ベランダリフォーム/ウッドデッキの設置方法と設置の注意点

image

自然の風を感じながら、ベランダでゆったりくつろぐ時間。ウッドデッキを設置すれば、そんな素敵な時間を実現できますよ!では、ベランダにウッドデッキをどうやって設置するのか?ウッドデッキの設置方法やウッドデッキ設置の注意点などをお伝えしていきます。ウッドデッキ設置をご検討されている方はご参考になさってください。

ウッドデッキの設置方法

ウッドデッキの設置方法には3パターンあります。

1.業者に依頼する

image

ウッドデッキを設置する方法の中で、最も楽に、確実に美しく仕上がります。もちろん、費用はかかりますが、やはりプロに依頼すると仕上がりが違います。設置後の廃材処理のことも心配無用です。

業者に依頼した場合のおおよその費用目安は、
天然木・・・"35万円~120万円"
樹脂製・・・"60万円~150万円"
(廃材処分費用や、ウッドデッキ設置費用などを含む)

2.ウッドデッキキットを購入する

各メーカーから、組み立てるだけのウッドデッキキットが販売されています。業者に依頼するより安く、DIYで設置するより美しく簡単に仕上がります。自分で作ったという満足感も得られ、完成度も高いので人気があります。

組み立て時間は、おおよそ1時間~2時間程度で完成するものが多いようです。

image

デッキキュートシリーズ 0.5坪セット
商品価格:"15,980円"
サイズ:幅180×奥行90×高さ66cm(フェンスまでの高さ)
・程よい大きさとボリューム
・女性でも簡単に組立可能
・天然木使用

image

山善(YAMAZEN)ガーデンマスター
天然木ウッドデッキ6点セット(0.75坪)

商品価格:"24,990円"
<サイズ>
踏み台:幅90×奥行30×高さ18cm 重量3.5kg 
デッキ:幅90×奥行90×高さ36cm 重量13kg 
ラティス:幅90×奥行8×高さ45cm 重量3.5kg
コーナーラティス:幅90×奥90×高さ45cm 重量7kg

3.DIYで自作する!

ウッドデッキの設置方法の中でも、完成した時の喜びと満足感が最も大きいのがDIYでの自作ですが、数ある住宅のDIYの中でも時間と労力がかかるDIYではないでしょうか。設置場所の採寸から設置図面を描き、材料をカットして基礎から作り上げるので、その作業は大変なものです。

それだけの時間と労力をかけても、そこまで美しくは仕上がらず、失敗する人も多いDIYです。

image

DIYで行うウッドデッキ設置の施工手順
1.設置場所の採寸
2.設置図面の作成
3.DIYに必要な道具を揃える
4.ウッドデッキの材料を購入
5.
材料を必要な長さにカット
6.
材料の防腐材塗装
7.土台や柱などの基礎部分を作る
8.床板を支える根太、根がらみを取り付ける
9.床板を敷いて完成

いかがですか?施工手順を見ただけでも、DIY初心者には難しく感じるのではないでしょうか?道具もいくつも必要ですし、床板などを置くスペースや塗装するスペースも必要になってきます。

ですが、DIYに慣れている方にとっては、完成した時の満足度が大きいので、やりがいのある作業になるのではないでしょうか。

ウッドデッキ設置の注意点

1.ウッドデッキの素材に注意

image

ウッドデッキは屋外に設置するものなので、耐久性耐水性に優れていなければいけません。また、シロアリに強く防虫性が高いことも必須条件です。天然木のハードウッドは、これらの条件を満たしていますが、設置する環境や日ごろのお手入れにも影響されるため、絶対に安心とは言えません。

では、樹脂製はどうかというと、こちらも天然木を混ぜて作っているため、絶対に腐食しないとは言えないのです。すべての条件を完全にクリアーしている素材はありませんが、限りなく条件を満たしていると言えるのは、やはり天然木のハードウッドでしょう。

SPF材は特に注意が必要です

ホームセンターなどで手に入りやすい素材として、「SPF材」というものがありますが、これは天然木のソフトウッドのことで、SPRUCE(エゾ松)、PINE(松)、FIR(もみ)の木といった樹木のことをまとめて「SPF材」と呼んでいます。

image

これらの樹木は、同じ地域に生育し、性質や特徴も似ているため、一つの素材として利用することが出来るのです。

住宅用構造材として、2×4工法でよく採用されており、柔らかいので加工しやすく、生育の早さから安定供給が出来るので、価格も安いことがメリットです。
短所は、腐食やシロアリに弱く、耐用年数が10年程度と短いことです。この短所を補うためには、必ず防腐・防虫用の塗装を施し、1~2年毎に再塗装をするというメンテナンスが必要になってきます。

そもそもSPF材は、外壁などに守られ雨水の影響を受けないところで使用されることが前提なので、屋外設置をするウッドデッキには向いていない素材なのです。そのため、メンテナンスをきちんとしていないと、すぐに腐食してしまい、ウッドデッキそのものを交換しなければいけなくなります。

ウッドデッキ用に防腐・防虫塗装されたSPF材も出てきていますが、それでも再塗装は必要で、メンテナンス費用もかかりますので、DIYでSPF材を採用する場合には、これらの点をよく理解したうえで採用しましょう。

2.基礎部分は確実に作る

ウッドデッキを設置するための土台になる基礎部分は、きっちり作っておく必要があります。

image

ウッドデッキの基礎部分には、
ウッドデッキが地面に沈んでしまわないようにするため
雨水が溜まらないようにするため
湿気を逃がす
という、主に3つの役割があります。

また、防腐処理をきちんと施しておくことも大切です。基礎部分が腐ってしまうと、上に乗っているウッドデッキ本体まで壊れてしまい、危険です。シロアリに侵される恐れも出てきます。

まとめ

屋外で使用するウッドデッキは、基礎部分をしっかり作り、防腐・防虫対策を万全にしておくことが大切です。ウッドデッキキットを購入するにしても、DIYで設置するにしても、今回お伝えしたウッドデッキの設置方法や設置の注意点がご参考になれば幸いです。

image

ウッドデッキ設置業者を一括見積り!

image

ウッドデッキ設置業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。