナー窓のメリット

コーナー窓のメリットには主に下記の3点があります。

・日当たりが良くなり明るくなる
・解放感がある
・デザイン性が高い

1. 日当たりが良くなり明るくなる

コーナー窓のあるダイニング

コーナー窓は角の2ヶ所に設置しますので、例えば東と南側に設置すれば、朝から日中ずっと日当たりの良い部屋になります。

一般的に日当たりが悪いとされる北向きの家でも、北と東にコーナー窓を設置することで日当たりを確保することも可能!

日当たりがよくなるということはそれだけ明るくなりますので、特にリビングなどに設置すると日が沈むまで明るい室内になりますね。

2. 解放感がある

コーナー窓からは外の景色も見えるので、開放感がある点も魅力です。

image画像提供:装飾レール「クラスト19」|TOSO

出典:装飾レール「クラスト19」|TOSO

一方向から光を取り込める大開口窓とはまた違った開放感があるのが、コーナー窓です。

3. デザイン性が高い

コーナー窓のあるリビング

ガラス窓はそれだけでもデザイン性が高く感じますが、コーナー窓にするとよりおしゃれに見えます。

日当たりが良いことで室内に多くの光を取り込むことができるため、室内に入り込む光も美しいです。

タワーマンションの高層階ではコーナー窓を採用して、美しい夜景などがよく見えるようレイアウトされていることも少なくありません。

コーナー窓のデメリット

コーナー窓のデメリットは主に下記の2点です。

・耐震性が劣る
・ウィンドウトリートメントに隙間ができる

1. 耐震性が劣る

一般的に壁である場所をガラス窓にしますので、耐震性が劣ります。

耐震性を高めるためには、1階部分に取り入れるよりは2階以上のほうが安心です。

image画像提供:装飾レール「ルブラン22」|TOSO

出典:装飾レール「ルブラン22」|TOSO

少しでも耐震性を高めるには、下記のような設置方法もおすすめです。

・角にはしっかりとした柱を設ける
・窓枠を大きめに設置
・複層窓や内窓を設置する
・窓の大きさを変える

防犯合わせ複層ガラスなら紫外線カット率も約99%と高く、室内での日焼け対策にも最適です。

2. ウィンドウトリートメントに隙間ができる

角に設置したコーナー窓に取り付けるウィンドウトリートメントは、角部分に隙間ができてしまうのがデメリットです。

カーテンレールには出窓などのカーブがある窓にも対応できる商品がありますが、左右に開閉するタイプのウィンドウトリートメントは厚みが出てもたつくこともありますので、上下に開閉するタイプのほうがスッキリします。

image画像提供:ローマンシェード|TOSO

出典:ローマンシェード|TOSO

TOSOのローマンシェードは、1台で入隅・出隅のあるコーナー窓に対応できます。

1ヶ所で左右のローマンシェードを開閉できるので、操作も楽です。

コーナー窓の設置費用目安

コーナー窓は、リビングなど居室だけでなく、バスルームや吹き抜けなどにも設置することができます。

コーナー窓の設置費用は、新設かリフォーム、採用するガラスやサッシのグレード・加工方法などによって異なります。

目安として下記の表をご参考になさってください。

コーナー窓の設置内容設置費用目安(腰高窓の場合)
角を残して2面にコーナー窓を設置約20万円~
角もすべてガラス窓に施工(突き合わせ)約30万円~
壁を撤去してコーナー窓を設置約35万円~
既存のコーナー窓に内窓を設置約15万円~

突き合わせコーナー窓設置の注意点

ガラスを突き合わせたコーナー窓を設置する際は注意が必要です。

ガラスを突き合わせるとは、サッシを設けずに2枚のガラス同士をコーキング材で接着する施工方法ですが、サッシがない分見た目が美しく仕上がるので希望される方も多いです。

実は、この突き合わせ施工の場合、複層ガラスが使用できません。

業者

複層ガラスは、2枚のガラスの間に空気やガスを充填して断熱性を高めたガラスですが、サッシと組み合わせることでその性能を発揮します。

サッシを設置しない突き合わせ施工では、ガラスのつなぎ目は接着面のコーキング材だけとなり、劣化とともに性能が落ちてきます。

複層ガラスを取り扱うメーカーではサッシを使用しない突き合わせ施工をした場合の保証が受けられないこともありますので、ガラス業者さんが設置できると言った場合でも必ず保証があるかどうかを確認してください。

また、コーキング材は必ず劣化しますので、コーナー窓で断熱性も高めたい場合は角にはサッシを設けておくことをおすすめします。

コーナー窓の設置まとめ

窓の施工業者

コーナー窓は、日当たりも良くなり明るいお家を造るために適したデザインですが、施工にはガラスの特性を良く知って丁寧に頑丈に接着できる技術も必要です。

採用したいガラスによってはコーナー部分にサッシが必要なものもあり、施工経験の豊富さによる判断も重要になってきます。

過去の施工事例などをよく比較して、丁寧な施工をしてくれるガラス設置業者さんを選びましょう。

image

コーナー窓の設置費用を一括見積り!

業者

コーナー窓の設置費用見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。
コーナー窓は、どの程度外壁をくり抜いて設置ができるのか、また耐震性を高める施工方法などを見極めるために必ず現場確認が必要です。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、訪問見積りも無料で対応してくれます。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。