ゲーム環境を整えるためにお部屋に必要な6つのポイント

部屋でゲームをする人

現代における家庭内ゲームの市場規模は約4,400億円にまで到達しており、快適にゲームを楽しむために、部屋にゲーム環境を整えたいという方も増えています。
ゲーム環境は見た目のカッコよさやおしゃれさを重視しがちですが、実は電化製品であるゲーム機器を扱うためには、見た目よりも先に整えておかなければいけない重要なポイントがあります。
今回は、ゲーム環境を整えるためにお部屋に必要な6つのポイントについて解説します。

ゲーム環境に必要なもの

ゲーム機器

ゲームといってもゲーム機が一台あれば十分満足な方から、本格的なモニターやスピーカー・コントローラーなどフル装備で整えたい方もいらっしゃいますよね。

さらには、ライティングにまでこだわって、まるでゲームの中にいるような環境を作り上げたい方もいらっしゃるでしょう。

ゲーム環境はこだわればこだわるほど費用もかかりますし、広いスペースが必要になりますので、ゲームがしやすい部屋を作る前にどのようなゲーム環境を整えたいかを先にシミュレーションしてみましょう。

一般的に、ゲーム環境に最低限あると便利な設備や機器は主に下記です。

・デスク
・ゲーミングチェア
・ゲーム機
・パソコンモニター
・ヘッドセット
・周辺機器

上記以外に、あるとよりゲームを楽しめる機器には下記のようなものが挙げられます。

・ゲーミングキーボード
・ゲーミングコントローラー
・スピーカー

パソコンモニターやゲーム機器についてはスペック等が幅広いため割愛し、家仲間コムでは、ゲーム環境の整った部屋を作るための住宅設備について重点的にご紹介します。

ゲーム環境が整った部屋を作るポイント

ゲーム環境が整った部屋を作るポイントは下記の6点です。

・デスク
・ゲーミングチェア
・コンセント
・遮光対策
・防音対策
・エアコン設備

では順番に詳しくみていきましょう。

1. デスク

デスク

パソコンのモニターなどを使用して大画面でゲームを楽しみたい方は、デスクは必要です。

1-1. デスクの高さ

デスク選びで重要なのは「高さ」です。

ゲームは長時間することが多いので、デスクの位置が低いと前かがみの姿勢になり、首や腰を痛めます。

できるだけ真正面を向いてゲームができるような高さのデスクを選びましょう。

ローテーブルやローデスクだと床に座ることになりますので、パソコンデスクのように高さがあって椅子に座るタイプのほうが、体への負担も軽減でき使い勝手が良くなります。

のちほどご紹介するゲーミングチェアでも高さを調節することはできます。

1-2. デスクの大きさ

広いデスク

どの程度のゲーム環境を整えたいかによってデスクの大きさが変わってきますが、基本的には【幅約100cm×奥行き50cm以上】の大きさがあると、使い勝手が良いです。

パソコンモニターを複数台置きたい場合には、より大きな【幅約120cm×奥行き約70cm】程度の広さが欲しいところです。

パソコンモニターの台数、キーボードやコントローラーを使うかどうかなどによって、広さに余裕のあるデスクを選びましょう。

2. ゲーミングチェア

長時間ゲームをする方にとって、いかに体への負担を軽減するかは大切です。

テレワークなどでも同じですが、長時間座りっぱなしでいると足腰に負担がかかるのでチェア選びは重要です。

ゲーミングチェアにも種類があり、1万円台から10万円以上する商品までさまざまですので、実際に売り場で座り心地やアームの有無なども確かめて購入するのがおすすめです。

高機能なゲーミングチェアを購入したとしても、長時間座りっぱなしは体に良くありません。

適度に休憩をとり、ストレッチをしたり歩くなど運動も忘れないようにしてくださいね。

3. コンセント

メディアコンセント

ゲーム環境を整える上で忘れてはいけないのが「コンセント」の数と位置です。

ゲーム機器はもれなく電源を必要としますので、コンセントが思いのほか必要になります。

部屋にコンセントを増設する際の費用目安は約2.4万円~程度です。

コンセントの増設は電気工事士の資格を持った専門業者でないと施工できませんので、ご自身でのDIYは絶対にやめてください。

感電の恐れがあり大変危険です。

3-1. コンセントはいくつまで増設できる?

ゲーム機器はコンセントを多く必要としますので、コンセントの増設をしておくほうが安心ですが、一部屋にコンセントを増設できる数は3ヶ所程度までです。

厳密にはコンセントの増設に上限が設けられているわけではなく、その住宅内で決められた電気容量までであれば増設することができます。

ご家庭内で使用する電化製品は多いので、実際には一部屋あたりのコンセント数は3つ程度までになる場合が多いということです。

3-2. 消費電力を知っておく

部屋に2口コンセントが3つあるとして電源は6ヶ所からとれる計算になりますが、ゲーム環境を整える場合は6ヶ所ではとても足りません。

その場合は複数口のある電源タップで対応しますが、ここで各ゲーム機器や周辺機器の消費電力を知っておく必要が出てきます。

なぜなら、ゲーム機器やゲーミングPCは意外と消費電力が大きく、消費電力の大きい機器の電源をタコ足配線でとってしまうと危険です。

PS4 PRO|SONY出典:PS4 PRO|SONY

下記は、一般的にゲームで使われることの多いゲーム機器や他の家電の消費電力を一覧にしたものです。

ゲーム機器や家電消費電力目安
Xbox約200w~
PS4約165w~
Nintendo Switch約16w~
Wii約18w~
ゲーミングPC約220~280W
デスクトップパソコン約120W~
32型液晶テレビ約100~150w

最新機種になるほど省エネ設計になっているため、消費電力も少なくなっています。

家庭用コンセントは一つあたり(2口の合計)約1,500wまでが上限です。

電源タップにも最大のワット(w)数が表示されていますので、同時使用する機器の最大消費電力を把握しておくことは大切です。

一例として、消費電力の大きなゲーム機器と掃除機の同時使用は、コンセントの容量を超えることが多いため注意が必要です。

電気容量を超えてブレーカーがたびたび落ちたりタコ足配線をしていると火災の原因になりますので、無理な使い方はしないようにしましょう。

4. 遮光対策

ゲーム環境を整える上で、窓がある部屋なら遮光対策をしておくと画面が見やすくなります。

窓には遮光効果のあるウィンドウトリートメントを取り付けておきましょう。

5. 防音対策

騒音に困っている人

ゲームの世界で臨場感を味わうために、大音量で楽しみたいゲームもありますよね。

一般的な住宅では防音対策をされていることはほとんどありませんので、ご自身で防音対策をする必要があります。

特に住宅密集地や集合住宅では騒音問題になり、ご近所トラブルの元ですのできっちり防音対策をしておきましょう。

ご家庭でできる防音対策は完璧ではありませんので、ヘッドフォンも併用しておくほうが安心です。

6. エアコン設備

ゲーム機器やパソコン機器など電化製品は熱を発します。

ゲームをしていなくてもパソコン作業をしているだけで夏は汗だくになります。

機器が増えるほど部屋が暑くなりますので、ゲーム環境を整えるためには部屋にエアコンがあると快適です。

エアコンは外壁に穴を開けて後付けで設置をすることができます。

エアコン本体価格を含めて約10万円~15万円程度が費用目安です。

ゲーム環境が整った部屋でゲームを楽しもう!

ゲームを楽しむ人

ゲーム環境を整えると、ゲームがより楽しめるようになります。

抑えるポイントは下記の6つです。

・デスク
・ゲーミングチェア
・コンセント
・遮光対策
・防音対策
・エアコン設備

コンセントの増設やエアコン設備は、電気工事士の資格を持った専門業者でないと施工できませんので、必ず業者さんに依頼してください。

特にコンセントは必ずたくさん必要になりますので、増設しておくとゲーム環境が一気に整います!

image

コンセント増設やエアコン設置を電気工事業者に依頼するには?

業者

コンセント増設やエアコン設置を電気工事業者に依頼するには、一括見積りが便利です。
工事の際に、消費電力について詳しく聞いておくと正しく安全なコンセントの使い方ができて安心です。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。