屋根リフォームのリフォーム情報

屋根リフォーム

屋根は紫外線や雨を受け続けることから、劣化しやすい部分です。
屋根のリフォーム方法には、屋根葺き替えリフォームや屋根塗装リフォームがあり劣化の程度や状況によりリフォーム方法を選択します。

屋根リフォームの際には足場が必要なことが多いため費用は高額になりがちなため、できるだけ耐用年数の長い材料でのリフォームを行うと良いでしょう。
また、外壁のリフォームと同時に行うと費用面でお得になるケースが多いため、外壁リフォームの時期と合わせられるように材料を選ぶ方法もあります。
屋根リフォームの際にはアフターメンテナンスの有無なども考慮して業者さんを選ぶことをおすすめします。

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

屋根リフォームのリフォーム情報をさらに細かく見る

屋根葺き替えには、屋根材をすべて取り替える方法と既存の屋根の上から重ね葺きする方法があります。 軽量瓦やガルバリウム鋼板を使用した屋根葺き替えが人気となっています。

屋根は紫外線や雨などにさらされ続けているため、定期的に屋根塗装などのメンテナンスが必要です。 屋根塗り替えで使われる塗料では、シリコン塗料やウレタン塗料、遮熱塗料が人気です。

屋根は紫外線や雨風により劣化しやすい場所です。 雨漏りなどが発生した場合の屋根修繕は自分で行うと落下の危険があるほか根本的に修繕できていない場合が多いためプロの業者さんに依頼しましょう。

庇を設置すると雨や日差しを遮ることができますが、劣化に気付かないことも多いです。 特にトタン製の庇の場合はサビが発生するため定期的な張替えやメンテナンスを行うことが大切です。

老朽化した太陽熱温水器は屋根を傷める原因となったり落下や水漏れの危険性もあるため撤去が必要です。 太陽熱温水器撤去の際には、処分費用もセットになっているか事前に確認しておくことが大切です。

点検は5年ごとが目安!屋根の適切な点検と屋根リフォーム時期

屋根は紫外線や雨、風などの影響を直接受ける部分であるため、劣化が進みやすい部分です。
屋根の点検は5年ごとが目安とされています。

image

屋根の葺き替えリフォームは、屋根材にもよりますが10年~30年前後のサイクルが目安です。
瓦屋根で30年程度、スレート屋根で20年~25年程度、金属屋根で15年~20年程度経った頃が屋根葺き替えリフォームを行う時期です。

しかし、屋根葺き替えリフォームを行うまで一切何もしなくて良いわけではありません。
屋根は適切な点検や定期的な塗装を行うことで、雨漏りや住宅劣化を防ぐことができます。

屋根の劣化症状には、カビや藻の発生、サビの発生、割れ、色あせや塗膜剥がれなどがあります。

劣化を放置してしまうと、雨漏りやシロアリ発生を誘発する原因ともなってしまうため、5年を目安に点検を行いましょう

カビや藻などは高圧洗浄で、塗膜の剥がれや色あせなどは塗り替えリフォームによって改善することができます。

屋根の塗り替えリフォームは10年程度のサイクルで行い、2度程度塗り直しを行った後は葺き替えリフォームを行うのが一般的です。

天井のシミやクロス剥がれ、天井付近の色あせなどの症状は、屋根の劣化が原因となっていることも多いため早めの点検を行うようにしましょう。

屋根リフォームで火災保険が適用に?火災保険適用条件とは

火災保険は火災時のみの適用となると思い違いをしている人も少なくありませんが、火災時だけでなく災害時にも適用となる場合が多いため確認が必要です。
ただし、手数料を目的とした火災保険手続き代行業者などには注意が必要です。

image

火災保険は、屋根リフォームで適用となるケースも多いものです。
火災以外にも、台風や突風、竜巻、水害、落雷、ヒョウなどでの屋根被害が発生してしまった場合に適用される場合が多いため、天災での屋根劣化による屋根リフォームを検討している場合は一度契約内容を確認してみると良いでしょう。

多くの火災保険で、屋根リフォームの場合には、1.傾斜のある屋根であること(陸屋根は適用外となりやすい)、2.2階建て以上の住宅であること、3.築10年以上が経過した住宅であること、などの条件があるケースが多いですが、火災保険によって対象物件の条件や保障内容などが違います。

また、屋根リフォームで火災保険が適用となると言い、火災保険手続きの代行手数料として保険金の3割近くの金額を請求したり、相場よりも高額な屋根リフォームの契約を迫り、断ると違約金や手数料を請求するという業者も多くみられます。

屋根リフォームでの火災保険トラブルは少なくないため、自分で火災保険会社に確認するなどの自衛手段を取ることが大切となります。

もっと知りたい!屋根リフォームのポイント

屋根リフォームの価格相場

屋根リフォームにおいて、20万円以下の価格帯では屋根の修繕や窓への庇の取り付け、コロニアル屋根の張替えなどがあげられます。
また、20万円~60万円の価格帯では雨樋や庇の修理・塗装、屋根の葺き替えなどの工事があり、さらに60万円以上となると屋根リフォームの中でも屋根の塗装や葺き替えなど、大規模な工事が出てきます。

屋根リフォームに対応可能な業者さん 1221社

みんなの口コミ・評判ランキング

1位

(株)日本住設

口コミ数:95   みんなのおすすめ率:95% 登録日: 2007/05/30
50代 男性 

価格的に合理的な提案をいただいたところ。
工事中になぜかブレーカが落ちましたが、丁寧に説明いただいたところ。

40代 男性 

迅速でした。価格も相応でした。

40代 男性 

代替え案をご提案頂き、お客様にも喜んでいただきました。

もっと見る 
2位

総合リフォーム ハウスソリューションパートナー

口コミ数:49   みんなのおすすめ率:94% 登録日: 2019/04/25
50代 男性 

予定時間通りに到着、作業終了。料金も当初見積り通りでした。対応も良かったです。

60代 男性 

営業の方・職人さん、共にとても誠実な方々でした。
『こちらにお願いして、本当に良かった』の思いです。

50代 男性 

丁寧な仕事をしていただいた

もっと見る 
3位

ミックスリペアペイント

口コミ数:93   みんなのおすすめ率:98% 登録日: 2018/01/25
20代 男性 

丁寧にご対応いただき、大変満足のいく結果となりました。当方の都合により夜遅くからの開始となりましたが快く受けてくださり大変に助かりました。本当にありがとうございました。

40代 女性 

返信も早く、修理方法も細かく説明していただけました。修理箇所が増えても同じ値段でやっていただきました。仕上がりもとてもきれいでした。

40代 女性 

丁寧に仕上げていただきありがたかったです

もっと見る 

おすすめプラン紹介業者

片江塗装店

 みんなのおすすめ率:50% 登録日: 2022/07/22

アーキテクトラボ

 みんなのおすすめ率:50% 登録日: 2022/08/18
困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

屋根リフォーム見積もり価格差ランキング

家仲間コムのリフォーム見積り依頼では、以下のような割安な見積りも提示されています。

1位
価格差:
350,000円
(35%安)
2位
価格差:
30,000円
(35%安)
3位
価格差:
400,000円
(33%安)

依頼を検索

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

屋根リフォームの施工事例

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介