使わなくなったらお早めに|太陽熱温水器撤去取り外し

image

太陽熱温水器とは太陽光を利用した給湯システムですが、最近では故障したり、使わなくなったりで放置されている方も多いのではないかと思います。
使わなくなった太陽熱温水器をそのまま放置していると危険なので、早めに対応することがお勧めです。
今回は太陽熱温水器の撤去についてまとめてみました。
是非ご参考になさってみて下さい。

太陽熱温水器とは

image

太陽熱温水器とは太陽熱を利用して水を暖め、お湯を供給できるようにするシステムです。
電気やガスを利用しないので、ランニングコストがかからず、環境にも優しいというのが特徴です。
一方気象条件に左右される屋根に負担がかかる等の面や太陽光発電の普及もあり、以前よりもあまり注目されることが少なくなってきました。

【太陽熱温水器の構造】

太陽熱温水器はシンプルな構造をしています。
主に二つの部分から成り立ちます。

●集熱器

image

太陽の熱を集めて、水を暖めます。
「平板型」と真空のガラス管に水を通す「真空管型」の二種類の方式があります。

・平板型
集熱面に水を直接流して暖める方法です。
シンプルな構造で、初期の設置コストも安く導入することが出来ます。

・真空管型
真空のガラス管に水を通す方法です。
魔法瓶に近い構造となるので、気温が低いときにも効率よく暖めることが出来ます。
平板型に比べてコストは高めになります。

image

集熱器は太陽光を効率的に集めるため、屋根の上など日当たりの良い場所に設置されます。

●貯湯槽

image

暖めたお湯を貯めておくタンクです。
集熱器と一体になったものや、分離したものなど形状にいくつか種類があります。
タンクと集熱器が一体となったものは「自然循環式」、タンクと集熱器が分かれているものは「強制循環式」の循環方式をとっていることが多いです。

・自然循環式
集熱器とタンクの間を水が自然対流して循環していく方法です。
構造的に集熱器と一体になっていることが多いですが、屋根に負担がかかるという理由であえて分離させていることもあります。
構造が簡単で費用も安価に抑えられるため採用されることの多い方式です。

・強制循環式
ポンプを利用して水、または不凍液を強制的に循環させます。
タンクが分離しているので、屋根に負担を掛けずにすみます。
一方ポンプを動かす電力が必要であり、また自然循環式と比べるとコストは高くなります。

メリットとデメリット

image

太陽熱温水器は環境とお財布に優しい機器のように思えますが実際のところはデメリットも存在します。
メリットとデメリットを比べてみました。

太陽熱温水器のメリット

image

・給湯にかかる電気・ガス代等のランニングコストがかからない
・太陽光を利用するので環境に優しい
・構造がシンプルなのでDIYで自作することも可能

太陽熱温水器のデメリット

image

・初期の導入コストがかかる
・気候等の条件に左右される
・タンクを屋根に置く場合、屋根に負担がかかる
・台風等の災害時に破損する恐れがある
・電気全般を節約できる太陽光発電とは異なり、給湯部分のみの節約となる

image

太陽熱温水器のメリットは大きいですが、反面初期費用の回収やデメリットを計算に入れて運用していく必要があります。
一時期はアイデアの優れた機器で注目を浴びていましたが、気候などの条件や太陽光発電の普及により最近はあまり注目を集めることがなくなりました。

使っていない太陽熱温水器を放置しておくとこんな事が…

image

太陽熱温水器が故障したり、使わなくなった後は放置せずに早めに撤去することがお勧めです。
放置しているとこんな事が起こってきます。

1.屋根に負担がかかります。耐震面でも△

特にタンク一体型でタンクを屋根に置いている場合、屋根に重量分の負担がかかります。
屋根が重いと建物に負担を与えて劣化を進行させます。

image

また建物の耐震性を考えると、重心は下にある方が安定して理想的です。
その為屋根を軽量化させることは耐震の一つの方法でもあります。
しかしタンクを上に乗せて屋根の重量が上がると、重心が上に上がってしまい、耐震性も落ちてしまいます。

2.台風等の強風時に被害を受けることも

image

太陽熱温水器は台風対策として、台風の前にはタンクに水を一杯入れておくことが推奨されています。
タンクの重さで吹き飛ばされたり風であおられるのを防ぐためです。
しかし故障や使わずに放置してある太陽熱温水器には水が貯められていない為、かえって危険ともいえます。
風にあおられたりして周囲の屋根などを破損させる可能性もあります。

故障した、使わなくなったなど理由は様々ですが、屋根に太陽熱温水器を放置しておくと危険だということが分かっていただけたかと思います。
撤去には費用が掛かってしまいますが、早めに対策をするのがお勧めです。

撤去費用の目安

image

太陽熱温水器の撤去にはどれくらいに費用を見積もればよいのでしょうか。
業者に見積もりを依頼した場合、5万円~10万円の間に収まることが多いです。

屋根の勾配や機器の大きさなどによって別途足場や重機が必要な場合は、10万円~20万円の範囲になってきます。
まずは業者に相談してみると良いでしょう。

image

太陽熱温水器の取り外しの無料見積もりが可能

image

太陽熱温水器の撤去をご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、太陽熱温水器の撤去に対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image