【基本は借主負担ナシ!】隔て板の交換費用はどれぐらい?オーナー様は火災保険適用で修理が出来ます

火災が発生したマンション

「隔て板」が何かご存知でしょうか?
隔て板は万が一の避難経路としてベランダの隣家との境界に設置される大変重要な設備ですが、昨今の集中豪雨や台風による被害で「隔て板」が破損した住宅が多く見られます。
今回は隔て板の交換方法やかかる費用、応急処置についても解説します。

隔て板とは?

「隔て板(へだていた)」とは、マンションやアパートなどの共同住宅において隣接する住戸を隔てるベランダにある壁状の板のことを言います。

他の呼び名として「仕切り板」「蹴破り戸」「隔板(かくはん)」「仕切り板」「ベランダ隔て」「パーテーション」などがありますが、この記事内では隔て板と呼びます。

一般的に「ケイカル板(ケイ酸カルシウム)」または「フレキシブル板」という素材で出来ており、どちらも法定不燃材料です。

※法定不燃材料とは、建築基準法で定められた材料または認定した材料のことを指します。

フレキシブル板のほうが強度があるため、少し費用が高くなります。

隔て板の役割

隔て板は日常生活の中ではあまり意識することのない住宅建材ですが、その役割には次のようなものがあります。

・隣家とのプライバシーを守る
・非常時に蹴破り避難経路として利用

隔て板には一般的に下記のような文言が記されており、その文言が緊急時の避難方法となりますので一度は目を通しておいたほうが良いでしょう。

「非常の時は、ここを破って隣戸へ避難できます」
「避難のため、ここには物を置かないでください」

このような文言の場合は、階下へ避難するための避難器具(避難ハッチ)のある場所へつながっています。

何も表示がない場合は、こちら側から隣家へ行くことは出来ませんが、逆に隣家からこちら側へ避難してくる場合があります。

隔て板の前に物を置いてはいけません

業者

隔て板は普段あまり意識していない方も多く、隔て板の前についつい物を置いてしまう方がいらっしゃいます。
隔て板は緊急避難経路ですので、いざという時に物があると避難の妨げになり逃げ遅れてしまう危険性があります。

物置・掃除道具・小物・植木など、物を置かないよう注意しましょう。

隔て板が破損した場合に物を置いていたことが判明すると保険対象外とみなされてしまう可能性もあり、借主または区分所有者へ修理費用が請求されてしまう場合もあります。

隔て板の破り方

隔て板は破って隣家へ避難をする前提で造られているので破れやすくなっていますが、隔て板を破った経験がない方は手間取ってしまうかもしれません。

1. タオルなどで足を巻いて保護する
2. 隔て板の下部分をサッカーの要領で思いっきり2~3回蹴る
3. それでも破れない場合は椅子やハンマーなどを使用して破る

上記の手順で足を保護しつつ何度か蹴ってみてください。
隔て板の割れた部分で怪我をしないよう十分ご注意ください。

隔て板が破損した場合の対応手順

電話をかける人

火災発生時など緊急避難以外の理由で隔て板が破損した場合は、まずは現状の写真を撮りましょう。
例えば下記のような場合です。

・物がぶつかったり子供が蹴って破ってしまった
・落下物などにより穴が開いた
・台風や竜巻などの自然災害により破損した

写真を撮ったらオーナーまたは管理会社へ連絡を入れ状況を説明します。
オーナーまたは管理会社が現場調査に来ますので、破損当時の写真があると現状説明がスムーズですし証拠としても残ります。
特に自然災害の場合は、出来るだけ早めに写真を撮っておくことで過失とみなされずに済みます。

隔て板が破損した場合の応急処置

OKマークをする人

隔て板が破損した場合、隣家と行き来が出来てしまいプライバシーの面でも防犯面からも心配ですよね。
台風や竜巻などの自然災害による隔て板の破損の場合は、業者も対応に追われてすぐに修理・交換が出来ない可能性があります。
実際、筆者の友人は台風時に隔て板が破損しましたが、2週間も業者に来てもらえなかったそうです。

隔て板の応急処置としては、ブルーシートや段ボール、プラ板などを破損部分に張る方法があります。
ガムテープでしっかり貼っておきましょう。

不透明で丈夫な材質であればなんでも構いませんが、すぐに飛んで行ったりしないようしっかり貼り付けましょう。
ベランダの鍵は必ず施錠し、カーテンをして室内が見えないようにしておくことも大切です。

隔て板の修理・交換費用は誰が負担するの?

はてなマーク

集合住宅は借主または区分所有者の所有である「専有部分」と、専有部分以外の「共用部分」に分かれています。

ベランダ・バルコニー・庭は実は「共用部分」で、隔て板も共用部分にある住宅設備です。
共用部分ですので、基本的には隔て板が破損してしまった場合の修理・交換費用はオーナーまたは管理会社が費用負担をします。

ただし、過失による破損の場合は借主または区分所有者が修理・交換費用を負担しなければなりませんが、この場合でもオーナーまたは管理会社へ事前連絡が必要です。
参照:
原状回復/借主負担になる具体例と費用目安を調べました
原状回復トラブルを避けるための大切な5つのポイント

隔て板の修理・交換費用の目安

隔て板の修理・交換費用の目安は2万円~3万円です。
フレームはそのまま再利用し、板のみの交換であれば約8,000円程度です。

火災保険が適用される場合があります

自然災害

一定の条件を満たしていれば火災保険の適用で隔て板の修理・交換が出来ます。
下記リンクは瓦修理・補修の記事ですが、火災保険についての項目がありますのでご参考になさってください。
参照:瓦修理・補修/知っておきたい瓦の種類とそれぞれのメンテナンス方法

image

隔て板の修理・交換費用を一括見積り!

業者

隔て板の修理・交換費用の見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
隔て板の修理・交換業者の中には10万円以上の費用を請求してくる悪質業者もいます。
高額請求被害に遭わないためにも、一社で契約してしまわずに必ず複数見積もりを取ることをおすすめします。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。