どう選べばいい?廊下床材の種類は家族構成で選んでみよう

玄関前の廊下

一日に何度も通る廊下は使用頻度が高いため、他の場所より劣化が早く進んでしまう場所と言えます。
新しい床材に張替えたいけど、どんな種類の床材を使えばいいのでしょう?
そんな時は、家族構成に合わせて廊下床材の種類を選んでみてはいかがでしょうか。
今回は、家族構成別におすすめの床材の種類や価格相場をご紹介します。

廊下の床材に求められる機能は?

フローリングの張替え作業

1. 耐久性

廊下は玄関から各部屋へ移動するために家族が一日に何度も歩行する場所ですので、その使用頻度に耐えうる耐久性が必要です。

2. 素材

廊下は玄関と違い素足で歩くこともあるため、肌ざわりの良い素材であると良いでしょう。

足

また、玄関から続く廊下の場合は訪問客の目につきやすい場所でもあるので、高級感のある素材やデザインのものを使ったり、明るい色調のものを採用すると家のイメージもグレードアップして見せることが出来ます。

3. 滑りにくい

廊下を走って転んでしまっては危険です。
滑りにくい素材や加工が施されている床材を選びましょう。
お子様や高齢者がいらっしゃるご家庭では最優先したい機能です。

4. 防音性・遮音性

2階以上に設置された廊下の床材の場合は、階下へ歩行時の音が響かないよう防音性・遮音性のある床材を使うのがおすすめです。
特に二世帯住宅などの場合、上階の音は思った以上に階下へ響いてくるものです。
家庭内トラブルにつながる騒音対策はしておくほうが良いでしょう。

子ども

床材の種類

廊下に一般的に採用される床材の種類と価格相場は下記をご参考になさってください。

床材価格相場(1帖あたり)
カーペット0.1万円~
クッションフロア0.8万~1.3万円
コルク1.5万円~2万円
複合フローリング1.8万円~2.5万円
無垢フローリング2.2万円~3万円
タイル2.5万円~4万円

それぞれの床材の特徴などは下記のリンクをご参照ください。
参照:床リフォーム/床材の種類と張替え工程を調べました

高級感を求めるなら大理石も

上記6つの床材以外に、美しい光沢で住宅を一気に高級感あふれる空間にできる「大理石」がありますが、大理石は廊下にも取り入れることが出来ます。

高級なイメージがありますが価格相場は0.8万円~1.3万円/1帖程度で、グレードによってはフローリングと同程度の価格帯で導入することが出来ます。

大理石のメリットは、その光沢感によって高級感が出るところです。
光沢があるためゴミやほこりが目立ちにくい点も助かりますね。

デメリットは、冬場に歩くと冷たいことです。
床暖房を設置するなどの対策がありますが、廊下に床暖房を取り入れるかどうかは予算次第です。
また、材質が硬いため走り回るようなお子様や足腰の弱い高齢者のいらっしゃるご家庭に導入される場合はご注意ください。

お子様に適している床材の種類

お子様がいらっしゃるご家庭では、滑りにくく防音性・遮音性に優れた床材が最適です。
まだ小さいお子様が1人で廊下を歩くことはあまりないと思いますが、将来成長した時のことを考えて廊下の床材を選択しておきましょう。

赤ちゃんとフローリング

おすすめの床材の種類は、「カーペット」「クッションフロア」「コルク」です。
フローリングでも、滑りにくく防音性・遮音性を高めた商品もあります。

バリアフリーに適している床材の種類

昨今の高齢化に伴い、廊下の床材をバリアフリーに適した種類にリフォームしたいとのご要望が増えています。

以下の条件を満たしている床材はバリアフリーに適していると言えるでしょう。
・滑りにくい
・クッション性がある
・車椅子でも使用できる

おもいやりフロアⅡ|DAIKEN出典:おもいやりフロアⅡ|DAIKEN
商品価格:9,700円/㎡

ペットに適している床材の種類

室内でペットを飼われているご家庭の廊下には、バリアフリーと同じく滑りにくい床材がおすすめです。

滑りやすい床材だとペットにとってはかなりの足腰の負担になってしまうのです。
家族が帰宅すると玄関まで迎えに来てくれるペットが、廊下を歩くたびに足腰を傷めてしまうのはかわいそうですね

また、ペットが粗相した場合でもサッと拭き取れて掃除のしやすいメンテナンス性に優れた床材を選びましょう。

おすすめ床材メリット
タイルカーペット・衝撃に強く滑りにくい
・汚れた部分だけ洗える
クッションフロア・衝撃に強く滑りにくい
・水拭きできる
タイル・表面がザラザラしているので滑りにくい
・水拭きできる

廊下の床材張り替えの価格相場

業者とお客さま

廊下の床材張り替えリフォームの価格相場は、採用する素材や廊下の広さにもよります。
過去に家仲間コムに寄せられた事例をご紹介しますのでご参考になさってください。

玄関前廊下のフローリング張り替え
築10~20年の分譲マンションにお住まい、約6帖の廊下フローリングの張り替えをご希望とのこと。
価格相場は8万円~21.6万円でした。
工法によるメリット・デメリットを伝えてくれた業者もあったので納得して依頼ができますね。

踏むとたわむ廊下のリフォーム
8~10帖程度の廊下の床材が踏むとたわむので、修繕か補強をしてほしいとのご要望です。
現状の写真を添付しての見積もり依頼は、業者にも状況が伝わりやすく施工内容も判断しやすいですね。
価格相場は13万円~26万円で、廊下の劣化の原因・対策・費用・補助金等の説明を具体的に連絡してくれた業者もいたので分かりやすく安心できます。

image

廊下リフォーム業者を一括見積り!

リフォーム業者と相談中

廊下リフォーム業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。