ベランダ照明でおしゃれなベランダづくり|成功するポイントは?

ベランダ照明でおしゃれなベランダづくり|成功するポイントは?

ベランダ照明を設置すると、簡単におしゃれでくつろげるベランダを作ることができておすすめです。最近ではベランダグランピングも流行していますが、心地よい空間を作り出すためにはベランダ照明は欠かせないアイテムの一つです。この記事で詳細を説明していきますが、まずはこの記事で紹介している内容の結論を簡単に記載します。

匿名・無料の一括見積もり

POINT この記事のポイント

・ベランダ照明を設置する際は、外に向けて設置したいのか、それとも内側に設置したいのか考えてみる
・ベランダ証明を設置する際には、防水対策が必要
ベランダ照明設置はDIYで簡単にできるが、本格的にベランダ造りをしたいときはプロの手を借りるほうがより美しく安全に仕上がる

ベランダ照明を設置しておしゃれな住宅を演出してみよう

ベランダ照明を設置する際は、外側に向けてベランダ照明を飾るのか、それとも居住している自分達が楽しめるようなベランダ照明が良いのかを考えてみましょう。そうすることで設置するベランダ照明の種類が決めやすくなります。

1. 通行人にも見せたい!綺麗なベランダ照明

ハロウィンやクリスマスなどのイルミネーションをベランダ照明として設置しているご家庭も増えてきましたね。ご近所さんも、毎日通るのが楽しみになるのではないでしょうか。自宅周辺を通行するご近所さん達に綺麗なベランダ照明を見てもらいたい場合は、下記の方法でベランダの外側に設置していきましょう。

1-1. コードタイプのベランダ照明

コードタイプのベランダ照明は、ベランダの手すりに巻き付けたりベランダの外壁に垂らすように設置するととても綺麗です。暗くなると自動点灯するものやタイマーセットできるものが便利です。点滅タイプのものは、点滅する間隔がゆったりしているほうが優雅な印象を与えます。設置する際は、園芸用の支柱を使って結束バンドで固定していくと安定します。

1-2. モチーフタイプのベランダ照明

サンタクロースや雪だるま・雪の結晶などモチーフタイプのベランダ照明を設置するのもアクセントになって目を引きます。コードタイプのベランダ照明と組み合わせて使用すると動きが出て綺麗です。大きめのモチーフライトを飾る場合は、飛んでしまわないよう十分に固定しておきましょう。

関連記事:自宅のイルミネーションは2ステップで簡単設置!気になる電気代や注意点も解説します

2. 自分達が楽しみたい!ベランダの内側を飾る綺麗な照明

家の周囲を通る人には見せなくてもいいけど、自分たちが見て楽しめるベランダ照明を設置した場合は下記の例がおすすめです。ベランダグランピングを楽しみたい方もこちらに当てはまります。

参照:「ベランダ・グランピング」のススメ|大和地所レジデンス

2-1. 床に設置するタイプのベランダ照明

床に設置するタイプのベランダ照明は、ベランダの床に複数置いて光の道を作ると綺麗です。ソーラータイプのLEDライトは、ベランダの日当たりの良い場所に設置しておくことで夜間も点灯してくれます。ウッドデッキやタイルなどを敷く予定の方は、加工が必要ですが間に設置するととても美しいベランダ床が完成します。

関連記事:ベランダリフォーム/ウッドデッキの設置方法と設置の注意点

持ち運びできるソーラーLED照明は、ランタンタイプなので移動が簡単です。

・観葉植物の鉢のそばに置いて植物を照らす照明に。
・テーブルの上に置いて。
・ベランダの隅にいくつか設置してムードのあるベランダに。

2-2. ベランダフェンスの内側に設置するベランダ照明

ベランダフェンスの内側にはカーテンタイプの照明を設置すると、全体的にイルミネーションを作り出すことができます。風で飛ばないように、園芸用支柱を数本使い結束バンドで固定しておくと安心です。

ベランダ照明設置の注意点

ベランダ照明設置の注意点

ベランダを設置する際の注意点は主に上記の3つです。ひとつずつ見ていきましょう。

1. 防水対策

ベランダ照明設置の注意点は、漏電を起こさないためにも照明器具に防水加工が施されていることが必須です。防水加工されている商品であっても、例えば毎日水やりを行う場所など水がかかりやすい場所への設置は避けるほうが安心です。

2. 防水コンセントの増設

防水コンセント防水コンセント (※画像はイメージです)

コンセントを必要とするベランダ照明を設置する際は、防水コンセントを必ずベランダに増設しておきましょう。

関連記事:ベランダにコンセントを増設するメリット・費用・注意点

3. 燃えやすいもののそばに置かない

ベランダ照明はビニール素材やファブリックなど、燃えやすい素材の近くに設置するのは危険です。ベランダに洗濯物を干す時にも、ベランダ照明にかからないよう注意が必要です。ベランダに置くものは基本的に耐火性のある素材を選択し、念のために少し距離を開けてベランダ照明を設置しておくと火災の危険性もなく安心です。

ベランダ照明設置費用を一括見積り!

ベランダ照明設置はDIYで簡単にできますが、本格的にベランダ造りをしたい方はプロの手を借りるほうがより美しく安全に仕上がります。ベランダ照明設置費用の見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。

家仲間コムの見積もりサイトには
約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

ベランダ照明設置の費用見積もりを無料でしてみる

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

家仲間コムなら
業者の手数料が無料だから安くなるかも!/

一般的に業者さんがサイトに支払う成約手数料
(売上の約10〜20%)が家仲間コムではかかりません。

ベランダの
業者さんを匿名で探してみる
編集責任者プロフィール
編集者画像

編集責任者

家仲間コム編集部

プロフィール


利用会員数260,000人、登録リフォーム会社数1,400社を超える日本最大級のリフォームマッチングサイト「家仲間コム」を運営するリフォーム専門家集団の編集部が、一般的なリフォームの情報を纏めた簡易的な記事ではなく、実際の見積情報や価格相場に基づいた読者に役立つ、価値ある情報をお届けしています。

執筆者プロフィール
編集者画像

大永 和弘 (おおなが かずひろ)


大学卒業後、カーテンレールシェアNo1の内装材メーカートーソー株式会社にて、7年間勤務。
入社後は、大手ハウスメーカーやリフォーム会社、工務店、内装工事業者など約200社を担当。その際に新築住宅やリフォーム住宅など数多くの現場を経験。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。