【助成金あり】屋上庭園設置のメリット・デメリット、かかる費用目安は?

屋上庭園

屋上庭園を設置すると、BBQを楽しんだり星空や夜景を見ながらくつろいだり、ご自宅での時間を有意義に過ごすことが出来ます。
今回は、近年人気のある屋上庭園についてご紹介します。
屋上庭園設置のメリットデメリットやかかる費用をご参考になさってください。

屋上庭園のメリット

1. 狭小住宅でも庭が造れる

都心部の住宅では、なかなか十分な広さの庭を確保するのは難しいですよね。
そんな時は、屋根の代わりに屋上庭園を設置してみませんか?
2階部分と同程度の広さを確保することが出来ますよ。

2. 開放感のあるプライベート空間が造れる

解放感のある光景

屋上庭園は1階の庭と違って、外部からの視線を気にせず過ごすことが出来ます。
BBQをする場合でも1階の庭で行うより近隣への騒音も少なくて済みます。
何より広い空の下で過ごす時間はとても開放感があって気持ちの良いものです。

3. 屋上庭園で省エネ対策が出来る

緑化

近年都市部のオフィスビルの屋上を緑化しているところが増えています。
緑化対策をしていない屋上の表面温度は約60℃近くまで上昇しますが、屋上緑化をすると約30℃にまで下がり、室内の冷暖房効率が上がります。

4. 自治体から助成金が支給されることもある

電卓と設計図

屋上庭園を設置して屋上緑化した場合、自治体から助成金が支給されることがあります。
例えば東京都荒川区の場合、「地球温暖化の防止」「ヒートアイランド対策の促進」を目的とするエコ助成として、屋上緑化費用の一部を助成する制度があります。

助成金の上限は30万円までです。
参照:屋上緑化・壁面緑化の助成金制度|東京都荒川区

助成金の対象となる条件や金額については、お住まいの地域の自治体へお問い合わせください。

屋上庭園のデメリット

1. 防水工事は必須

屋上防水工事

屋上庭園は年中過酷な天候にさらされるため防水工事は欠かせません。

花や野菜を育てている場合は水やりした水がはけるよう排水溝も設置しておく必要があります。

排水溝が詰まらないようゴミを定期的に掃除したり、ゴミよけネットを設置するなどゴミが溜まらないよう工夫しておくこととメンテナンスが大切です。

2. 落下防止のフェンスや柵が必須

屋上庭園のフェンス

屋上庭園で安全に過ごすためには、落下防止のための柵やフェンスを設置しておきましょう。

屋上庭園の設置にかかる費用目安は?

屋上庭園の設置にかかる費用目安は、約10~20坪の広さで100万円前後です。

設置費用の中でも特に防水工事の費用が高いのですが、これは雨漏りを防止したり住宅の寿命にも関わる重要な工事ですので、きっちり施工してもらいましょう。
屋上防水や屋上庭園の設置経験が豊富な業者を選ぶと安心です。

防水工事も耐用年数によってメンテナンスが必要です。
メンテナンス費用も将来的に必要になることを覚えておきましょう。
参照:屋上防水・補修工事が必要な症状と3つの工法を調べました

その他に発生する費用としては以下の内容が挙げられます。

屋上庭園設置にかかるその他の費用費用目安
フェンス・柵の設置14万~21万円
屋上までの階段の設置(外階段)10万円~(1㎡あたり)
屋上までの階段の設置(内階段)90万円~(1㎡あたり)
ウッドデッキ設置2万円~(1坪あたり)
水栓の設置7万~30万円
屋上庭園のインテリア用品用途に応じて異なる

まとめ

屋上庭園は費用がかかりますが、出来上がったあとの屋上庭園はきっと満足度が高くなることでしょう。
まだイメージが沸かないという方は、下記リンクをぜひご覧になって屋上庭園ライフをイメージしてみてくださいね!
参照:200%屋上LIFE|ヘーベルハウス

image

屋上庭園設置業者を一括見積り!

業者

屋上庭園設置業者を依頼する際は一括見積りが便利です
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
防水工事が重要な屋上庭園は、施工経験豊富な業者に依頼することが大切です。
複数の業者に見積もり依頼をして比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。