うまく排水されない時は…雨樋修理の方法と費用まとめ

image

雨樋は屋外にあるため、落ち葉のゴミがたまったり、台風の影響を受けたりして問題が発生することがあります。
雨樋は雨水の排水時に重要な役割を果たすので、問題が発生した場合は早めの修理をお勧めします。
今回は雨樋の原因別修理方法や費用目安を中心にお伝えしていきます。
雨樋の不調でうまく排水がされないみたい…と感じたら、是非参考になさってみて下さい。

雨樋の役割

image

雨樋は雨水の排水に大きな効果を発揮します。
屋根に降った雨は、屋根を伝って雨樋に集まりそこから排水されていきます。
雨を集めて排水することで家の劣化を防ぐ効果があります。
仮に雨樋がないと、雨水は外壁を直接伝い、外壁を劣化させてしまいます。
その為一部の豪雪地帯などではあえてつけていないこともありますが、一般的には雨樋を付けている家の方が多いです。

雨樋の不調?原因別の修理・清掃費用目安

image

「雨樋からうまく排水されない」、「水が漏っているようだ」、という時は雨樋が壊れていたり、ごみが詰まっている可能性があります。
原因によって修理方法も異なってきますので、順にご紹介していきます。

1.ごみの詰まり

image

費用目安:2,000円/M
落ち葉や鳥の巣、飛来してきたゴミなど色々なものが雨樋の部分に詰まってしまうと、雨樋の排水が上手くいかなくなることがあります。
多少の詰まりであれば自分で清掃することもできます。

■自分でも出来る雨樋掃除
雨樋にゴミが詰まっているだけなら自分で取り除くことも出来ます。
ただ梯子をかけての作業となるため、慣れていない方は足元に十分注意して行いましょう。

・集水器、軒どいにゴミが溜まっている場合
梯子をかけて、ごみを取ります。
この時にゴミが引っかかってしまいそうな凹凸がある場合はやすりなどをかけて滑らかにします。
集水器は見えない奥の方にもゴミがたまっていることがあるので、手が届く範囲は確認すると良いでしょう。

image

紙ヤスリミニセット 18枚入り
318円
粗さの異なる6種類のやすりが入ったセットです。

・竪樋にゴミが溜まっている場合
竪樋の場合は掃除がしにくそうに思えますが、長い針金と布を使って掃除することが出来ます。
長く切った針金の先端部分に丸めた布を取り付け、布を取り付けた方の反対側の針金を竪樋に通していきます。
竪樋を針金が通ったら引っ張ったり押したりして、竪樋の中のゴミを取り除きます。
仕上げにバケツの水を上から竪樋に流してゴミがないことを確認します。

2.傾斜不足

image

費用目安:2,000円~10,000円(+手間賃、交通費など)
雨樋は取り付け金具の位置によって傾斜を付け、効率的に排水できるようになっています。
雨樋の傾斜不足は、取り付け金具の位置を修正することによって直します。
業者にお願いした場合は、主に人件費分の費用になるので、業者によっても費用が異なってくるでしょう。
おおよそ2,000円~5,000円/時程で、そこに手間賃や交通費などが加算されます。

■傾斜角度の目安
自分で修理をする場合は、傾斜の角度に気を付けることが大切です。
10メートルに付き3~5センチ程度が目安とされています。
傾斜の角度は効率的な排水の為に重要で、傾斜が少ないとうまく排水されませんし、多いと水があふれ出てしまうこともあります。

image

取り付け金具は力を加えると曲がるので、加減に注意しながら調節していきます。

3.雨樋の接手の劣化

image

費用目安:2,000円~10,000円(+手間賃、交通費など)
雨樋と雨樋をつなぐ接手の部分が経年劣化や台風などの影響で取れてしまうことがあります。
この場合は再度繋ぎ直すか、接手の損傷が激しいようであれば交換して修理します。

■接手の修理方法
1.既存の接手と同じ形のものをホームセンターなどで購入して用意します。
同じ形のものが見つからない場合は既存の接手を取り外した後に汚れを取って綺麗にしてまた利用します。
2.雨樋と接手の接着部分の汚れをふき取って綺麗にします。
3.雨樋用の接着剤を使い、雨樋と接手を接着します。

image

住宅用雨樋 接手
228円
硬質塩化ビニル樹脂製
一般的な雨樋に広く利用できる接手です。
リフォーム工事などにもお勧め。

image

雨どい用接着剤 100g
244円
速乾タイプで扱いやすい接着剤です。

4.経年劣化や損傷

image

費用目安:4,000円/M(足場代は含まない)
雨樋の耐用年数は20~25年と言われています。
耐用年数を過ぎた場合や台風などの影響による損傷で、雨樋自体がボロボロになって排水機能が落ちている場合は修理ではなく交換することが推奨されます。
放置していると排水機能が働かずに外壁なども痛めてしまう恐れがあるため、早めに対策をしましょう。

雨樋の交換には足場が必要なことが多い為、屋根や外壁の工事と一緒に行われることが多いです。
雨樋の耐用年数を見越して、あらかじめ工事計画を立てておくことがお勧めです。

雨樋交換は屋根・外壁修理とタイミングを合わせるのがお勧め

image

雨樋工事の場合、一番費用が掛かってくるのが足場代です。
通常の目安は500~800円/㎡、勾配が急な屋根の場合は500~1500/㎡の費用が掛かってきます。
雨樋工事の為だけに足場代をかけるのはあまり経済的ではないので、なるべく他の足場が必要な工事と一緒に行いたいものです。

足場が必要となる代表的な工事は外壁、屋根の工事です。
長く住んでれば経年劣化によるリフォーム工事は避けられない為、あらかじめ耐用年数を見越したリフォーム計画を立てると良いでしょう。

【外壁、屋根の耐用年数の目安】

image

■屋根吹き替え
スレート:10~15年
日本瓦:25~30年
トタン屋根:6~10年

image

■外壁塗料
アクリル    約3~5年
ウレタン    約5~7年
シリコン    約7~10年
ピュアアクリル 約15年~
フッ素     約15年~
無機      約15年~
光触媒     約15年~

image

まとめ

image

雨樋の排水は住宅にとって重要な機能なので、修理が必要になったら早めに対応することがお勧めです。
自分で出来る修理も多いですが、実際に行う場合は高所の作業になりますので、足元に十分注意してください。
あまり無理をせず、難しいと感じたら業者にお願いするのが良いでしょう。

image

雨樋修理の無料見積もりが可能

image

雨樋修理をご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、雨樋修理に対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。