セカンドリビングのメリット・デメリットと上手な活用パターン5選!

セカンドリビングとは?

セカンドリビングとは、メインとなるリビングの他に設けた小さめのリビングのことを言います。
セカンドリビングは二世帯住宅で設置されることが多いのですが、最近では多目的スペースとして取り入れる方も増えています。

セカンドリビング設置リフォームの費用目安は下記をご参考になさってください。
参照:セカンドリビング設置にかかる費用は?既存の部屋を利用すれば安く設置できます

1. セカンドリビングのメリット・デメリット

1-1. セカンドリビングのメリット

セカンドリビング

セカンドリビングはメインリビングのように家族と過ごすことが最大の目的ではなく、趣味やライフスタイルに合わせて設けることを前提とすることが多いです。

そのため、メインリビングよりも自由にレイアウトやデザインをすることが出来ます。
狭いスペースでも設置可能ですし、設置場所は室内でも屋外でも自由です。

趣味や目的に合わせてセカンドリビングを設置することで、より家で過ごす時間が楽しく充実することでしょう。

1-2. セカンドリビングのデメリット

設計計画

セカンドリビングのデメリットとしては、目的を明確にして造らないと単なる物置や使わない部屋になってしまう可能性があることです。

メインリビングで事足りてしまうのであれば、セカンドリビングは利用しなくなってしまいます。
なぜセカンドリビングを造るのかを明確にし、そのためのレイアウトやデザインを考え、目的のために居心地が良くなるようなセカンドリビングを計画しましょう。

また、セカンドリビングの設置費用がかかる心配もありますが、わざわざセカンドリビング用の部屋を造らなくても、現状空いている部屋やあまり使っていない部屋を利用してセカンドリビングとすれば設置費用も抑えられます。

2. セカンドリビングのメリット・デメリットを活かした活用パターン5選!

2-1. 二世帯住宅のもう一つのリビングとして

二世帯住宅

二世帯住宅のリビングは、2つの家族が同じ場所で過ごすメリットもありますが気を遣うことも多いですよね。
そんな時に、メインリビングとは別にセカンドリビングを設けると気を遣わず自分たち家族だけの空間を持つことが出来ます。

セカンドリビングの活用方法として最も多いパターンです。
時間帯を気にすることなく、家族だけで過ごせるメリットがあります。

2-2. 趣味を楽しむ空間として

夫婦で過ごすリビング

映画鑑賞や音楽鑑賞などの趣味がある方は、メインリビングで家族がテレビを観ている時間は趣味はいったん休止しなくてはいけませんよね。

そんな時セカンドリビングがあれば、家族のテレビ鑑賞の時間を邪魔することなくご自分の趣味を楽しむことが出来ます。

趣味を楽しむためとはいえ、こもりっきりになってしまうとセカンドリビングもデメリットな空間になってしまいます。
ご家族と一緒に過ごす時間も大切にしてくださいね!

2-3. ペットと過ごす空間として

ペットと過ごす空間

ペットを飼っているご家庭では抜け毛や匂いが気になったり、赤ちゃんのいるご家庭ではアレルギーが出ないか心配になるケースもあります。
そんな時はペットと過ごすための専用ルームとしてセカンドリビングを設置してみてはいかがでしょうか。

ペットと過ごすためのセカンドリビングには、消臭効果のある珪藻土の壁材を使用したり、ペットの足に負担のない床材を使用すると安心です。
参照:
珪藻土リフォーム/環境にも健康にも優しい珪藻土の基礎知識
ペットに適している床材の種類
ペットを飼っているお宅にお勧め!全館空調でペットの健康を守ります

ペットと過ごすためのセカンドリビングには、かじられたり破られてもいいソファやカーペットを用意しておくと、メインリビングにはお気に入りのインテリアを置くことができて安心ですね。

ペットも飼い主とゆっくり過ごすことが出来ますし、飼い主も掃除が楽になったり気兼ねなく遊んであげることが出来る点がメリットです。

2-4. お子様が安心して使えるリビングとして

キッズルーム

セカンドリビングは、キッズルームとしても最適です。
まだ小さいお子様は家具やインテリアを汚してしまったり、ガラス素材で怪我をしてしまう危険性もあります。
セカンドリビングを子供専用キッズルームとして設置することで、家具を傷つけずお子様の怪我の心配もなく安心して遊ばせることが出来ます。

キッズルームとしてセカンドリビングを設置する際は、「カーペット」「クッションフロア」「コルク」などの滑りにくく防音性・遮音性に優れた床材が最適です。

お子様が利用するセカンドリビングは、個室ではなく半オープンタイプにしたり間仕切りパネルにして、完全に孤立しないようにしておくのもおすすめです。

2-5. 来客専用ルームとして

リビングサンルーム

お友達を招いてホームパーティーをされることが多い方は、セカンドリビングを来客専用ルームとして利用してみてはいかがでしょうか。
来客専用であれば、おしゃれなインテリアにして生活感を見せることなく、おもてなしが出来る点がメリットですね。

開放感のあるサンルームとつながるセカンドリビングもおすすめです。
参照:サンルーム選びに役立つおすすめ事例3選をご紹介

image

セカンドリビングのメリット・デメリットを活かしてお得に設置するには?

業者

セカンドリビングをお得に設置するには一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
セカンドリビングの利用目的によって必要な住宅設備が変わってきますので、業者にアドバイスをもらいながら計画・施工していけると安心です。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。