「IoT住宅」の未来はもうすぐ!IoTの基礎知識と導入に向けた建築プラン

IoT住宅

いよいよ5G通信が始まり、「IoT住宅」の広がりが現実的になってきました。
まだまだ身近で実感することは少ない「IoT住宅」ですが、「アレクサ!」と呼び掛けるスマートスピーカーをお持ちの方は増えていますよね。
2019年10月より、経済産業省も「IoT家電・機器を活用した補助制度」をスタートさせます。
そう遠くない未来に広がる「IoT住宅」についての基礎知識と、導入に向けて今から出来る建築プランを解説します。

「IoT」の基礎知識

「IoT」とは、「アイ・オー・ティー」と読み、「Internet of Things」を略したものです。

住宅とスマートフォン

さまざまなモノをインターネットにつなぐことで、身近なところでは下記のようなことができます。

・遠隔操作でモノの操作をする
・離れた家族の安否確認ができる
・AIによる室温・湿度管理など快適な環境づくり
・AIによる食材などの在庫管理
など

IoT化のために必要な5Gシステム

スマートフォン通信

第5世代移動通信システム「5G」がスタートすると下記のメリットが得られます。
・より通信環境が早くなる
・複数端末との接続が可能になる
・省電力化が期待される

2020年には5G通信がスタートされますので、通信環境が変わると共に「IoT住宅」の普及もぐんと加速すると予想されます。

スマートスピーカーもIoTの一部

すでにお持ちの方も多いスマートスピーカーは、アメリカでは普及率が約25%を超えており、「Hey, Siri」「アレクサ」「OK,Google」などと呼び掛けて、してほしいことを話しかけるだけでAIが代わりに行ってくれます。
これもIoTの一つです。

「Hey Siri、最新の天気予報をチェックして!」
「アレクサ、今日の予定を確認して時間を変更して!」
「OK,Google、エアコンの温度を下げて!」

というように呼び掛けると、AIを利用して遠隔操作が行えます。
あなた専属の秘書のようですね。

Apple HomePod|ヨドバシドットコム出典:Apple HomePod|ヨドバシドットコム
商品価格:35,420円~

各メーカーもIoT住宅を推進

IoT住宅は、大手メーカーも関連商品を発売しており、すでに家中IoT化計画を推進しています。

例えば、大手住宅設備メーカーのLIXILでは下記のような商品があります。

IoT商品特徴
スマートエクステリア・屋外カメラ、屋内カメラ
・宅配ボックス、宅配ポスト
・カーゲート用通信ユニット
などをホームユニットで管理し、外出先からスマートフォンなどで確認・制御が可能
スマートフォンリモコン・シャワートイレの個人設定
・日々の排便状況をカレンダー上に記録して、健康管理に活用
玄関ドア・スマートフォンやカードが玄関の鍵になる
・施解錠履歴の確認ができる
シャッター・タイマーセットで開閉
・外出先からスマートフォンで開閉を制御

パナソニックホームズもIoT住宅で暮らしのアップデート化を推進しています。
参照:IoT住宅|パナソニックホームズ

「LIFE UP プロモーション」で消費者への特典あり!

2019年10月より、経済産業省が推進する「LIFE UP プロモーション」がスタートします。
IoT家電・機器を活用したサービスを契約した消費者に対して、ポイント付与やディスカウントなどの特典を設け、政府が補助する制度です。

住宅をIoT化するには?

設計図

今後数年の間に急速に普及が進むと予想されるIoT住宅。
これから新築住宅を建設する方は、将来のIoT化に向けた設計をしておくとスムーズに導入することができます。

では、どのような点に注意してIoT住宅に対応できる設計を進めていけばよいのでしょうか?
具体的なポイントを説明していきます。

1. コンセントの確保

IoT住宅は電化製品や住宅設備をAIによって制御できるシステムですので、電源となるコンセントは不可欠です。

タコ足配線をするとショートの危険性がありますので、コンセントは多めに配置しておきましょう。
参照:
リビングコンセント増設リフォームの参考に!実際にあった事例とおすすめコンセントや注意点
寝室のコンセント設置は、使う電化製品に合わせて高さを決める

2. 段差をなくしておく

ロボットクリーナーに代表される自動家電も、外出先からスマートフォンを使って留守中の掃除を指示することができるようになります。
住宅内に段差があると動きづらかったりエラーが起こってしまいますので、スムーズに動けるようにフローリングや仕切りの段差をなくしておきましょう。

段差の解消はバリアフリー対策としても効果的で、高齢化社会にも対応できて安全です。
参照:高齢者向けリビング/転倒防止を重視したリフォーム

3. ドアは引き戸にする

引き戸

居室空間を仕切る扉は開き戸も多いですが、ドアも自動化されると予想されますので引き戸にしておくとIoTへの対応がスムーズです。

IoT住宅を導入しない場合でも、引き戸にすることで家事動線が楽になるメリットもあります。
参照:【実体験をご紹介】家事動線の理想|洗濯には回遊式レイアウトがおすすめです

4. シンプルな間取りにしておく

シンプルな間取り

留守中に遠隔操作で掃除をしたり、カメラでペットの様子を見られたり、IoT住宅ではシンプルな間取りにしておくことで死角が生まれにくく、より効率よくなります。

細かく仕切った居室をいくつも作るより、大きなLDKや広い空間を間仕切りで分割できるような間取りが望ましいです。
参照:
リフォームで壁を撤去して広々空間を手に入れよう!価格相場や注意点は?
大開口窓のメリット・デメリット|窓ガラスとサッシで断熱効果がアップ!

5. IoT対応の設備を導入しておく

玄関ドアやシャッターなどは、すでにIoT対応された商品が発売されています。
共働き世代の増加に伴い、宅配ボックスも普及率がアップしていますが、こちらもIoT対応の商品があります。

シャッターも外出先から遠隔操作できるようになります。
突然のゲリラ豪雨で浸水が気になる時でも、スマートフォンでシャッターを閉める操作を行えるなど、災害時にも役立ちます。
参照:シャッターの種類は大きく分けて6種類!特徴や費用目安・利用環境をご紹介

IoT住宅にかかる費用目安

IoT住宅と聞くと莫大な費用がかかるイメージですが、すでに普及しつつあるスマートスピーカーは本体価格が約3万円程度です。

スマートスピーカーだけでできることは下記のような内容があります。

・照明、エアコン、テレビ、音楽機器のON/OFF
・ネットショッピング
・室内の温度・湿度などの確認
・ニュースや天気予報の確認
・メールや電話の発信
など

これから新築住宅を建設予定の場合は、配線工事を行い有線ケーブルを設置すると通信状態がより安定します。
費用目安は工事費込みで38万円~です。

image

IoT住宅に対応した家づくりをお得にするには?

業者

IoTに対応した住宅づくりにはIoT対応住宅設備の導入が必要になりますが、業者の独自ルートにより割引があることが多いです。
また、IoT住宅について詳しい業者さんであれば、IoT対応の設計やリフォームプランの提案をしてもらえるので安心してお任せできますよね。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。