瓦修理・補修/知っておきたい瓦の種類とそれぞれのメンテナンス方法

image

伝統的な日本の家屋に使われる屋根材、「瓦」。とても丈夫で長持ちしますが、一年を通して、太陽熱、雨風、雪、などにさらされ続けています。そのため、他の建材と同様、劣化が起こったり、一部が割れたり雨漏りがすることもあり得ますので、定期的なメンテナンスが必要です。今回は、瓦修理・補修の際に知っておきたい、瓦の種類とそれぞれのメンテナンス方法について調べました。

瓦の種類

瓦にも種類があり、使われる素材や工法などにより、細分化されます。瓦の種類によってメンテナンス方法も変わってきますので、まずはご自宅の瓦がどの種類なのか調べてみましょう。

image

<粘土瓦(焼き瓦)>

粘土を成型し、1100℃以上の高温で焼成された瓦のこと。一般的な「瓦」と言えば、粘土瓦を指します。陶器なので、耐久年数が長く、基本的にはメンテナンスも不要と言われていますが、重量があるため、耐震性に劣る面もあります。瓦を接着するための漆喰にはメンテナンスが必要です。

釉薬瓦(陶器瓦)
粘土瓦を瓦の形に成型し乾燥させたあと、釉薬(うわ薬)をかけ、1000℃~1250℃もの高温で焼成した瓦のこと。焼くことにより釉薬が溶け、表面にガラス質が形成されるため、釉薬の成分を変えて様々な色合いの瓦を作ることが出来ます。また、焼くことで色あせない瓦を作ることが出来ます。別名、「日本瓦」「和瓦」とも呼ばれ、瓦の中は、赤い土色をしています。

image

J型(和型)
最も古くから作られているタイプの瓦。波型が美しいのが特徴です。
<費用目安:7,000円/㎡~>

image

F型(平板)
昨今の洋風住宅で使われるようになった平たい長方形の瓦。スタイリッシュでスッキリとしたデザインに仕上がります。
<費用目安:8,000円/㎡~>

image

S型(スパニッシュ型)
山と谷が一枚の瓦で形成され、波が斜めになったデザインは、洋風住宅によく合います。
<費用目安:20,000円/㎡~>

無釉薬瓦
釉薬を使用せず焼成する瓦のこと。成型したまま焼き上げる「素焼き瓦」、成型後に金属を練りこむ「練りこみ瓦」、窯の中で特殊な焼成方法を行い独特の色をつける「窯変(ようへん)瓦」などがあります。
●耐用年数:40~50年
●費用目安:6,000円/㎡~

image

いぶし瓦
焼成の段階で、燻化を行い、独特のいぶし銀の色合いを出した瓦のこと。高級感のある瓦です。
●耐用年数:約50年
●費用目安:7,000円/㎡~

<セメント瓦>

セメントと砂や砂利などを混ぜ瓦形に成型したもの。表面に、防水塗料を塗って色をつけて仕上げるため、カラーバリエーションが豊富です(下写真は一例)。塗料が剥げてくると、雨漏りの原因になったりするので塗装メンテナンスが必要です。

image

●耐用年数:約20年
●費用目安:6,000円/㎡~

粘土瓦(焼き瓦)のメンテナンス

粘土瓦は、耐久性に優れているため、瓦本体のメンテナンスは必要がありませんが、瓦のずれによる雨漏り漆喰の剥がれなどがある場合は、メンテナンスが必要です。約10~15年毎に点検し、上記の症状があれば修理・補修をしておきましょう。

image

粘土瓦の漆喰メンテナンスの費用目安は、おおよそ"1,500/㎡~"です。足場代、高圧洗浄代などは別途必要。また、粘土瓦の状態により、修理・交換が必要になると別途費用が発生します。

セメント瓦のメンテナンス

セメント瓦は、表面に防水塗料を塗って仕上げているため、塗料の剥げ・色あせや、塗装が剥げることによってコケが発生したり汚れやすくなります。このままの状態で放置していると、セメント瓦本体の割れやずれにつながり、雨漏りなどが起こります。約5~10年毎に点検し、上記の症状があれば修理・補修をしておきましょう。

image

セメント瓦の塗装メンテナンスの費用目安は、おおよそ"2,000円/㎡~"です。使われる塗料の種類によって費用が変わります。足場代、高圧洗浄代などは別途必要。また、セメント瓦の状態により、修理・交換が必要になると別途費用が発生します。

<セメント瓦のメンテナンス手順>

1.高圧洗浄
セメント瓦表面の塗膜やコケや汚れを、高圧洗浄で完全に除去します。

2.下処理
ずれたり割れたりしているセメント瓦の修理・交換をし、漆喰メンテナンスをして、下処理をきちんと行います。

3.塗装
瓦は、一年中過酷な天候の変化にさらされていますので、耐久性・耐候性・防カビ性に優れた塗料を使用します。
●水系塗料・・・水系アクリルシリコン樹脂塗料
●弱溶剤系塗料・・・二液型ポリウレタン樹脂塗料、二液型シリコン変性樹脂塗料、フッ素樹脂塗料

瓦修理・補修の際は、外壁も同時に行いましょう!

瓦修理・補修を行うには、足場を組む必要があります。そのため、同じく足場の必要な外壁の修理・補修を同時に行うことで、費用を抑えることが出来ます。

高圧洗浄で汚れを落とす作業や、下地のチェック、修理・補修も同時に行えますので、瓦修理・補修をご検討の際は、外壁メンテナンスも同時にご検討ください。

瓦修理・補修工事をもっとお得にする方法

image

瓦修理・補修工事は、数十万円から数百万単位で費用がかかりますが、火災保険に加入していると保険が適用され、無料で修理が出来る場合があります。

火災保険が適用される場合
●突風・強風・台風・豪雨などの強い風で破損した場合
●積雪・落雪・ヒョウで破損した場合
●突風や強風に晒されて何らかの風災を受けている場合(100%経年劣化は対象外)

火災保険が適用されない場合
100%経年劣化の場合
●前回修理した箇所からの再度の雨漏り
新築当時からの雨漏り
太陽光パネルを設置したら雨漏りがしてきた
塗装メンテナンスをしたら雨漏りがしてきた
増築後に点検をしたら瓦が割れていた

現在ご加入されている火災保険を見直し、瓦修理・補修業者にも確認してみましょう。

image

瓦修理・補修費用を一括見積り!

image

瓦修理・補修費用の見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。