室内の日焼け対策はUVカット率の高い窓ガラスへの交換が最も効果的!

窓の日差しを浴びる人

暖かくなって日差しが強くなってくると気になるのが「日焼け」です。
屋外だけでなく室内でも日焼けしますので、窓際からの日差しと紫外線には要注意です。
今回は、室内の日焼け対策として最も効果的なUVカット率の高い窓ガラスの交換についてご説明します。

室内で日焼けをする仕組み

室内にいると日焼けをしないと思われますが、実は窓からも紫外線は入り込んで日焼けをしてしまいます。

日焼けを起こす紫外線には波長の長さによって「UV-A」「UV-B」「UV-C」という3つに分類され、最も波長の長い「UV-A」は窓ガラスをも通過してしまうため室内での日焼けの原因となります。

窓からの日差しを浴びる人

「UV-A」は窓ガラスを透過するだけでなく皮膚の奥深くにまで到達すると言われており、そのためシミやシワの原因となりますので室内でも油断大敵です。

また、紫外線はお肌の日焼けだけでなく家具などの日焼けにも影響を及ぼします。

窓のそばに置いているソファが日が当たる部分だけ色あせていることはありませんか?
家具を長持ちさせるためにも窓からの紫外線はカットして日焼け対策をしておくことが大切です。

室内での日焼け対策は窓ガラスの交換が最も効果的

日差しが入る窓

では、そんな紫外線を防止するための室内での日焼け対策をご紹介します。

窓ガラスには様々な機能があり、中でもUVカット効果のある窓ガラスは日焼け防止効果が高く人気があり、室内での日焼け対策としておすすめです。

UVカット効果だけでなく断熱性や防犯性が高い点も窓ガラスを交換する大きなメリットになります。

窓ガラスには主に下記の4つの種類があります。

・単板ガラス
・複層ガラス
・Low-E複層ガラス
・防犯合わせ複層ガラス

住宅建材メーカーのYKKapの商品データを元に、各窓ガラスの紫外線カット率をまとめてみました。
参照:UVカット効果のある窓ガラス|YKKap

結論から先にお伝えすると、上記の4つの窓ガラスの種類の中では「防犯合わせ複層ガラス」が最も紫外線カット率が高くさらに防犯対策としても有効なので、窓ガラスの交換をされる場合にはこちらがおすすめです。

1. 単板ガラス/ほぼ透過

単板ガラスは昔ながらの住宅にはよく採用されていた窓ガラスで、一枚のガラスがはめこまれているだけなので、紫外線も透過してしまいます。

断熱効果も極めて低く、冬は寒く夏は暑くなるため複層ガラスへの交換がおすすめです。

2. 複層ガラス/紫外線カット率約43%

複層ガラスは2枚のガラスの間に空気の層(中空層)を造ることによって断熱効果を高めたガラスで、紫外線のカット率は約43%です。

窓ガラスの部位厚さ
室外側ガラスの厚さ3mm
中空層の厚さ12mm
室内側ガラスの厚さ3mm

3. Low-E複層ガラス/紫外線カット率約76%

Low-E複層ガラスは2枚のガラスの間に空気の層を造ったガラスで、ここまでは複層ガラスと同じですが、さらに室外側のガラスの外側に金属の層を造ってより断熱効果を高めています。

紫外線のカット率は約76%です。

窓ガラスの部位厚さ
室外側ガラスの厚さ3mm
中空層の厚さ12mm
室内側ガラスの厚さ3mm

4. 防犯合わせ複層ガラス/紫外線カット率約99%

防犯合わせ複層ガラスは、複層ガラスの室内側のガラスに厚みをもたせて、さらに中間膜を設けることによりガラス破りなどに対処できるよう防犯性を高めた窓ガラスです。

ガラスの厚みと中間膜の効果により紫外線のカット率は99%以上で、窓ガラスの中でも最も日焼け対策としての効果が高いです。

窓ガラスの部位厚さ
室外側ガラスの厚さ3mm
中空層の厚さ12mm
室内側ガラスの厚さ3mm+中間膜30ml+3mm

日差しが最も強くなる夏には台風シーズンも重なりますが、防犯合わせ複層ガラスは台風時の飛来物により窓ガラスが割れても飛び散りにくい点もメリットです。

室内の日焼けを防止する窓ガラスの交換費用は?

見積書

室内の日焼けを防止するには窓ガラスの交換が効果的ですが、費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?

最も紫外線カット率の高い防犯ガラスの場合、約1.7万円~/㎡が目安です。

日中カーテンを開けておくことの多いリビングの掃き出し窓は10帖のリビングの場合で約3㎡ちょっとですので、約5.1万円~程度の計算になります。

施工費用は一ヶ所あたり約1.5万円~2万円です。

せっかく断熱効果と紫外線カット率の高い防犯ガラスを採用するのであれば、断熱性の高い樹脂サッシと同時に交換するほうがより性能を発揮することができます。

樹脂サッシと防犯ガラスの交換をした場合の費用目安は約15万円~30万円です。

室内の日焼け対策まとめ

ワンポイント

室内の日焼け対策はあまり意識していない方も多いですが、毎日じわじわと紫外線が皮膚の深層部にまで浸透することによって、シミやシワの原因になっていきます。

フローリングや家具も日焼けによって劣化していきますので、住宅を長持ちさせるためにも日差しがよく入り込む窓辺の日焼け対策は重要です。

カーテンやロールスクリーンなどのウィンドウトリートメントでも紫外線をカットすることは可能ですが日中ずっと閉めておくわけではありませんので、根本的な解決方法としてUVカット率の高い窓ガラスへの交換をおすすめします。
参照:窓の日よけ対策は、室内と外の遮光アイテムが最適!

image

室内の日焼けを防ぐ窓ガラスの交換をお得にするには?

業者

室内の日焼けを防ぐ窓ガラスの交換をお得にするには一括見積りが便利です。
窓サッシや窓ガラスは業者によって割引率が異なるため、複数の業者に見積もり依頼をして費用を比較検討することでお得に取り付けることができます。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。