寝室のコンセント設置は、使う電化製品に合わせて高さを決める

寝室は電化製品を使う頻度が高い

寝室

寝室は寝るための場所なのであまり電化製品を使っていないような気がしますが、実は電化製品を使う頻度が高い場所なんです。

また寝室は、ベッドの枕もと・足元・それ以外の場所、というように場所によって使う電化製品が異なる点も特徴です。

枕もと足元その他
スマートフォンや携帯電話の充電器
ゲームの充電器
電気スタンド
布団乾燥機
電気毛布
扇風機
暖房器具
空気清浄機
加湿器
布団クリーナー
掃除機
TV・オーディオ機器
パソコン

場所によって使う電化製品が異なるということは、コンセントの位置やコンセントが持つ機能などを考慮したリフォーム計画を立てることが大切です。

寝室にコンセントを増設する際の3つのポイント

リフォームの場合は新築と違って、使う家具や電化製品がすでにある程度決まっていることが多いので必要な場所や数が把握しやすいのがメリットです。

1. 大型家具は先に位置を決める

ベッドなどの大型家具は、いったん置いてしまったらあまり動かすことは少ないでしょう。
大型家具はできるだけ先にどこに置くかレイアウトを決めておくと、その周辺に最適なコンセントを増設することが出来ます。

2. 高齢者の寝室には全体的に少し高めに

老夫婦

高齢になるとかがむ動作が負担になってきます。
基本的なコンセントの高さを床面から400mm~500mmに設定することで、電源コードの抜き差しが楽になります。

3. 迷ったら4隅にコンセントを設置

コンセントを増設したいけれど高さも位置も決められない場合は、寝室の4隅にコンセントを設置しておくとどこからでも電化製品を使いやすくオールマイティーなコンセントの配置となります。

その際のコンセントの高さは、200mm~400mmの間で最も使いやすい高さに設定すると良いでしょう。

寝室のコンセントの高さ目安は?

コンセントは一般的に床から200mm~300mmの高さに設置することが多いですが、使う電化製品が決まっているのであれば一般的な高さにこだわらず使いやすい高さにコンセントを設置してもよいのです。
動線や使い勝手を考えて最適なコンセントの高さを見つけましょう。

ベッド周りや掃除機用コンセントは少し高めの300~400mm

ベッドからの起床

平均的なベッドの高さは床面からマットレスの表面までが400mm~450mmです。
この周辺にスマートフォンや携帯電話・ゲームなどの充電用コンセントを設置するのであれば、床面から200mm~300mmでは低く感じるでしょう。

掃除機も同様で、あまり低い位置にコンセントがあると移動のたびに腰をかがめてコンセントの抜き差しをする必要があり、特に高齢になってからは腰に負担がかかってしまいます。

このようにベッド周りや掃除機に使うコンセントは、床面から300mm~400mmの高さに設置すると使いやすくなります。

床に置いて使う電化製品用コンセントは200~300mm

床に置いて抜き差しもあまり頻繁ではない電化製品を使うためのコンセントは、一般的な200mm~300mmの高さで良いでしょう。
あまり高い位置にコンセントがあると、壁面がコンセントだらけになって見た目も良くありませんし、万が一電源コードに引っかかった場合に思わぬ事故につながります。

デスク付近のコンセントは高めの700~900mm

寝室にデスクを置いている方も多いでしょう。
デスクではスタンドライトやパソコンを使うこともあるため、床面から700mm~900mmの高さにコンセントを設置すると使い勝手が良くなります。

アース付きコンセントと電源コード

寝室におすすめのコンセント

使う電化製品や場所に合わせた機能を持つコンセントが販売されていますので、コンセント増設リフォームの際に取り入れると便利です。

ベッドの足元におすすめ「人感センサー付きコンセント」

夜トイレに起きた時に、電気をつけると家族が目を覚ましてしまうからと電気を付けずにトイレまで歩いていく方もいらっしゃるでしょう。
足元が暗いと転倒の危険性もありますので人感センサー付きコンセントを採用すると安心です。

かってにナイトライト|Panasonic出典:かってにナイトライト|Panasonic
商品価格:5,560円~
人や明るさに反応して自動で点灯・消灯します。

ベッド周辺におすすめ「USBコンセント」

スマートフォンやタブレットなどを電源アダプタなしで直接充電が出来る「USBコンセント」と普通の電源コンセントを組み合わせたコンセントがおすすめです。
参照:ベッド周辺におすすめ「USBコンセント」|家仲間コム

image

コンセント増設リフォーム業者を一括見積り!

パソコンで見積もり

コンセント増設リフォーム業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。