玄関ポーチリフォームのリフォーム情報

玄関ポーチリフォーム

玄関ポーチは単に雨除けのスペースではなく、家に入る前に目にするため家自体の印象を左右する部分です。
劣化した玄関ポーチは家全体の印象を悪くしてしまうため、玄関ポーチの補修などを定期的に行い常にきれいな状態を保ちたいものです。
玄関ポーチをリフォームする際にはエクステリアからインテリアの統一感をもたせるためにも、家全体の雰囲気を考慮してリフォームすることが重要です。
また、玄関ポーチ工事には滑りづらいことや雨や雪がかからないことなど実用面も大切となります。

玄関ポーチの修理やリフォームを行う場合、門柱や門扉、他のエクステリアリフォームと同時に行うのが工事費用などの面でおすすめです。

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

玄関ポーチのタイル交換は厚みに要注意!

玄関ポーチはタイル張りになっていることが多く、玄関ポーチリフォームをして雰囲気を変えたい場合にはタイル交換が有効です。
しかし、タイルの厚みを考慮しないと玄関ドアの開閉などに支障が出るケースもあります。

image

「玄関ポーチのタイルを交換したら、ドアの開閉がスムーズでなくなってしまった」という失敗には注意が必要です。

外装部分の床に使用されるタイルは、厚みが8mm程度のものから18mmを超えるようなものまで様々なものがあります。

そのため、既存のタイルよりも厚みのあるタイルを使用して玄関ポーチリフォームを行った結果、玄関ドアの開閉ができなくなったり、玄関ドアがスムーズに動かなくなったりという事態が起こってしまうのです。

特に気を付けたいのが、気に入ったタイルを通販などで購入し施工のみを業者に依頼する「施主支給」での玄関ポーチリフォームを行う場合です。

業者と一緒に使用するタイルを選択する場合は現地調査などによって使用できるタイルの厚みを提案してもらえますが、自分でタイルを購入する場合には厚みは見落としがちなポイントです。

自分でタイルを購入したい場合でも、施工を依頼する業者に使用できるタイルのサイズや厚みなどを事前に確認しておくと良いでしょう。

玄関ポーチのバリアフリー化 スロープは広さに注意!

玄関ポーチは階段になっている住宅が多いですが、介護などの理由で玄関ポーチのバリアフリー化を検討する人も多いです。
スロープを設ける場合には現在の面積の3倍~それ以上の面積が必要となるため、充分な広さが確保できるか考慮する必要があります。

image

「狭い玄関ポーチをリフォームして無理矢理スロープを作ったら、急すぎて逆に危険を感じる」という失敗談もあるように、スロープを安全に使用するためには勾配にも注意しなくてはなりません。

車いすを使用することを考慮すると1/15~1/20程度の勾配である必要があります。
段差が30cmある玄関ポーチに車いすでも安心な1/20の勾配のスロープを設けるには、30cm20=600cm(6m)の長さが必要となります。
1/15の勾配でも450㎝(4.5m)の長さが必要です。

十分な長さが取れないからといって1/15以下の勾配でスロープを作成してしまうと車いすで通った時に急すぎて危険であるということになってしまいがちです。

また、玄関ドアを開いて中に入るためのスペースも必要であるため、十分な広さが確保できないようであれば玄関ポーチにスロープを設けるよりも昇降機などを利用した方が安全といえるでしょう。

もっと知りたい!玄関ポーチリフォームのポイント

玄関ポーチリフォームの種類と費用目安をまとめてみました!

玄関ポーチは家の正面で目立つ為、お家の顔ともいえる存在です。 玄関ポーチをリフォームすると印象ががらっと変わります。 雨よけや、自転車や遊具などをお国も便利ですよね。 今回は玄関ポーチのリフォームについてまとめてみました。 リフォーム工事の種類や費用目安をご紹介しているので、是非ご参考になさってみて下さい。

玄関ポーチリフォームの種類と費用目安をまとめてみました!

エントランスには人感センサー照明がお勧めです!

家のエントランス部分に照明があると、鍵を開けるときに手元が良く見えて便利です。 またエントランス部分が明るいことで防犯にもつながります。 今回はエントランス照明にお勧めしたい人感センサー照明についてお伝えしていきます。 必要な時だけ明るく照らす人感センサー照明は、エントランス照明にぴったりです。 駐輪スペース、駐車スペースなどにもおすすめです!

エントランスには人感センサー照明がお勧めです!

玄関ポーチに屋根を付ける!新築、後付けの場合の屋根の種類と費用相場。

玄関ポーチの屋根はお洒落なだけでなく、実用性にも優れたものです。 屋根のメリットや気になる費用相場、屋根の種類等をまとめてみました! 新築や後付けでの玄関の屋根を考えている方は是非ご一読下さい。

玄関ポーチに屋根を付ける!新築、後付けの場合の屋根の種類と費用相場。

玄関ポーチのリフォーム、かかる費用の具体的な相場とは?

玄関ポーチのリフォームの際に、かかる費用と具体的な相場についてご紹介していきます。玄関ポーチ全般についてご説明していますのでご参考になさってください。

玄関ポーチのリフォーム、かかる費用の具体的な相場とは?

玄関ポーチリフォームの価格相場

玄関ポーチリフォームにかかる価格帯としては、4万円~8万円というものが多くみられます。
4万円~8万円に多い玄関ポーチリフォームとしては、玄関ポーチのタイル修理や玄関柱のリフォームなどが挙げられます。
12万円~16万円の価格帯も多く、工事内容としては玄関ポーチの作成などが見られまます。比較的高額な28万円以上の工事となると、玄関までのアプローチ全ての工事が該当してきます。

玄関ポーチリフォームに対応可能な業者さん 323社

みんなのクチコミランキング

1位

リズナ

クチコミ数:140   みんなのおすすめ率:92% 登録日: 2015/03/16
30代 女性 

とても丁寧に対応してくださった。

40代 女性 

市原市の支援手続きなど、面倒な事まで親切に対応していただき、とてもお世話になりました。話しやすく、信頼できる業者さんです!

30代 男性 

安くできました

もっと見る 
2位

平峰木工所

クチコミ数:158   みんなのおすすめ率:97% 登録日: 2011/04/19
40代 女性 

迅速対応で、当初の見積より高い金額になると覚悟していたが、据え置きで工事していただいた

40代 男性 

対応も早く、値段も良心的でした

60代 女性 

安価で且つ細かい要望にも対応して頂き助かりました。

もっと見る 
3位

夢木家 グループ 夢木家建築設計事務所

クチコミ数:107   みんなのおすすめ率:99% 登録日: 2008/03/12
40代 女性 

依頼内容や質問へのレスポンスが早く、結果的にすぐに着工していただけました。出来上がりも満足です。またお願いします。

40代 女性 

対応が早く、丁寧だった。

40代 女性 

迅速に対応していただきました。

もっと見る 
困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

玄関ポーチリフォーム見積もり価格差ランキング

家仲間コムのリフォーム見積り依頼では、以下のような割安な見積りも提示されています。

1位
価格差:
20,000円
(33%安)
2位
価格差:
40,000円
(29%安)
3位
価格差:
10,000円
(20%安)

依頼を検索

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

玄関ポーチリフォームの施工事例

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

その他のカテゴリから探す

ページトップへ戻る