雨水タンクの設置には助成金を活用してお得に!

雨水タンクはエコの観点からも防災対策としても注目の設備です。
雨水タンクがあると、水が使えない災害時にも大変役立ちますし、いざという時に使える水があるというのはとても安心します。
今回は、雨水タンクのメリット・デメリットや雨水タンクの設置手順を解説していきます。
最後に、各自治体から支給される「雨水利用助成金」についてもご説明しています。

雨水タンクとは?

雨水タンクとは、雨水を利用するために雨水を貯めるタンクのことを言い、近年、防災対策としての需要が高まっています。

雨水貯留タンク|TIKILABO出典:雨水貯留タンク|TIKILABO
商品価格:16,354円

雨水タンクのサイズも様々ですので、ご自宅の敷地の広さに合わせて設置することが可能です。

1. 雨水タンク設置のメリット

雨水タンク コダマ樹脂工業製 ホームダム|TOKILABO出典:雨水タンク コダマ樹脂工業製 ホームダム|TOKILABO
商品価格:36,720円

1-1. 防災対策として活用

大地震などの災害時や断水時に水道が止まってしまうと、生活に支障をきたします。

雨水タンクに溜まった雨水はトイレを流すための水として使うことができ、防災対策として役立ちます。

1-2. ガーデニングに活用

日々の生活では、ガーデニングをされている方におすすめです。
毎日朝夕の水やりを雨水でまかなうことができたら、水道代の節約にもなりエコの観点からも資源を大切にすることができますね。

ガーデニング用の水には井戸水の活用も省エネ対策として有効です。
参照:井戸設置のメリット・デメリットは?水道代もお得になる?

1-3. 節水対策として活用

普段トイレを使用した時に流すトイレの水は、ご家庭の水道代の約2割を占めています。
雨水をトイレ用の水に使用できれば大きな節水効果が期待できます。
雨水タンクからトイレへの配管工事が必要になりますので、新築時に設置しておくと良いでしょう。

さらに節水タイプのトイレに交換することで、より節水対策になります。
参照:節水トイレの効果と人気の節水トイレ

2. 雨水タンク設置のデメリット

電卓と設計図

2-1. 設置費用がかかる

雨水タンクの設置費用はサイズによって異なりますが、雨水タンク代と設置工事費を合わせて約3.3万円~9.5万円程度です。

設置工事はDIYだと費用を抑えられますが、高所での作業や配管接続など不安な場合は業者に依頼するほうが安心です。
参照:雨水タンクはDIYで費用を抑えよう!不安な方は助成金も利用してお得に設置もできますよ

2-2. 飲用水には適さない

雨水には様々な不純物が混ざっていますので、基本的に飲用水には適していません。
雨水そのものは、高性能のろ過装置を使用することで飲用水として飲むことが可能ですが、雨水タンクに溜まった雨水の場合は、どれぐらいの期間をかけて溜まったものか判断がつかず衛生面に問題があります。

2-3. 敷地内に設置場所が必要

雨水タンクは庭などに設置するスペースが必要です。
あまり広くない敷地だと、雨水タンクを設置することによって狭く感じることがあります。

雨水タンクには、敷地の広さに合わせてサイズを選べるよう種類がありますので、敷地の広さに合わせてサイズを選択するとよいでしょう。

サイズ容量向いている住宅
小型150Lまで初めての雨水タンクご利用の方や、狭い場所にも設置したい方
中型151~300L一般的に利用が多いタイプ
大型301L以上学校や公共施設向けの大容量タイプ

雨水タンクの設置手順

雨どい

1. 雨水タンクの設置場所を決める

雨水タンクの設置場所は、地盤が固くしっかりとしている場所を選びます。
雨水は雨どいから集めていくので、雨どいから近いほうがホースなどの接続がしやすくなります。

2. 集水器の設置

雨水を集めるために、雨どいの一部を切断し「集水器」を設置します。
集水器の費用目安は3,000円程度~です。

雨水タンクを設置する前には、雨どいを綺麗に掃除してゴミを取り除いておきましょう。
雨どい本体の劣化も修理しておくと工事が一度で済みます。
参照:うまく排水されない時は…雨樋修理の方法と費用まとめ

3. 集水器と雨水タンクをつなぐ

集水器を設置したら雨水タンクとホースでつないで完成です。

雨水タンク設置には助成金を活用してお得に!

業者

雨水の利用促進を図る目的で、各自治体から「雨水利用助成金」が支給されることがあります。
すべての地域で助成金が支給されるとは限りませんが、お住まいの地域の自治体に問合せをして助成金の有無を確認しておくと、お得に雨水タンクの設置ができることもありますよ。
参照:雨水タンクへの補助金・助成制度のある自治体例|Panasonic

雨水助成金の目安は、購入金額の1/2~2/3、上下金額は1万円~5万円まで自治体によって異なります。

image

雨水タンク設置費用を一括見積り!

業者

雨水タンク設置費用の見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
雨水タンクの設置はDIYでも可能ですが、高所で雨どいを切断したり、ホースをつないだりする作業は一人だと大変です。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいるので、まずは無料で複数見積もりをとって費用を比較検討してみましょう。
匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。