西向きの部屋のデメリットや注意点【夏の西日対策は必須】

日の当たる窓がある部屋

西向きの部屋の最大のデメリットは西日です。
よく「西向きの部屋に窓は造らないほうが良い」と言われることが多いですが、きちんと西日と暑さ対策をしておけば、冬には温かい日差しを取り入れることができる大きなメリットもあります。
今回は西向きの部屋を造るにあたり、注意しておくべきポイントを解説します。

西向きの部屋で考えられるデメリット

日差しを浴びて眩しそうな人

西向きの部屋では特に夏の季節にデメリットを感じることが多いです。

・西日で壁が熱くなり室内の温度が上がる
・窓がある場合、西日が暑い
・窓がある場合、西日がまぶしい

これらは夏以外の季節では特に気にならないのですが、夏の西日が強烈に暑いため西向きの部屋を避ける方も多いです。

西向きの部屋を造る際の注意点

西向きの家は立地によっては沈みゆく夕日が美しく見られ、筆者も西向きの部屋は好きですが、これから西向きの部屋を造られたりリフォームされる方は下記の点に注意をしておくと快適に過ごせるようになります。

・断熱性を高めておく
・通気性を良くしておく
・窓には西日対策を
・ウィンドウトリートメントは遮熱性の高いもの
・窓をつけるならオーニングなども設置

1. 断熱性を高めておく

西向きの部屋は、真夏は日差しにより外壁が熱くなります。

外壁が熱くなると室内にも熱気が伝わってきますので、特に西側の外壁の断熱性は高めておきましょう。

2. 通気性を良くしておく

夏の日差しで熱を持った外壁は室内温度も上昇させますが、こもった熱い空気を逃がすためには通気性を良くしておくことも大切です。

窓を設けないのであれば、換気口は必ず設置しておきましょう。

換気口があれば、室内ドアを開ければ空気が循環します。

image画像提供:ランマ付ドア・ランマ用窓|LIXIL

出典:ランマ付ドア・ランマ用窓|LIXIL
商品価格:10.3万円~

室内ドアをランマ付きの商品にするのもおすすめです。

実用性と見た目のおしゃれさも兼ね備えています。

3. 窓には西日対策を

日当たりのより窓

西向きの部屋に窓を設置する場合は、夏の西日対策をしておかなくてはいけません。

暑さ対策のできる窓には下記のようなパターンが挙げられます。

・遮熱ガラス+樹脂サッシ
・複層ガラス+樹脂サッシ
・内窓

この中でも最も効果が高いのは「内窓」です。

夏の暑さ対策だけでなく、騒音対策・冬の寒さ対策としても効果的です。

サッシには種類があり、集合住宅や昔の住宅でよく採用されているアルミサッシは熱伝導率が高いという性質から、夏の暑さも冬の寒さも室内へ伝えてしまいます。

これからの窓は少し費用がかかってしまいますが、快適な暮らしのためにも樹脂サッシをおすすめします。

3-1. 雨戸やシャッターも効果的

シャッター

夏の熱い西日対策として、雨戸やシャッターも効果的です。

夏はゲリラ豪雨や台風の多いシーズンでもありますので、雨戸やシャッターがあれば台風対策にもなり安心できます。

3-2. ガラスの熱割れに注意

窓ガラスの熱割れ

太陽の日差しが窓に当たっている場所と、日陰になって冷たい場所や室外機の冷たい風などが当たる場所があり、窓ガラス表面に温度差が生じるとガラスが熱割れを起こします。

特に西向きの日差しは強烈ですので、ガラス表面温度に差ができないよう注意しましょう。

4. ウィンドウトリートメントは遮熱性の高いもの

西向きの部屋に窓を設置した場合、夏と冬でウィンドウトリートメントを変えたほうが良いです。

夏は特に午後から夕方は西日で大変暑くなります。

image画像提供:ロールスクリーン「トリアスプレーン」|TOSO

出典:ロールスクリーン「トリアスプレーン」|TOSO
商品価格:36,300円~(1,800mm×1,800mmの場合)

遮熱性が高くUVカット効果のあるウィンドウトリートメントを採用して、室内に入り込む熱をシャットアウトしましょう。

反対に冬は熱を取り入れることのできる西日のパワーを積極的に取り入れたいところ。

そのため遮熱性のあるウィンドウトリートメントは取り外し、まぶしさを軽減するために遮光性のあるウィンドウトリートメントに交換するのがおすすめです。

5. 窓をつけるならオーニングなども設置

オーニング

窓には遮熱性の高い商品がありますが、それでも約4割もの日差しが窓から入り込んできます。

それを防ぐのはオーニングなどの屋外に取り付けるシェードです。

西向きの部屋のデメリットや注意点まとめ

OKマークをする人

西向きの部屋が苦手な方も少なからずいらっしゃいますが、そういう方の多くは夏の西日のお悩みが多いのではないでしょうか?

確かに西向きの部屋は西日が暑くてまぶしいので、夏の間は苦手な季節でもあります。

ただ、四季のある日本では猛暑と言われるのはわずか2ヶ月~3ヶ月程度。

それ以外の季節では、西日は家を温めてくれる効果もありますので、上手に夏の西日さえ防ぐ対策をしておけば、とても住み心地の良い家になります。

現在西向きの部屋でお困りの方やこれから新築される方は、西日対策をしておけば西向きの部屋でも快適に過ごすことができますよ!

image

西向きの部屋を快適にするには?

業者

西向きの部屋を快適にするには、「夏の西日対策」をしておくことです。
窓があるなら、遮熱効果の高い窓やウィンドウトリートメントを設置したり、通気性を良くしておくなどできることはたくさんあります。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。